中国 ビジネス あれこれー海外 ビジネス の拠点は香港に集約する

■中国 ビジネス あれこれー海外 ビジネス の拠点は香港に集約する

https://kenzai.asia/

弊社は2004年から上海で貿易 代理店を始めた企業となりますが香港に法人を初めて作ったのは 2006年ということになります。
現在 当方が CEO を務める 香港法人はこれは 2016年に登記しましたが 基本的にはやっていることは同じです。
元々は 上海で貿易会社を経営していたのですが 現在は生活の拠点が 東京がベースとなっているために 中国の法人を海外からコントロールするのは実際のこと言えば 非常に難しいので外国人がコントロールしやすい業態といえば やはり 香港をベースにするというのが一番簡単で良いと言えます。
なぜならば 香港の場合は 外国人相手にしている会計 会社などが非常に多く 私のように 海外を拠点にしながら香港に法人を持っている方などをたくさん取り扱っているために 書類の送付などのサービスは グローバルに対応してくれるというのは メリットがあります。
そのために現地に行くことはなく様々な手続きもできるというのが最大のメリットです。
ただ 香港の銀行手続きというのは ローカルの銀行だと 窓口に行かなければすぐに業務を止められる傾向があるのですが 今様々なサービスが企業によって行われていますので銀行口座に関しても直接的な管理をしなくてもできるようなサービスがありますから そのようなものを利用すれば ビジネスは成り立ちます。

いずれに弊社の中国 ビジネスのビジネスモデルは中国貿易を行う 貿易商社として基本的な業務を行っておりますのでその部分を様々な形でサービス向上するために仕組みを作っています。
今少しずつですが 中国の物流倉庫会社などと契約をして中国全土から商材を仕入れられるような仕組みを構築したり また 以前のようなビジネスができるように仕組みを構築しています。
ですから 一時期は中国からバラバラした 商材を複数の工場から仕入れ そしてそれを物流倉庫内で1つのコンテナにまとめて輸送するというサービスを行っていましたがまたそのサービスを再開することができるようになりました。
そういう点でも以前行っていたサービスをまた復活できるようになったというのは個人的に言えば以前のような形体に戻ってきたと言えます。
徐々にですが 中国 貿易をするための仕組み構築をしていきますので お客様にとって便利な貿易を提供できればと考えております。

この3本柱を主軸に回転させながら完成させるビジネスモデル

この3本柱を主軸に回転させながら完成させるビジネスモデル

ーーー
私自身 ビジネスについて 常に色々考えていますがその中で やはり やらなければいけないこと というのを3つの柱にしています。
これは 貿易業 そして不動産業 そして 金融業 この3つの業種を様々な角度から行っていくということで事業を展開しています。

2020年からコロナで長期間 動けなかったこともあり 思考が金融の方面に向かっていましたが やっと 世界は開かれてきたということもあり 今は 金融のみならず 貿易業にもまた 力を入れ始めています。
人の流動が始まれば不動産の事業等も面白さがあるのですが 今東京の不動産 価格は非常に高騰しており 一部の外国人市場では高く売れているという話は聞きますが 実際に日本人の間で高く売れるのかと言うと それは現実的ではない話になっています。
つまり不動産の価格を見ていて思うのは バブルにはなっているが そんなバカ売れしているというような感覚は日本人の世界ではないような気がします。

さて あとは中国との貿易を行っておりますが やはり 影響が出ているのは円安による物価高 における中国 商材の仕入れ値の高騰というものがあります。

最近は急激に中国から日本に 製造拠点を戻す 傾向 もあり また外国企業も日本に拠点を持とうとする動きがあり またメイドインジャパン という日本製造の時代が戻ってきたのかと思うような 報道が増えています。

ただ 日本の場合は私が取り扱ってるような建築資材における職人が作るような木製品や鉄鋼品などの工芸 関係などは 実は日本人は高齢化して職人が不足しているために期待するようなオーダー 製品がなかなか 製造が無理だというのが 日本国内の現状になっています。

弊社で取り扱っている中国との貿易商材はほとんどが 建築現場で使うような特殊な建材ということが多いです。

商店建築などの世界では結構 特注で作る建材や インテリア そして 建具などがありますのでそのような一つ一つのオーダー品というものはなかなか日本国内で職人さんに頼んで作ってもらうというのも大変なところがありますので 弊社としては 中国のすごいローカルな工場で職人さんにいたので 色々なものを作ってもらっています。
それを 日本向けに輸出するわけですから 正直に話を言うと そのような中国の超地元のローカル企業で輸出入 など 貿易など経験したことない企業ばかりとほとんど取引しているので 電話1本でコンテナで日本に運んでくださいと言っても彼らはそんなことは理解できません。
俺たちは文字は書けないが物は作れるというような職人気質の親父が働いてるようなローカル 工場で色々作っているというのが 実は私 の行っている仕事なんです。
全然 最先端 というわけではないのですが 実は 建築の世界というのを貿易でやろうと思ったら こういうような本当 大丈夫かと思うような工場で製造しているというのが結構あるんです。
個人的な意見としては そんなところ と取引するのは実は結構面白くていろいろ あじゃない こうじゃないと言いながらローカルのメーカーの方とめちゃくちゃ 訛った 中国語で話しかけてくるのを理解しながら取引するのは結構面白いんです。

ということで 中国との貿易というのは 実はそんな 超一流の工場と取引しているというわけではなくてどこの誰が これ本当に工場 なのか 営業権も本当にあるのかというようなローカルな町工場にいろいろ発注してトラックやコンテナを手配して荷物を倉庫に搬入し日本に輸出しています。

これが私自身が行っている中国との貿易の実態といえば 実態です。

ですから中国のどこの小さいお店でからでも輸出しますというような業務を長年行っているので このようなノウハウを持っています。

コストを追求すれば基本的にはそういう風な 地元のローカルの人が高くないと思う 工場に発注するということを外国からするわけですから 彼らとしても 変わった外国人が発注してくれてると結構 喜んでくれます。

実は私自身は中国の大企業と大量ロッドでコンテナで輸出入 するという仕事はそんなに行っているわけではないので 実際のこと言えばそういうのは大手の商社さんの仕事です。
私ところが行っているのは本当に中国のそこ 大丈夫かと思われるような小さい工場で職人が一生懸命手作りしてるようなローカルの工場から仕入れるということに力を入れているんです。
というか ほとんどの人 値段 安い方がいいというのでそのような工場で発注する場合が多いのです。

ということでの私自身の貿易業務 ということで 長年 中国との貿易を行っています。

最後は不動産に関してですがこれは2015年に弊社は東京都で宅地取引業者として登録しましたので それから不動産仲介業 賃貸や 売買を行っています 特徴といえば、ほとんどが 私の知人やまたお友達の紹介などで 不動産の賃貸や 売買をしたいというお客さんに対して ご案内しているケースが多く 時々外国の友達からの紹介もありますからそういうところの対応もしています。

金融に関しては これはよく 最近 Facebook でもつぶやいておりますが これは 世界最大規模の資産管理財団であるメテ 財団のアンバサダーの業務として金融 案件を行っております。
国連加盟国に対する寄付ということで 初めは この案件をスタートしました。現在は社内の方針開発銀行としての業務を今後 展開していくということで新たな方向性に向かっています。

現状は このようなビジネスの展開を行っているのが私自身が行っている 主たる業務ということになります。

日本の最先技術の輸出協力

【日本の最先技術の輸出協力】

弊社では、ODA開発援助と同時に日本の最先端技術の世界への輸出を行う事業を展開します。だだ、資金を提供するたけでは、実際の経済的発展に貢献することは難しいことから、当方が長年貿易業を行ってきた経験も活かし、日本の素晴らしい最先技術の輸出を支援する事業を展開します。これは、当然、国家プロジェクトとして採用してもらうえることが、条件になるために、日本のインフラ事業(鉄道、高速道路、橋、トンネル)、最先端医療設備、エネルギー技術に関する分野で、さまざまな日本の良いものがあるかと思います。そのような技術や商品を国家プロジェクトとして採用していただき、国家プロジェクトに対して、当財団が行うODAの資金援助を行う貿易促進を行う事業を展開を行います。

弊社を通じて国際貿易及び、ODAの資金を活用することができますので、ビジネスモデルとしての強みがあります。つまり、資金面で途上国でも問題なく支払いが可能である仕組みを構築しています。経済援助と国際貿易とをセットにして、事業を展開することにします。

 

[Cooperation in exporting Japan’s cutting-edge technology]

At our company, we provide ODA development assistance as well as a business that exports Japan’s cutting-edge technology to the world. However, it is difficult to contribute to actual economic development just by providing funds, so we decided to utilize our many years of experience in the trading business to develop a business that supports the export of Japan’s wonderful cutting-edge technology. Expand. Naturally, this is a condition of being adopted as a national project, so various fields related to Japan’s infrastructure projects (railroads, expressways, bridges, tunnels), cutting-edge medical equipment, and energy technology will be developed. I think there are some good ones from Japan. We will develop trade promotion projects in which such technologies and products will be adopted as national projects, and the foundation will provide ODA financial support to the national projects.

We have a strong business model as we can utilize international trade and ODA funds through our company. In other words, we have created a system that allows payments to be made without any financial problems, even in developing countries. We decided to develop our business by combining economic aid and international trade.

貿易事業

【貿易事業】
日本のインフラ技術、医療技術、エネルギー技術の輸出を世界に向けて行う事業を展開することにします。つまり、ODA開発援助として、貿易事業を中心に事業展開するように仕組みを構築します。長年貿易業を行ってきた経緯もありますので、ODA事業もおこなっているために、資金を提供するという話だけでなく、日本のインフラ技術(鉄道、道路、トンネル、橋)医療技術(最先端医療技術)、エネルギー技術(再生可能エネルギーなど)を日本から世界に輸出できる環境整備が重要と考えてます。今後、この方面で、事業を展開していきます。
[Trade business]
We will develop a business to export Japan’s infrastructure technology, medical technology, and energy technology to the world. In other words, we will build a system to develop ODA development assistance with a focus on trade. Since we have been in the trading business for many years, we also carry out ODA projects, so we are not only providing funds, but also providing support for Japan’s infrastructure technology (railroads, roads, tunnels, bridges) and medical technology (cutting-edge medical care). We believe it is important to create an environment that allows Japan to export energy technology (renewable energy, etc.) to the world. We will continue to develop our business in this direction.

日々の過ごし方

月日が経つのも早く もう3月となりました。

毎年 思うのですが 1月、2月というのはあっという間に終わっていつのまにか 3月 となり 、桜が咲いたと思えば、暑くなり 夏となるというような 季節の移り変わりがあるのですが、時間は過ぎるのは早いですが、 人生 できることは少ないなと思うことが多くあります。

今年は心の中でいろいろやってみたいと考えていることが多々ありますのでそれを実現できるように頑張っていきたいと思います。

やはり 心の中で描いたことが実現していくということは自らにとっての喜びとなりますので、 それが実現できることを楽しみに 日々活動しているというのが 今の現状です。

 

The days go by so quickly. It’s already March.

Every year, I think that January and February go by in the blink of an eye, and before you know it, it’s March, and just when you think the cherry blossoms are blooming, the weather gets hotter and it’s summer. Time passes quickly, but I often feel like there’s not much I can do in life.

There are many things I want to try this year, so I will do my best to make them come true.

After all, it brings me joy to see what I envision in my mind become a reality, so my current situation is that I am looking forward to making it a reality as I work every day.

高騰する23区のマンションの価格を見て

東京23区の新築 マンションの平均価格が一昨年は1億円を超えたというニュースが流れています。

1億円の大台を超えたのは初めてということですが この価格の高騰というものは日本人が買っている 価格帯ではもうすでにありません。

外国人投資家が多く 日本の東京都心部のマンションを購入しているということが価格を釣り上げている一番の原因となっており これは発展途上国などでよく見た外国人居住区 と そして貧困である 地元 国民 というような発展途上国によく見る光景に不動産もなってきたと言えます。

私も海外生活が長かったので 外国人居住区と そうでない地域の格差というものを昔はよく見ていましたが そういう風な現実が今 日本でも明確になってきたことを見て日本の経済力の低下が日本国民がまともに買えるマンションが 都心部ではなくなってしまったという原因になっているのでしょう。

このような状況が続くと 格差社会における社会不安や社会 不満が蓄積しまた世の中の状況が悪くなると予想できます。

最終的には誰のための国家 かなどということになりますが 今の政治とお金の問題などを見ていると完全に日本は国民意識がバラバラになっていきそうな感覚があります。

国民の意識崩壊というものになれば 国家としてのを形成する意味がなくなってくるということが起こり得るでしょう。

ですから このような不動産価格の高騰から見ても非常に不安定な状況に陥りやすい と見ています。

 

There is news circulating that the average price of newly built condominiums in Tokyo’s 23 wards exceeded 100 million yen the year before last.

This is the first time that a product has exceeded the 100 million yen mark, but he says that this kind of price increase is no longer possible in the price range where Japanese people are buying.

The number of foreign investors buying condominiums in central Tokyo, Japan, is the main reason for inflating prices, and this is similar to the foreign residential areas often found in developing countries. It can be said that real estate has become a common sight in developing countries, where local citizens are in poverty.

Having lived overseas for a long time, I used to often see the disparity between areas where foreigners lived and those who didn’t, but now that I’ve seen that this reality has become clear in Japan, I’ve seen Japan’s economic strength. This decline may be the reason why there are no longer apartments in central Tokyo that Japanese citizens can afford.

If this situation continues, we can expect that social anxiety and social dissatisfaction will accumulate in our unequal society, and the situation in the world will worsen.

In the end, it comes down to who the country is for, but looking at current politics and money issues, it feels like Japan’s national consciousness is falling apart.

If the consciousness of the people collapses, it is possible that there will be no point in forming a nation.

Therefore, given the skyrocketing real estate prices, I think we are likely to find ourselves in a very unstable situation.

道州制と地方で作る特別会計 日本を連邦国家に

■道州制と地方で作る特別会計■

1,日本国は、連邦国家として道州制を導入 地方財源の確保⇒地方の特別会計を設置
2,日本の中央政府の首長は、直接選挙による首相選出、派閥線による議院内閣制から直接選挙へ
3,中央政府は、安全保障と外交と連邦法を設置して、主たる法律を整備する。
4,道州制により、連邦国に同じように一つの地方は一つの国家として考え独自の運営を行う。⇒地方創生につながる。
5,地方財政における財政投融資(特別会計)の設置によりベーシックインカムを実現する。
6,教育、医療、福祉の無償化を実現する。(道州制による地方特別会計による財政投融資)
7,インフラ整備、産業投資を地域の「財政投融資」によって、財源を確保する。地域ごとの発展を目指す。

今の日本の政府腐敗を見ていると、中央集権政治の限界が来ていると見て良い。政権与党が、資金調達をして、裏金工作をしている間に、国民生活は、改善などすることはない。最近の日本の状況見て、あまりにひどい状況に呆れている。

日本も米国のように連邦制にすると良いと考えている。地方にそれぞれ、小さ国家のように権利を与えて中央政府は、安全保障を行うということだけで、他の行政に関する仕事は、それぞれの地方で「道州制」を導入して、国家を形成することが重要んだと考えている。

また、日本の総理選出は、議院内閣制でなく、派閥など関係ない形でできる「直接選挙」米国のような大統領選挙のように、国民による直接選挙により総理の選出をする選挙改革が必要だと考えている。

また、日本の特別会計も、それぞれの地方に特別会計を持ち、SRPの米国財務省資産の収益化プログラムから資金を調達して、独自に常に使える財源を確保することが重要である。

つまり、日本の中央集権の仕組みが、極端に長期政権を維持してきた与党政党の利権構造を作っていることが言える。つまり、地方分散を即行うようにすることが必要である。

道州制を導入するということは、ある意味、人口規模で言うと1000万人から2000万人程度の連邦国家を形成することが重要である。一つの国家形成が、1億以上もの人口を抱えるとどうしても、対応がずさんになる。地方は、地方で特別会計としての運用財源を持つことが重要である。これは、道州制設立と、それぞれの道州制の連邦制度における地域が持つ「財政投融資」を持つことで、地方財源を補填することができる。

私は、米国財務省資産SRPの収益化プログラムを行っているメテ財団のアンバサダーであるので、日本が道州制を導入をして、各地域に財政投融資を行う特別会計を持つことができる米国財務省資産SRPをつかった運用プログラムを実施することができる。
つまり、地域創生ののために、特別会計を各道州制において運用プログラムを実施することができるのである。

これは、非常に重要なことである。
つまり、予算獲得のために、霞が関に行く必要がない。地方は地方で、財政投融資による財源を確保することができるというメリットがある。

このような方向性で日本の制度改革が必要だと考えている。

 

■Doshu system and special accounts created in local areas■

1.Japan, as a federal state, introduced the provincial system.Secured local financial resources ⇒Established local special accounts.
2. The head of Japan’s central government will be elected directly from the prime minister’s election through direct election, and from a parliamentary cabinet system based on faction lines.
3. The central government establishes security, foreign affairs, and federal laws, and develops the main laws.
4. Due to the Doshu system, each region is considered to be a nation and operates independently, just like in a federal country. ⇒Leads to regional revitalization.
5. Achieve basic income through the establishment of FILP (special accounts) in local public finances.
6. Realize free education, medical care, and welfare. (Fiscal investment and financing through local special accounts under the Doshu system)
7. Secure financial resources for infrastructure development and industrial investment through regional “FILP”. Aiming for development in each region.

Looking at the current corruption in Japan’s government, it can be seen that the limits of centralized government have been reached. The lives of the people will not improve as long as the ruling party raises funds and engages in slush funds. Looking at the recent situation in Japan, I am shocked at how bad it is.

I think it would be good for Japan to have a federal system like the United States. The central government gives rights to each region as if it were a small state, and the central government only takes care of security, and takes care of other administrative tasks by introducing the “doshu system” in each region to form a nation. I think it is important to do so.

In addition, Japan’s prime minister is not elected through a parliamentary cabinet system, but rather through a “direct election” that does not involve factions.There is a need for electoral reform in which the prime minister is elected through direct elections by the people, similar to the presidential election in the United States. I believe.

It is also important for Japan’s special accounts to have their own special accounts in each region and to secure their own and always available financial resources by raising funds from the SRP’s U.S. Treasury Assets Monetization Program.

In other words, Japan’s system of centralization has created a vested interest structure for the ruling political party, which has maintained power for an extremely long period of time. In other words, it is necessary to immediately begin dispersing to regional areas.

In a sense, introducing the Doshu system means forming a federal state with a population of about 10 to 20 million people. When a nation is formed and has a population of over 100 million, it inevitably becomes sloppy in its response. It is important for local governments to have operational financial resources in the form of special accounts. This can supplement local financial resources through the establishment of a regional system and the provision of Fiscal Investment and Loan funds for each regional region under the federal system.

I am an ambassador for the Mete Foundation, which runs a program to monetize US Treasury assets SRP, so Japan can introduce a do-shu system and have a special account to provide FILP to each region. It is possible to implement operational programs using US Treasury assets SRP.
In other words, for the purpose of regional revitalization, special accounts can be used to implement operational programs in each provincial system.

This is very important.
In other words, there is no need to go to Kasumigaseki to obtain a budget. Local areas have the advantage of being able to secure financial resources through FILP.

I believe that Japan’s system reform is necessary in this direction.

厳しい日本の状況を考えた時に 選挙制度を改めるべきだ

日本の政治の状況を見ているとこれは結構大変な状況になってきているなと感じます。

国民生活が良くない状況の中で国会議員が多くの人が政治と金の問題が表面化すると国民は完全に国家との距離が離れてしまい 意識が遠のいてしまいます。 つまり国家としての一体感がなくなり 国力はだめな方向へ向かうということが言えます。

日本が 好景気な時代というのは 株式会社日本と言われるぐらい一体感があったような気がしますが 今はもう バラバラでどうしようもないような沈没しそうな国家になっています。

私は個人的には 今の選挙制度に問題があると思っています。 正直 国家のリーダーを決める 首相は 議院内閣制ではなく 国民による直接選挙による首相 決定をすることが理想的だと考えます。

今の首相を見ても広島県のある地方の有権者から選ばれた政治家であり 日本国民が全員 選んだわけではないです。

ただ単に 政党に属しており その中でトップになったというだけであり 日本国民は別に彼を選んでるわけではないと言えます。

よって日本というものは 今後は政治の世界も 政府というのも 国における一つの会社 みたいなものですから会社のリーダーは国民によって直接 決めることが重要だと思います。 そうしなければ 日本の政治も変わりません。

リーダーがしっかりした道筋をつければ必ず企業もいい方向に向かうのと同じで国家も良い方向へ向くでしょう これは会社と同じです。

今日は麻布台ヒルズに行ってきました。

東京の都心部であれだけ大きな開発をしているのを見て ちょっと驚きました。

家からは近いのでよく車では前を通るのですが オープンをしてからまだ1回も行っていなかったので中を覗いてきましたが あまりにも 人の多さに驚いてぐるっと見て回って帰ってきました。

場所がはじめ あまり良くないので さほど人気が出ないのではないかと思ったのですが あの集客力には驚きました。

六本木ヒルズ よりも 麻布台ヒルズの方が 今は人が多い ぐらいです。

不動産事業に力を入れる。

最近はコロナも落ち着きましたので不動産の事業をもう少し力を入れて行うと考えています。

 

不動産仲介の宅建免許を弊社は持っておりますのでそれを最大限に活用して日本の不動産物件の案内ということを中心に 外国人向けにサービスを提供しようという風な事業展開をしております。

今後を日本に増えるのは外国人移住者ということをターゲットにしておりますので そこを見越して やはり 外国とのつながりを持つ 我々としては 外国人向けの不動産仲介業者として業務を展開しております。

 

最近 海外の投資会社から色々と投資しませんか みたいな誘いはあるのですが どうなんでしょうね。

あの話といろいろ思うのですが結構な金額を資金 融資します などというダイレクトメールが来るのですがこれは現実問題 どのようになるのでしょうか ちょっと考えるところはあるのですか 真実だったら面白いのかな と思います。