道州制と地方で作る特別会計 日本を連邦国家に

■道州制と地方で作る特別会計■

1,日本国は、連邦国家として道州制を導入 地方財源の確保⇒地方の特別会計を設置
2,日本の中央政府の首長は、直接選挙による首相選出、派閥線による議院内閣制から直接選挙へ
3,中央政府は、安全保障と外交と連邦法を設置して、主たる法律を整備する。
4,道州制により、連邦国に同じように一つの地方は一つの国家として考え独自の運営を行う。⇒地方創生につながる。
5,地方財政における財政投融資(特別会計)の設置によりベーシックインカムを実現する。
6,教育、医療、福祉の無償化を実現する。(道州制による地方特別会計による財政投融資)
7,インフラ整備、産業投資を地域の「財政投融資」によって、財源を確保する。地域ごとの発展を目指す。

今の日本の政府腐敗を見ていると、中央集権政治の限界が来ていると見て良い。政権与党が、資金調達をして、裏金工作をしている間に、国民生活は、改善などすることはない。最近の日本の状況見て、あまりにひどい状況に呆れている。

日本も米国のように連邦制にすると良いと考えている。地方にそれぞれ、小さ国家のように権利を与えて中央政府は、安全保障を行うということだけで、他の行政に関する仕事は、それぞれの地方で「道州制」を導入して、国家を形成することが重要んだと考えている。

また、日本の総理選出は、議院内閣制でなく、派閥など関係ない形でできる「直接選挙」米国のような大統領選挙のように、国民による直接選挙により総理の選出をする選挙改革が必要だと考えている。

また、日本の特別会計も、それぞれの地方に特別会計を持ち、SRPの米国財務省資産の収益化プログラムから資金を調達して、独自に常に使える財源を確保することが重要である。

つまり、日本の中央集権の仕組みが、極端に長期政権を維持してきた与党政党の利権構造を作っていることが言える。つまり、地方分散を即行うようにすることが必要である。

道州制を導入するということは、ある意味、人口規模で言うと1000万人から2000万人程度の連邦国家を形成することが重要である。一つの国家形成が、1億以上もの人口を抱えるとどうしても、対応がずさんになる。地方は、地方で特別会計としての運用財源を持つことが重要である。これは、道州制設立と、それぞれの道州制の連邦制度における地域が持つ「財政投融資」を持つことで、地方財源を補填することができる。

私は、米国財務省資産SRPの収益化プログラムを行っているメテ財団のアンバサダーであるので、日本が道州制を導入をして、各地域に財政投融資を行う特別会計を持つことができる米国財務省資産SRPをつかった運用プログラムを実施することができる。
つまり、地域創生ののために、特別会計を各道州制において運用プログラムを実施することができるのである。

これは、非常に重要なことである。
つまり、予算獲得のために、霞が関に行く必要がない。地方は地方で、財政投融資による財源を確保することができるというメリットがある。

このような方向性で日本の制度改革が必要だと考えている。

時代の変わり目を感じる最近の日々

最近のニュースなどを見ていると、第二次世界大戦後の歴史を作ってきた人物、長老たちがどんどん亡くなっているという報道が流れてきます。

やはり、時代の転換期が近づいていると感じることがあります。新しい時代に行くには、やはり世代交代が必要になります。それが円滑に行わなければ、時代ごとに必要な発展ができなくなるのでしょう。今年50歳になり、そろそろ、世の中のために働ける時期が来ているのではないかと思っています。

道は作ってきたと思いますので、いい結果を作り上げることに努力したいと思います。

自分自身のビジネスの方向性について考える

自分自身のビジネスの方向性について考える。

最近はあまり不動産屋の仕事について話はしていませんでしたが ODA 関連の仕事を始めてずいぶんとどのように進めたらいいかというのがイメージができてきましたので元々行っていた不動産や貿易についても少し頭を使って ビジネスの展開をしていきたいと思っています。

中国とのビジネスということを基本的に行ってきましたが 最近の中国を見れば 中国にこだわると国の状況によってあまりにも影響を受けすぎるので そこを回避するにはどうすればいいか というのはやはり日本人であれば 日本 をベースに仕事をするのがいいのではないかと感じるところはあります。

しかも 円安になっているわけですから 考えられることは日本への逆に誘致をさせるということが ビジネスとして重要ではないかとを感じています。

今 ODA 関連の仕事をしており このメテ財団が持っている ODA の仕組みというのは これは全世界が対応しますので 例えば 日本へ進出する大型プロジェクトに対して資金提供できるプログラムも存在しています。

つまり わざわざ外国に行って何かをするよりも日本に投資するための財源を提供するということで メテ財団 グループが行っている開発援助 プログラムにおける資金提供をご案内をして日本の経済の発展に貢献できれば良いと考えています。

また日本でいろいろなものづくりをしてそれを海外に輸出するという ビジネスもこれだけ 円安が進んで日本の人件費が安い国だと思われていますからそういう点でも製造大国 日本に帰りたくチャンスが来ているのではないかとを考えています。

これは考え方だと思うのですが 今自分が持っているカードを最大限に使ってどのようにすればいい ビジネスが展開できるかということをちょっと真剣に考えなければいけない時期に来ていると思っています。

今やるべきことを実現させる

突然、大雨が降ってきた。雷と豪雨!喜悦の変わり目かな。
最近は、ODA関連の仕事をどのようにして、仕上げるか毎日考えています。実はメテ財団は、米国財務省資産を管理している世界最大の資産管理会社ですが、その事実はまだ、世界的に走られていません。この資産は、SRPと言われ、欧州、アジア王族グループからの寄付財源であり、米国ブレトンウッズ会議の際に、国連を設立する際に設立した世界銀行、IMFの基礎財源担った資産です。現在は、米国財務省が監査をして、メテ財団がUCC登録資金として、ユーロを発行して、世界の開発援助を支援しています。これは、米国、日本など、G7,欧州などでは活用実績がありますが、今目標にしているのが、グローバルサウスと言われる発展途上国にもこの資金によるODAの導入をしたく考えています。
なかなか発展途上国の方は、歴史的にこのような資金があることをしりませんし、また、あったとしても都市伝説のように思われています。旧日本軍がフィリピンに隠した財宝、山下財宝、国際的には、マルコスの金塊といわれています。また、ナチスの金塊など、戦時中の略奪金の問題など、歴史の闇と言われた資産がありますが、今はすべてまとめて、米国財務省資産として管理して、メテ財団グループが、UCC登録通貨としてユーロで通貨を発行して、世界の開発援助に資金を分配する作業を行っています。まさに、これは、歴史的資産と言われており、国連による規定によって資金が提供されています。いずれにしろ、この業界は、なかなか信じられない話が多い業界で都市伝説化しているのですが、実施にこの資産について業務をおこなっているのが、私達ということになります。歴史的資産、これは、この歴史お研究すれば近代世界史における最大の謎であるかもしれません。ただ、ゴールド資産というのは、存在しておりますので、それをつかいUCC登録通貨として現在はユーロを発行して、世界の開発援助に資金譲渡しています。

ビジネスのこだわりも重要だが、転進も必要だと思う。

日中友好とおもって、長年商売を行ってきましたが、2012年以降、日中関係が非常に難しい局面を迎えており、10年以上経過しましたが、結論からいえば、もう中国ビジネスというのは、オワコンかと思うことがよくあります。

ただ、市場として大きいのですが、どうも、日本側から中国を見つめていて、中国ビジネスにチャレンジする意味がかんじられなくなってきました。

自分自身は、中国語を使ったビジネスを長年おこなってきましたので、中国以外でも中国語が通じる国もありますので、そのような国にも目を向けてビジネスをするのも面白いと思っています。

あえて難しい山を登るくらいなら、目の前で転進することも重要かと思っています。

ということで、中国以外の中国語を使える世界、そして、英語圏とのビジネスも増やしていくことが重要かと思っています。

思考は現実化する。そのことを実践する。

思考は現実化するというのが、私にとっての座右の銘ということになります。つまり、目指したい目標があれば、毎日、同じことを反復的に考えることで、そのことが、現実化にむかっていきます。

確かに、目指したい目標がある場合には、色々苦難があったりしますが、着実に、目指す目標に近づいているということを信じる力というものが重要と考えています・

常に、何かをやりたい事を考えて、現実化できるように常に頭の中で反復して考え続けています。これは、絶対の成功法だとおもっています。苦難のあとには、絶対に飛躍的に、目標に近づく結果に近づくというのが、思考の世界ではよくあることです。

南米

今、行っている業務で、世界各国とのつながりを探しています。そのなかで、なかなかつながらない国が南米でしたので、南米、中南米などの国々とのネットワークができそうですから、いい話ができたように思いました。アフリカや、アジアだけでなく、中南米、南米にも今行っている事業の説明ができ、ネットワークを広げることができればいいですね。

減税

日本国内は、増税反対の声が若者が、SNSやYOUTUBEでいろいろ声を上げだしてきたので、ついに、現政権は、減税をうちだしてきました。どのような減税になるのかわかりません。

いずれにしろ、国民負担がすくなくなることは、重要だと思います。

政府は、国民に養われている。。。というのが、資本主義の基本ですが、政府が国民から搾取しているというのでは、良くないことになりますから

日本はオワコン??

小谷学の公式ブログは、ビジネスのことを結構書いてきましたが、最近は、ビジネスについては、別のブログでも書いていますので、ビジネスネタばかり、書いていても面白くありませんので、自分の好きなことを書くことにします。

最近個人的に気になる話題は、大阪万博ですが、大阪万博が、資金がない、時間がない、出展者が海外から来ない、、、と終わっています。それを見て、日本もしっかりしないと本当に、世界からバカにされると思うのです。

最近、日本の総理も、かなり馬鹿にされる表現でニュースになっていますが、これ見たら、国家も終わりだなと思います。

日本の社会構成も末期に来ていると感じるのです。

激安車

私は、小さい時から車が好きです。

どんな車が好きかといえば、マニアックな車が好き、スーパーカーが好き、旧車が好き。。。などということがなく、個人的には、ヤフオクを見て、安い車を直して乗るのが、楽しみということになります。新車もかっこいいのですが、中古車で激安車を買って、自分なりに好きに修理をして乗るということが楽しいといえます。

個人的にはそんな趣味があります。ただ、都心部で生活しているので、駐車場の確保が難しいので、何台も買うことができませんが、また、広めの土地を買う機会があれば、激安車を集めて、遊びのは、楽しいでしょうね。