古くてもOSを入れ替えれば十分使える。

今日は、事務所に来て仕事をしていま10年ほど前に買ったノートパソコンがあるのですが、それをウインドウ11にバージョンアップするために、作業をしています。インターネットで検索すると、古いパソコンでもWIN11にバージョンアップできるということを見ましたので、ちょっとだけテクニックありますが、更新可能です。

64ビット版のウインドウズ版のOSであれば、古くても更新できるということです。もう10年前のパソコンですが、最新のOSを入れて使えるのはいいですね。

今はこのパソコンには、1Gのハードディスクが装着していますが、速度アップを狙うのであれば、SSDに交換してメモリーが8GBを16GBにすれば、CPUは、古いですが、インテルのi7ですから、普通に仕事するには、全く問題なく使うことができます、

Youtubeを見ていると、ちょっと昔の古いパソコンをちょっと改造して、スピードアップさせる動画が多数アップされています。あれを見て思うのは、昔はパソコンは、常に交換するものということでしたが、ある程度技術が成熟してくると、それ以上、普通の使い方をする人には最先端の技術は必要ないということが言えます。

アンドロイドの携帯電話もOSが古くなると使えなくアプリが増えるので、交換するのが、多いようですが、最近は、カスタムロムというアンドロイドを入れ替えて最新版にする手法もあるようで、これでは、絶対にハードは最新である必要がなくなります。

5年から10年経てば、OSが古くなるので使えなくなりますが、OSのく更新さえすれば、長く使えると言えます。それでは、製造メーカーは、買い替え需要が長くて儲からないくなりますね。

自動車でも言えますが、日本では、10年、10万キロで車の価値がなくなると言われます。しかし、10年、10万キロ以上で、日本車で壊れる車などありません。最新のものを購入するというのもいいかと思いますが、ちょっと古くても、ちょっと改造して、最新の機能を入れるという方が、なにか個人的にカスタムメイドして、魅力を感じます。

 

□広尾のカフェにて
近所のカフェを巡っています。広尾のカフェまで徒歩10分ほどの道のりですが、麻布山を登って歩くのでいい運動になります。一日2Kmから4Kmは歩くようにしています。有酸素運動をするには、20分以上歩くことということです。健康を考えて歩くようにしています。

海外銀行の手続きは面倒だ。

□海外銀行の手続きは面倒だ。

香港とベトナムの銀行から更新手続きをして欲しいという連絡があった。遠隔での手続きが簡単にできればいいのですが、なかなか思うように進まないのです。窓口に行けば、10分もかからない手続きが、遠隔でやろうとすると、ものすごく面倒だ。セキュリティーの問題もある、また、ベトナムの銀行は、日本との直接の対応はできないので、あなたの支店に行って手続きをしてください。ということであった。

あなたの支店に行っての手続きですか、ホーチミンにも行く必要がある。香港も手続きに時間がかかるのでセントラルに行って手続きをしたいのですが、入国がどうも厳しく規制をしているようだ。コロナのお陰で、調子が狂う。

外国人の就労ビザを簡単に取得できるようにして、日本製造の強化を行うことが重要

最近の状況を見れば思うことは、ここまで円安が進んでくると、日本で製造業をしたほうがいいのではないかと思えます。

日本国内でサプライチェーンを固めるほうがカントリーリスクがなくいいと思います。海外拠点でやっとっている従業員を日本に来て簡単に就労ビザを取得できるようにして、海外拠点の製造ラインを日本に持ってきたほうが、正直国のためになるかとおもいます。

また、日本は、これから毎年50万人以上人口減少がつづくのですから、毎年50万人の労働力を日本に来て、働いてもらっても問題ないと思います。よって、アフターコロナは、日本製造の強化と外国人就労ビザを簡易化するということが大切かと思います。

移民はしなくても長期就労の就労ビザの発給が簡単になれば、日本の労働人口の問題はなくなります。

ここ数日、体調不良でしたが、復活しました。

ここ数日、体調不良でしたが、復活しました。

 

背中が痛くて自宅で倒れていましたが、やっと復活しました。最近は、健康のためにできる限り散歩したりするようにしています。

コロナの緊急事態宣言が長期化したので、ほとんど動かなくなったので、これでは体に良くないと思って、麻布十番や広尾と近所カフェに散歩をしてでかけることにしています。

今日は、麻布十番の駅の近くにあるオープンカフェで軽く夕食を食べてカフェでお茶しています。日課はカフェでブログを書くことです。基本的には色々ブログを書いて情報発信をすることで、ビジネスを展開しています。コロナも減少傾向になってきていますので、また、いろいろ商売について考えています。

 

基本的には、365日、24時間何かを考えています。考えることは面白いです。色々頭の中でイメージしたことをどのようにして実現させるかを常に自問自答しています。

 

実はブログを書くということは、自分自身の考え方を文字に起こすということは、頭の中で考えていることを整理する上で大切なことだと考えています。ということで、私の書いている文章は第三者から見て、価値があるのかといえば、さほど価値がないかもしれませんが、自分の頭の整理には役立っています。

情報入手先を英語のニュースからにすると、見える世界が変わる

□情報入手先を英語のニュースからにすると、見える世界が変わる。

日本語の新聞を呼んでいると、どうも情報が偏る傾向を感じるので、最近は、英語での情報を読むようにしています。そうすると、結構本音の話をストレートに書いていることに気付きます。

日本のニュースは、一つの発信元があれb、似たような肉付けした記事がたくさんでまわりますが、それ以外の情報は全く出ません。

それは、配信会社からの情報が中心となって新聞などが書かれてるからだとおもいます。やはり、読者は知りたい情報は、本音でいえば、みたいな情報です。

そういう点では、英語で世界情勢を探していくといろいろ知ることができます。また、ビジネスに於いても、せっかく海外法人をもっていますので、その活用方法として英語情報を見て欧米人が考えるビジネスについて理解しようとすると、意外と面白い発想に気付きます。

情報は、日本語という言語に偏らないほうがいいですね。

目まぐるしく変わる世界環境を見て

□目まぐるしく変わる世界環境を見て

世界はどちらの方向に向かうのかということを考えてしまいます。なぜならば、今年は、RCEPによるアジア、オセアニア、ASEAN諸国、日本、中国などが、自由貿易協定を発動させました。これだけ見れば、今後、アジア、オセアニア、ASEAN諸国は一つの経済圏になっていく構想がスタートしましたが、その流れに対して、ロシアは、ウクライナに進軍し、また、世界は、そのことで、安全保障についての対応が急務になっており、自由貿易の拡大というより、自国貿易に力を入れるという流れに動くが変わっています。

また、コロナの影響も長引き、一部の国では国境を開こうとしていますが、まだまだ、移動が不便であり、ある意味、コロナによる強制的ブロック経済ができてきています。

逆に、この状況で、リモート会議というものがビジネスの世界では根付きました。かならずしも、直接あって商談をしなければならないということがなくなったという人の感覚が変わりました。

ほんと、この数年は、人の意識、世界の情勢がいろいろ一気にかわってきています。

そんな状況下でどのように対応していけばいいか、自問自答しています。

アフリカビジネス、ナイジェリアの話を聞く機会が増えている。

□アフリカビジネス、ナイジェリアの話を聞く機会が増えている。

 

最近は、アフリカというキーワードをよく耳にするようになった。アジア、アメリカ、ヨーロッパとビジネスで外国人と商談していますが、アフリカという話も聞くようになり、ナイジェリアについて色々話を聞くことが増えてきました。ナイジェリアには、行ったことがありませんが、平均年齢が27歳で、若者が多く活気がある、人口は、2億人を超えており、最近は、経済成長をしている。また、天然資源などが多く、今後、インドに次に来る国だという話だということを聞いた。また、アフリカ諸国は、中国やインドの依存度が高かったが、中国からの依存度を今後さげて、日本企業との提携をしたいというアフリカ企業が増えているという話を聞いた。

 

まったく、私にとっては未知の世界ですが、ナイジェリアは、英語圏であり、イギリスの植民地だった過去があるので、英語が通じるので、取り組みやすい国だと聞いた。世界を見れば、知らない世界がいろいろあります。