待つことも仕事

コロナの影響で中国航路のコンテナ船の船便のスケジュールが混乱していると聞いていましたが、1週間遅れて出港するという連絡がありました。上海から日本の東京港まで3日の航路で、出港が1週間遅れたらブッキングする意味がないと思いますが、そんなことお構いなしが船会社のスケジュール、とりあえず、ブッキングだけ集めて、出港は、船会社の都合で決まります。外国と商売しているとなかなか待たされることが多いのですが、時間通りに何もかも行くと思うだけ間違っているのだと思ったほうが正しいのでしょうね。

今日から仕事始めのブログ

□今日から仕事始めのブログ

今日は1月4日になりました。
多くの方は今日から仕事始めということになるかと思います。
私の場合は自営業ですからいつが仕事始めていつが仕事終わりか全くわからないような状況です。
仕事の案件があればいつでも動くという風なスタンスです。
とはいえ一応けじめも必要ですから今日が仕事始めということにしておきます。
今年は初詣は近所の神社のみに行きましたがまた時間があれば遠方にも行きたいと考えています。

最近のニュースを見るとオミクロン株がまた入り始めているというニュースを見て今年もまたこので大変かなと危惧しているところです。

いったいこの風はいつになったら終わるのでしょうか。

昔スペイン風邪というものが流行った時は何千万人という人が亡くなったということですかコロナは死亡者は実は減っているということです。

年間のインフルエンザの感染者も減っており重症化する人も予想ほど多くなかったということもありこの感染症に対してここまでの大きな経済に影響が出ているということが実際は問題だというふうには思います。

しかしメディアの宣伝を見ると確かに私自身も影響を受けて外に外出したくないなぁという風には思ってしまいます。

これは経済における効果としては非常に悪いことだと思います。
と言っても仕方ないのですが今年は出来る限り拡大路線でビジネスを展開していきたいという願望はありますがさてどうなっていくでしょうか。

来年のスケジュールを考える

今日は都内にいますが、すごく天気がいいですね。

こんな日は外に出ると気持ちよく過ごせます。
今日は割合時間があるので来年度事業計画をどうするか色々考えています。

コロナ流行らないのであればセミナー等をやっていきたいのですが人を集めることは来年も難しいんでしょうね。

最近は目標達成できていません

1日1万文字のブログを書くという目標で頑張っていますが最近は思うようにかけていません。

色々なネタをブログで書いていますので1日一つか二つの記事は書いていますが同時にたくさんの記事を書こうと思うのですがだんだん頭が回らなくなってきました。

不思議なもので日々書きたいことがあればどんどん書けるのですがどうも書こうと思ってもかけない時というのがあるのです。

私の場合はふと頭の中で思ったことを文章化して書いていますので思い浮かばなければ何も書けません。

ということで最近はあまり思い浮かぶことがなくなったのでブログが進んでいません。

中国との貿易業務の手配を行う。

□中国との貿易業務の手配を行う。

12月末に上海港から横浜港に向けて出荷するコンテナについての手配をしていました。今回は、一度も現地に行かずに、上海近郊の複数の工業で建築資材を仕入れて、それを一旦、上海の弊社の関連のある流通倉庫に搬入をして、そこで、梱包作業、コンテナの積載をして、通関をして、上海港から横浜に向けてコンテナ船で出荷するという案件を行っています。

過去に数度仕入れいるメーカーから今回は仕入れいるので、知っている業者ですから、心配はしていませんが、やはり、現地に一度も行かず、複雑な手続きをするというのは、間違いなく予定取りできるのかということは、気にかかります。何か会っても、今のコロナ状況であれば、渡航もできませんので、気になるのは事実です。

たぶん、多くの貿易業者は同じことを思っているのではないでしょうか?
商品を仕入れる各工場、物流会社とすべて打ち合わせしたので、大丈夫でしょう。ということで、主たる貿易業務は、この案件を終えれば、仕事納となります。

今日は中国貿易の仕事をしました。

□今日は中国貿易の仕事をしました。

中国に渡航できないのですが中国のメーカーから色々建築資材を調達して横浜でレストラン作る案件があります。

取引先のあちらこちらの建築資材のメーカーと連絡を取り、上海にある取引先の物流業者と連絡を取り合って貿易の手配をしました。

現地に行って指示ができないので、少し困るところはありますが、過去に何度も行っている業者との取引ですから、彼らも十分理解しているので案件は、順調に進んでいます。

コロナが原因して、今海外に行くことは困難ですが、長年海外で色々人との付き合いをしてきたことでその人脈が、今に立って役に立っています。

やはり一緒に仕事をしたことあるメンバーと繰り返し仕事をするということは、外国であったとしても双方のことが分かっていますので信用してビジネスができます。

こんな時期で海外に行って直接仕事ができない時こそ、古くからの人脈というものがビジネスにとって役立ちます。

最近の状況

□最近の状況

1日1万文字をブログを書こうと思って日々ブログを作っていますがここ最近急激に忙しくなったことでそれができていません。

いくつかのブログは継続的に書いていますが個人的な日記はほとんどかけていないのが現状です。

コロナも落ち着いてあちらこちらからと打ち合わせの連絡があり私も出来る限り外に出て打ち合わせをするようにしています。

また外国からの仕事の引き合いも色々起きていますので最近は結構忙しい日々を送っています。

年末にも近づいておりますのでこれから後1ヶ月で今年も終わりです。

一昨年から今年にかけてコロナの影響を受けてビジネス的にはあまり良い環境ではなかったのですが最後の追い込みで気合を入れていろいろ行いたいと思います。

頑張りましょう。

国際貿易の仕事。

□国際貿易の仕事。

今日は中国のメーカーとサンプル商品についてのやり取りを行いました。

あるサンプル商品を上海にある別の事務所に届けてほしいという内容です。

また発注する商品をコンテナ入れて日本に発送するという手配を行いました。

しかし私自身が行なっていることというのはノートパソコンとスマートフォンを見て現地の担当者にチャットと電話をしているだけです。

2000 km 以上離れた海外の仕事を東京でスマートフォンとノートパソコンでモバイルで仕事をしています。

現実これだけで何も問題なく貿易の手配ができていることになります。

お客様も数百 km 離れた地方都市から連絡をいただいて連絡だけの業務で国際貿易が成立していることになります。

このような手配を日々行なっていますが実は行なっていることは正直スマートフォン一つあれば全てが完了します。

仕事は目的の結果が出ればそれでいいのですが現地に行くこともなくそのように完了しているとあまり国際貿易を行っていると言う感覚がなくなります。

多少、中国のメーカーとのやり取りをする際に中国語を使って説明をしたり支払いで海外への送金手配をインターネットバンキングでしたりするので、少しは外国と関わっているという感じがしますが、やはり海外に行かなければ海外とビジネスをしているという実感が湧いてきません。

通信が便利になったので非常に簡単に何でも出来るのですがリアル感がなくなってきているというのは残念です。

コロナが落ち着き海外渡航が自由になればまた現地に出向いてリアルな海外ビジネスを行ってみたいと思います。

文字を書き続けるその意味

□文字を書き続けるその意味

1日1万文字以上のブログを書こうという風に思って日々作成しています。

今は入力に関しては音声入力を使ってほとんどの文章は作っておりますのでタイピングする疲れはなくこれは便利でいいと思って色々日々行なっていることに対して文章を書いています。

日々考えていることや仕事で行なっていることを文章で書くと何度も反復することによって頭の中にイメージが固まってきます。

そうすることであまり深く考えることができなかった自らの行っていることに対して文脈を作ることで深く考える機会ができます。

ですから私自身はブログで文章を書きながらその文章を見ながら自分でビジネスを作るというやり方が個人的には好きなビジネスのやり方です。

毎日いろいろな角度で文章を書いてインターネット上にブログを掲載していくとその事に関心を持ってくれた方が日本全国から色々と連絡をいただきます。

人の出会いや人の縁というものはどこにそれを求めている人がいるかということは簡単には探すことはできません。

昔は営業は足で稼げという風な言葉がありインターネットのような掲示する手段が無い時代では足で稼ぐという営業は重要だったと思います。

しかし現在は自分の考えていることや自らやりたいビジネスに関して告知したい場合はその内容について日々情報を自ら発信することによってそのフィードバックがあるのを待つというやり方が非常に効率的だと考えています。

よって私は今1日1万文字以上のブログをインターネットに掲載するということを日々行なっています。

これが昔で言う営業は足で稼げと言われている人の努力だと思います。

歩くことはないのですが文字を入力すると言う一歩一歩しなければいけない作業を行うという点では一歩一歩歩いて前進するのと一つ一つ文字を掲載していくということは同じ事だと思います。

しかし足で稼ぐというよりも広い範囲で情報が告知できるということはそれだけチャンスが生まれるということになると思います。

私は文章の魔力というものをよく考えていますが書くことによって今まで開くことができなかった人生を開くことができると信じています。