中国との貿易業務の手配を行う。

□中国との貿易業務の手配を行う。

12月末に上海港から横浜港に向けて出荷するコンテナについての手配をしていました。今回は、一度も現地に行かずに、上海近郊の複数の工業で建築資材を仕入れて、それを一旦、上海の弊社の関連のある流通倉庫に搬入をして、そこで、梱包作業、コンテナの積載をして、通関をして、上海港から横浜に向けてコンテナ船で出荷するという案件を行っています。

過去に数度仕入れいるメーカーから今回は仕入れいるので、知っている業者ですから、心配はしていませんが、やはり、現地に一度も行かず、複雑な手続きをするというのは、間違いなく予定取りできるのかということは、気にかかります。何か会っても、今のコロナ状況であれば、渡航もできませんので、気になるのは事実です。

たぶん、多くの貿易業者は同じことを思っているのではないでしょうか?
商品を仕入れる各工場、物流会社とすべて打ち合わせしたので、大丈夫でしょう。ということで、主たる貿易業務は、この案件を終えれば、仕事納となります。

今日は中国貿易の仕事をしました。

□今日は中国貿易の仕事をしました。

中国に渡航できないのですが中国のメーカーから色々建築資材を調達して横浜でレストラン作る案件があります。

取引先のあちらこちらの建築資材のメーカーと連絡を取り、上海にある取引先の物流業者と連絡を取り合って貿易の手配をしました。

現地に行って指示ができないので、少し困るところはありますが、過去に何度も行っている業者との取引ですから、彼らも十分理解しているので案件は、順調に進んでいます。

コロナが原因して、今海外に行くことは困難ですが、長年海外で色々人との付き合いをしてきたことでその人脈が、今に立って役に立っています。

やはり一緒に仕事をしたことあるメンバーと繰り返し仕事をするということは、外国であったとしても双方のことが分かっていますので信用してビジネスができます。

こんな時期で海外に行って直接仕事ができない時こそ、古くからの人脈というものがビジネスにとって役立ちます。

国際貿易の仕事。

□国際貿易の仕事。

今日は中国のメーカーとサンプル商品についてのやり取りを行いました。

あるサンプル商品を上海にある別の事務所に届けてほしいという内容です。

また発注する商品をコンテナ入れて日本に発送するという手配を行いました。

しかし私自身が行なっていることというのはノートパソコンとスマートフォンを見て現地の担当者にチャットと電話をしているだけです。

2000 km 以上離れた海外の仕事を東京でスマートフォンとノートパソコンでモバイルで仕事をしています。

現実これだけで何も問題なく貿易の手配ができていることになります。

お客様も数百 km 離れた地方都市から連絡をいただいて連絡だけの業務で国際貿易が成立していることになります。

このような手配を日々行なっていますが実は行なっていることは正直スマートフォン一つあれば全てが完了します。

仕事は目的の結果が出ればそれでいいのですが現地に行くこともなくそのように完了しているとあまり国際貿易を行っていると言う感覚がなくなります。

多少、中国のメーカーとのやり取りをする際に中国語を使って説明をしたり支払いで海外への送金手配をインターネットバンキングでしたりするので、少しは外国と関わっているという感じがしますが、やはり海外に行かなければ海外とビジネスをしているという実感が湧いてきません。

通信が便利になったので非常に簡単に何でも出来るのですがリアル感がなくなってきているというのは残念です。

コロナが落ち着き海外渡航が自由になればまた現地に出向いてリアルな海外ビジネスを行ってみたいと思います。

RCEP協定が2022年1月1日に発効

RCEP協定が2022年1月1日に発効

 

RCEP協定は、少なくとも6のASEAN構成国である署名国及び少なくとも3のASEAN構成国でない署名国が批准書、受諾書又は承認書を寄託者であるASEAN事務局長に寄託した日の後60日で、寄託をしたこれらの署名国について効力を生ずることとなっています。既に我が国のほかにブルネイ、カンボジア、中国、ラオス、シンガポール、タイ、ベトナムが寄託しており、2021年11月2日(火曜日)のオーストラリア及びニュージーランドの寄託によって、2022年1月1日(土曜日)に、我が国及びこれら9か国についてRCEP協定が発効することとなります。

 

_______________

 

 

日本ではあまり報道されていないように思いますが、この貿易協定は結構すごいことだと思います。ASEANと中国など自由貿易協定で結ばれるということは、日本にとっては商機になる可能性がありますが、逆に競争が激化する可能性がありますので、日本も負けないように頑張らないと行けない時代に担ったと言えます。長年、貿易会社を経営していますが、この巨大市場が自由貿易協定でつながれば、将来的には関税なしで貿易できるようになれば、これは、大変な大きな出来事です。日本の価値を出すことをに努力しなければ、日本はアジアや新興国に負ける可能性も出てきます。2022年以降、この自由貿易協定を考えてビジネスを組み立てる必要がありますね。弊社としても、貿易会社としてこの商機をどう捉えるか、重要なターニングポイントなっていると思います。

日本企業と中国企業をつなぐ貿易業務(建材家具ドットコム)

□日本企業と中国企業をつなぐ貿易業務(建材家具ドットコム)

日本の企業と中国の企業をつなぎ商取引を促進させる企業、ジャシボマーケティング

株式会社ジャシボマーケティングは、東京都足立区の創業支援を受けて2016年に創業した企業です。はじめは、足立区の区の施設にある創業支援施設の事務所に登記して、ビジネスを創業しましたが、現在は、移動して、港区の麻布地区に事務所を移転しました。
基本的には、日中間の貿易業務を支援するモデルで貿易代理店としての業務を行っています。

このビジネスモデルは、2004年に上海で創業したSFE貿易から引き継いだ貿易代理店事業になります。

その中で、特に「建材家具ドットコム」というサイトがあり、中国から日本の店舗内外装を仕上げるために、建具、建材、家具、インテリアの輸入をする業者として事業を展開しています。

もともとは、上海市内に多数あった建材市場、家具市場などからどこの店にいって買いたい商品があれば、買い付けて、 日本の現場にコンテナで輸送して日本のお客様に納品するというビジネスモデルでサービスを展開していました。

その当時は、上海の日系貿易代理店として、中国買付支援業務として事業を展開しておりました。現在でも、その事業だけは、今でもニーズがあり、継続しております。

中国の建築資材、家具、建具は、色々面白い資材があり、面白い建築物を作るには、楽しい資材調達ができると言えます。弊社の事業として、上海、浙江省、江蘇省、山東省、広東省などから、いろんな中国建材、家具、インテリアを仕入れて、日本に輸出しました。

この分野の仕事は、実は、まだまだ、ニーズがあると思っています。日本にはない建築資材が中国から仕入れられることもあり、商用建築を考える建築家にとっては、中国からの仕入れというものは、外せないというのは言えます。その部分の仕入れの業務をおこなうことは、弊社にとって、長年のお客様への対応、また、新旧のお客様への対応を考えれば、この分野のビジネスは支援サービスを展開することは、重要かと思っています。

ただ、現在は、中国の現地に行くことができませんので、中国との取引は、基本的にはにネットを使って、貿易実務を行うということで対応しています。

私の仕事のスタイルは、場所にとらわれない、基本的には、テレワークで事業を完了できるスタイルでのビジネスモデル業務をおこなっています。

しかし、どこにいても通信が繋がり、リアルタイムに中国の製造メーアーと連絡を取りながら製造するということすれば、2004年から17年間この業務おこなっていますが、そんな大きな問題になったことがありません。

これも、常に中国メーカーと直接話しをしながら進めるので、問題がほとんど出ないと言えます。

第三者経由で話をするのでなく、直接交渉をすることで、業務が的確に動くようになります。