テレワークできる仕組みは、15年くらい前から導入していました。

私の仕事のスタンスは、テレワークの形で仕事をしています。この形式で仕事ができるように仕組みは、10年以上前から作っています。パソコン一つあれば仕事できるようにしています。

 

コロナ渦で、人と人との接触を避けるためにテレワークを活用するようになりましたが、もともと私の場合、海外で日本人一人だけで仕事をしていましたので、連絡業務の対応は、すべて一人でできるように、すべての情報が一人で管理できるようにするとなれば、テレワークができるように、電話、FAX、連絡システムのすべてを一括管理できるようにしてきました。

 

ですから、インターネットの繋がる環境があれば、いつでもどこでも仕事ができるようになっています。

 

海外で一人、日本人が仕事をする場合には、常に海外でも連絡がつくようにすることは、すべてがモバイル端末に情報を集中させる必要があります。それでなければ、中国というフィールドを活用していますが、日本人対応というビジネス展開ができなかったと言えます。

 

ですから、ビジネス環境が以前と同じですが、コロナ渦で変わったことと言えることは、人に会いに行くということに抵抗感が出てしまったということが言えます。

 

「ちょっと、お茶でも」「情報交換しませんか」みたいな誘いができなくなったことは、少し寂しい感じがします。

 

この時期は、仕方ないので、極力外出を抑えて、コロナが落ち着くのを待つのみです。

正月明けから、パソコンに向かってひたすらホームページの改修作業。

正月明けから毎日パソコンに向かってホームページの改修を行っています。多数のドメインを持っていますのでそれを関連付ける作業と、あまりまとまっていなかった、ホームページを整理することに力を入れました。だいたい出来上がったのですが、18個もドメインをもっていますので、そこにすべてコンテンツを作り込むのは非常に大変な作業です。

 

仕事なのか、趣味なのか、分からないページになってはいけないので、それをきれいにわけることにしました。

 

また、検索エンジンで上位に出すための手法、SEO対策を考えていますが、やはり、今は、正直言って力仕事ですよね。

 

毎日、更新を続けることで、徐々に上に上げることができます。

 

ワードプレスでHPを作っていますが、更新するとよくトラブルが起こるのは困ります。何なんでしょうね。このトラブルは、多分、プラグインの問題だと思います。

 

もう少しトラブルが少なければありがたいのですが、

 

そんなことをおもって、パソコンに向かっています。

 

ブログを書き始めたきっかけ、そしてその目的、内容について

かつて、日本人街一番多い外国の街ということで、上海が一時期であるが、上海が第一位の時期があった。2008年から2010年頃が一番多かったのではないだろうか。その当時は、日本人の駐在員、留学生、自由業者など日本全国から上海に日本人が集まって来ていた。

筆者にとっても一番、中国ビジネスで良い時期だった。中国進出ブームであり、割合若い人も多くいて、非常に活発的な時代であった。筆者も上海で貿易会社をベースに他の商売も色々やってみた。

あの当時は、なんでもやってみようという気持ちが出てきた時代だった。下手でもいいからやってみたらなんとかなるのではないかということで、飲食店までやってみた。結果は、慣れない仕事は、やるべきではないというのが、本年の部分で、中国人の従業員をコントロールするのが難しく、大変な思いをしたことを記憶している。

筆者にとってもブログデビューをしたのが、『上海エクスプローラー』という日本人が開設した上海のポータルサイトである。そこに長い間広告を出していたこともあり、ブログを書かないかという誘いを頂いたことが、実は、小谷学の中国ビジネス奮闘記を書くきっかけになった。当時は上海のポータルサイトでブログを書いていた。その結果、多くの方と、知り合うきっかけを頂いた。

筆者にとって、インターネットというものと人の出会いというのは、切っても切れない関係であることが言える。現在でもブログを継続して書いているが、当時は、できる限り一生懸命、日本に対して中国の実情を伝えようと思い、自分目線で感じたことを書いていった。そのことが、新鮮に見えたのか、多くの方からご連絡を頂き、反響を得たことを記憶している。今書いているブログはどちらかといえば、個人的な内容の事が多いので、他人が読んで面白い話題になっているのかといえば、面白みにかけると本人も思っている。

伝える内容は、皆さんの知らない世界の情報でなく、どちらかと言えば、自分の内面的なブログ、普通の日記になっているからである。やはり、普通の日記ではつまらないので、なにか新しい世界について伝えることが重要ではないだろうか?

その点では、外国に住んでいるというステージが重要だったと思う。現在は、普通に東京に暮らし、そして、東京から中国に連絡を入れて貿易業務を行っている。確かに、新鮮で知ることも有るが、お客様の秘密保持の観点から伝えられる情報も少なくなる。結局、ブログの内容は、話してもいいことに限定されてしまい、結論から言えば、自分んの日々の生活の話になる。それはでは、発信するという点では読者から考えてどう思われるのだろうか?

やはり、今の課題はその辺が、筆者自身がつくるコンテンツという内容で、今後考える必要のあることである。筆者自身もその問題をクリアーしなければ、自分メディアしてのコンテンツの面白みにかけることになる。

本サイトの活用方法について自問自答

こたにまなぶドットコムのホームページを現在作成しておりますが、どのようなページにするかを思案した結果、私自身がいろいろ作ったコンテンツをすべてこのサイトとリンクさせることがいいと思っています。

もう長年、インターネット場で色々作り込みしておりますが、どこにあるのかも自分自身も忘れてきています。

色々検索して出てきたサイトをこの「こたにまなぶドットコム」と連結させることで、他のサイトも生きてくるのではないでしょうか?

あと、動画の自撮りで色々話している動画ブログもあります。YOUTUBEのチャンネルのネーミングは、「MK放送」とすることにしました。MKとは、Manabu Kotani のイニシャルをとったものです。字画占いでできる限り良い字画になるようにして、いろいろネーミングを考えています。

字画がいいと、なにか幸運が来そうな気持ちになります。迷信かと思われますが、意外とそんなこと関係するなぁとおもうことがあるのです。ということで、今までインターネット上で行ってきたことをまとめて情報を発信できればと思っています。

宜しくお願い致します。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

設定ミスでブログにトラブルが起こり、随分長い間書いていたブログでしたので、復旧しようかと悩みましたが、結論として、復旧せずに新しくブログを作成しました。2021年は、私にとっても新しい時代になると確信しております。コロナ渦で世界的に大変な時代になっております。地球環境、生活環境の激変により、大きく世界が変わろうとしています。長年、外国に出向いて商売をしていましたが、コロナ渦と海外渡航に制限がかかっていることで、中国に出向いて仕事ができなくなりました。そのために、今までのライフスタイル、ビジネススタイルとは違うスタイルに意向することが自身にも求められるようになりました。

新たな気持で、ブログを通じて発信できればとおもっております。

このブログをご覧いただいている皆様も健康に気をつけてご自愛ください。

いち早く、コロナ落ち着き、世界が平和でありますように

過去のブログが壊れましたので、新しく新設します。

新しくブログ開始します。

以前から書いていた「小谷学の中国ビジネス奮闘記」ですが、当然ブログのプラグインを触っていると表示されなくなりました。復旧をさせて見ようかと考えましたが、古い記事とはお別れということをおもったので、新しくブログサイトを作り直すことにしました。

中国ビジネスに特化したブログを書こうと思っていましたが、日々の生活の中でいろいろ自身にも変化がありましたので、必ずしも中国ビジネスだけに特化したものではなくなってきました。

このブログは、何を訴えるべきブログなんだろうかと考えたときに、このドメイン名は、こたにまなぶドットコムという名称ですから、自分自身がコンテンツになり、自身が日々感じていることを記載していくことがいちばん大切であると思いましたので、思いついたことを書いていくことにします。

それと、このサイトはワードプレスを使って書いていますので、中身をいじって、ワードプレスの使い方についてもう少し理解をしたほうが、今度のためだなとおもったので、このサイトを中心にいろいろ研究していきたいと思っています。

中国ビジネス系のブログは他のサイトで書いていきますので、そちらの方も宜しくお願い致します。