ビジネス拠点ということを考えれば東京の中心だけが良いと思えない。

今日はこれは私個人的に好きなことを書いているブログとなりますが私自身が行っている仕事というのは基本的には国際金融と国際貿易と不動産仲介業のこの三ジャンルになります。

ですから基本的に私自身が書いているブログの内容も中国貿易の内容や国際金融の内容そして中国人向けの不動産仲介業者としての内容を多く含んで書いていますこれは私自身のビジネスでもありますのでこのことを響くことによってさまざまな情報またこのことに関心を持っている人々に対してさせればよいと思って日々書いています。

 

しかしここ最近になって中国と日本との関係がますます良くなくなってきているということを考えて結構危惧していると言えば危惧していますただそんなことをいっても隣国であるしまた日本の周辺国というのもほとんど中国系の人ですからこれを無視して終わらせていいのだろうかという気もしますから私自身は個人的には結構中国ビジネスというものを継続的に行っています。

 

ただそのことを考えると中国ビジネスということを考えれば日本国内というとどちらかというと東京都心部というよりも東京の郊外もしくは大阪や福岡などの西側の方が実は中国人にとって良いのかなと思うところはあります首都東京の中心部というのは本当に色々国際都市でもありますのでかなり色々難しさを感じる部分もあります。

 

そういう点でも中心部で中国ビジネスということを言うよりもどちらかというと郊外型というのかまたどちらかというと地方都市つまり大阪名古屋福岡のような首都ではないエリアというのが対象にして物事を考えた方が実はインバウンドビジネスなどを考えても面白さがあるのかなと思います確かに大阪の心斎橋などを見たときはあそこはもう日本でなくなってました。

 

そのように考えるとまあ中国人から見た時に首都東京も一つの重要なエリアかもしれませんがどちらかというと首都を外した考え方というのか商用都市の大阪や福岡の方が面白いのかなというところも感じるところはあります。

最近ネットのニュースなどを見ていると福岡や大阪などが金融特区を申請するということで国が認可をしたというようなニュースが流れていましたのでまあどちらかというとそういうエリアの方が今後面白さが出るのかなと思ったりします確かに東京は中心地で良いのかもしれませんがある意味中国人やアジア人を相手にしたビジネスまたインバウンドを考えたビジネスを行うには西側の街の方が良いのかなということを考えることがありますただ現在は東京のど真ん中でやっていますのでそんな簡単に移せるものではないのでここで行いますがまあ近いうちに西側に行きたいなというところもあります。