小谷 まなぶ のすべての投稿

小谷 まなぶ について

【自己紹介】 ・氏名 小谷 まなぶ ・出身 日本 和歌山県 ・上海暦 15年目  【出身校】  ・高校 近畿大学附属和歌山高校 ・大学 国立 東京商船大学(東京海洋大学) ・留学 上海師範大学 【職暦】 ・東証一部 IT企業 トランスコスモス株式会社 ・東証一部 日系塗料メーカー 上海勤務 ・上海外高橋保税区 日系物流倉庫会社 総経理 ・30歳の時独立 SFE貿易を起業 【運営法人】 中国法人 上海泉能貿易有限公司 香港法人 香港泉能貿易有限公司 日本法人 ジェイアジア合同会社 ■ セミナー実績『講師実績』 ・鳥取県青年会議所 「中国貿易セミナー」 ・名古屋地区青年会議所 「中国ビジネスセミナー」 ・名古屋異業種交流会「旬の会」「中国貿易セミナー」 ・西日本シティ銀行 義烏視察ビジネスセミナー ・新建新聞社主催、中国建材セミナー ・宮崎県ジェトロ主催「中国ビジネスセミナー」 ・上海・東京・福岡にて、自社で主催の「中国ビジネスセミナー」を多数開催 セミナー受講人数 2000名以上 ・その他、上海企業研修時に講師を行なう。 【教育関連】 ・北京大学 EMBAコース講師(中国) ・中京大学 非常勤講師 (日本) ・上海立信会計学院 特別講座講師(中国上海) 【中国関連 人民政府顧問等】 ・江蘇省大豊市 日本企業誘致顧問 ・江蘇省海安県 企業誘致高級顧問 ・上海市 旗忠経済城 誘致顧問 【役職】 ・上海和歌山県人会 幹事 【連載記事】 ・中国の日本語雑誌「SUPERCITY」のWEB版にて『小谷学の手相鑑定』のコーナーを毎月連載 【趣味】 ・ドライブ・旅行(パワースポット巡り)・お寺参り・占い・ スピリチュアルな世界の探求・商売 【好きなもの】 ・自動車・パソコン・アキバ系のもの、多少オタク! ■香港法人 香港泉能貿易有限公司 TEL+852-8170-2900 ■上海法人 【上海泉能貿易有限公司】  2001年11月設立 資本金100万元(1500万円) 社員数 12名 《業務》 貿易代理店 中国建材・家具の日本向け輸出商社 上海進出サポート(会社登記代理) 代理会計サポート 中国企業の紹介 OEM生産のサポート業務 商材調達代理 上海・香港会社登記代理

最近は、日本での仕事が増えているのでブログを書く機会が減っている・・

ここ数か月、ブログの更新をしていませんでしたが、また、少し再開しようかと思っています。最近は、日本国内の事業に焦点を当ててビジネスするようになったので、海外ビジネスの情報を書くチャンスをなくしています。

 

といっても、海外ビジネスは、継続的にルーティンワークは行っていますが、目新しいことをおこなっているわけではないので、特に、それに対する話題に上げることがなくなっているのが現状です。

ビジネスも見る方向性がかわれてば、やり方も変わってきます。

海外ビジネスの場合は、いかに情報を発信するかというところにこだわりが必要ですが、日本国内のビジネスになればどちらかといえば、クローズのなかで行う傾向が強まります。

日本国内でやっていることは、新しく教えなくても国内のことですから目新しさがないので、それをわざわざ論じることもないというのが、私の感覚です。

インターネットでの出会いは、いろいろあったので、継続する価値はあるかとおもいますが、今後、ビジネスの展開についての方向性などを再考している最中ですから、また、いろいろ固まってきたときに、ビジネスの展開についての話をしたいと思います。

ブログ更新再開

最近、こちらのブログを更新していませんでしたが、日本の仕事がどうも忙しくなり、ブログ更新をおこたっていました。これからまたブログを更新していこうかとおもっています。

ビジネスの展開もいろいろ変わり、日本国内でのやるべき案件も見つけましたので、これから色々展開していきます。

 

上海に来ています。上海で中国ビジネスを考える

木曜日に上海に来てから、事務作業、来客などがあり結構忙しかったですが本日、空港にお客様をお見送りをしたら、24日の帰国日までは時間があるので、中国事業をどうするかを考えたいと思っています。

上海の虹橋エリアを見ていると日本人がめっきり減ったなぁと感じています。もうかつての日本人街もほとんど日本人をみないという現象になっており、一時期、世界一日本人が多い街だと言われていた頃が懐かしい。

上海の中心地は家賃、物価は高騰しすぎた結果、結論、低コストをもとめておこなった労働集約型のビジネスは形をなさなくなっています。

中国ビジネスもできる業界、できない業界が色がはっきりしてきていることは事実です。

しかし、私のオフィスが入っている上海市の奉賢区南橋は、上海市内の中心地へ高速経由で車で30分出いける距離ですが、上海の中心地より家賃が4分の1程度で、2005年頃、それ以前の家賃相場で家、オフィスが借りられれます。

中国ビジネスは、面子重視で商売してきたことが今になってマイナスイメージを作りすぎています。

実は、中国全体でいえば、ほんの一部のエリアがバブル的高騰をしているのですが、その地域をはずせば、まだこの価格帯で借りられるの、、と思う価格で、できたりするので、コスト面で中国全土がバカ上がりしたということはないということが言えます。

逆に地方都市、大都市郊外を中心にマックスの時期より不動産価格が下がってきています。
また、賃貸市場も一部の過剰に建設した建物のおかげで、需要の中心地より遠い需要がない地域は、まだまだ安いといえます。

そう考えれば、不動産価格は、日本のほうが購入価格を考えれば、全然利回りの出るというのが、全国的に言えます。

中国市場でビジネスするにはどの地域、どのエリアでビジネスするか、またビジネスのコストを利便性などを考えてどの地域でやったらいいのかなど、考えてやればまだ低コストで中国ビジネスに参入することができるということが言えます。

そういう点を考えても中国でのビジネスはまだ魅力的な面があります。

逆に、多くの日本企業が中国市場がだめだ風潮があまりに強まりすぎたことで撤退を急いだことが今になっては、大きな隙間を作り始めているということが言えるなと思えるようになりました。

いずれにしろ、肌感覚で、日本企業の過疎化がはじまった中国ビジネスは、なにか面白さを感じる材料が逆にでてきたと思うのです。

特殊建材のビジネスについて考える

先日、弊社が手掛けた物件が、店舗建築の有名雑誌、「商店建築」で特集されたということを聞いて、ちょっと思ったことは、特殊建材の事業を長年やってきましたが、もう少し真剣に事業規模拡大していったほうがいいかとおもうのようになりました。

特殊建築という分野は、一般にないものを特注で発注して、オリジナルの建具、家具、インテリア、また、建築資材などもオリジナルのデザイン、素材で作り上げることです。
かなり面倒な仕事のジャンルですが、創作性ということを考えれば面白い仕事です。

15年も中国でその分野の仕事を行いましたので、技術的にはかなりアップしましたが、あまり、自分自身は専門家という感じでは意識していなかったのですが、いつの間にか、評価を得られる仕事ができるようになったことを考えれば、この分野、もっと伸ばしてもいいのかと思うようになりました。

建築分野もいろいろ考えて仕事していきます。
特殊建材などの専門職、

できる限り、海外製造で安く特注製造を支援することが私の仕事かもしれません。
この分野のニーズは続いています。

新渡来人社会構造

都心部は、かつてはドーナツ化現象といい都心の不動産高騰しすぎたことで郊外に人が住むようになったが、今は、逆に都心部のマンションが高層化したことで、山の手の人口が増えてきている。逆に郊外のかつての高級住宅地と言われたエリアは、空き家が目立ち、それが社会問題になってきている。

そこに人を呼び込もうとおもっても、今の若い人は、郊外の広い一戸建てより、狭くても都心の利便性の高いマンションを選ぶ傾向が強い。逆に、港区などを見ていると少し古い建物のある土地はどんどん立て壊しして新しいマンションを建てている。まさに、隙間があれば、ぎりぎりまで建物を建てるという感じなってきている。

これはアジア人特徴だと思うが、狭くても利便性の高いエリアにぎゅうぎゅうになって生活することを好む傾向がある。

面白い傾向を感じている。
外国人観光客の日本旅行のリピーターは、大都市を目指すより日本の秘境を目指したいとおもっているが、そこに日本人がいなくなり、観光産業を運営する人がいなくなっている。

逆に、日本人がやらないので、外国人の若者が日本の秘境でゲストハウスなどを運営しているケースもある。

なんだか、日本の産業構造が、日本人が都心に集中して、外国人の意識が地方に向いている。

まさに、新渡来人社会が生まれようとしている。
本来いる住民は、都心部の城壁になかに住みたがり、渡来人は、新しい土地を求めて、日本各地に散らばる社会構造、新渡来人社会構造とでもいえるだろう。

観光産業

先進国になり製造業を自国で行わなくなってくると、金融と観光以外、外貨収入を得る方法がなくなってくる。

日本は、まさにその道を歩もうとしている。
都内や、行楽地を移動していて思うことは、ここ数年、毎年のように外国人が増えてきているのが、目に見えて感じる。

昨日、銀座の居酒屋で食事したが、居酒屋にいる客の半数が、外国人という感じがした。なんだか、不思議な感じがした。

不動産の状況を見ているとかつてのリゾートブームに乗って地方のリゾート観光ホテルが多数開発されたが、その当時の経営者が高齢化してきており、引き続てがないことで廃業が増えている。

仕事がらホテルや一棟収益物件の不動産を取り扱っているとそんな経営者の人の話を聞くことが多い。

外国人観光客の観光ブームがいま到来してきているのに、それに対応したビジネスをする日本人が多くない。逆に、中華圏の人のほうが、日本の観光産業に積極的に投資している感じをうけるのは、不思議な感じがする。

確かに、ホテルや不動産施設をもって事業することは、リスクが大きい仕事だ。大きな初期投資も必要になる。

このままでは、日本の観光産業は、外資にどんどん押されていく気がしてならない。

EU諸国のビジネスへ

EU諸国のビジネスへ
 
先日、某EU加盟国の大使館に行って色々話を伺った際に、EUが行っている話について話を伺いました。
 
インターネットでいろ色海外の情報について調べていますが、アジア諸国以外のビジネスに対する情報が意外とすくなく、日本からEU諸国も遠いこともあり、情報が非常に少なく、どうしたら展開できるのかまったくわかりませんでした。
そこで、、EU諸国の大使館の経済部門に連絡をして話を聞いたほうが早いと思っていってきました。
 
千代田区の某所にある大使館に行って話を聞いてきました。海外ビジネスを展開するということは、なにか本当に足掛かりがなければ行えないです。
 
EU加盟国でのビジネスは、過去は国や地域で、制度の違いなどありましたが、今は、各国の制度をほとんど同じにしようという動きがあるようです。
法人税率なども各国で違うのですが、かつては、税制優遇地域で本部を持ち、その本部所在地の税制を利用していたそうですが、今は、そのような特別地域の税制利用を使うことができなくなり、それぞれ、消費した地域できまった税率を課すという制度になっているということでした。
 
EUも過去から比べてビジネスに対して整理をつけているのだなとおもいました。
 
ユーラシア大陸の東と西で何かビジネスができればと思っています。
 
今後、色々研究して、中国、アジアビジネスとEUなどのビジネスなどもつなぐことができればいいと、夢をもっています。

アジア以外の海外展開も視野にいれて

 

最近は、寝る以外はほんとど事務所でむしむし仕事をしています。夜中の2時ですがまだ事務所で仕事中、仕事とってもインターネットのコンテンツ制作と、メールなどの返信など、一日17時間くらいパソコンに向かって仕事してます。

自営業者は、仕事をやり始めたら、どこで残業、どこで終わりという風な規定がないので、起きているおとき、寝ているときも仕事のことを考えている。

ほんと、どこに結果があるか、結果を出すためのひたすら旅に出かけているような気分です。

先日、海外ビジネス展開で、アジア以外の地域にいってみたいと思いもあり、先日はヨーロッパの某国の大使館にお邪魔して、外資系企業の進出の状況、法人登記についての話をきいてきました。

株式会社と有限責任会社と2種類の登記する方法があるということを伺いました。

私の場合は、株の売買、譲渡などを考えていないので、有限責任会社でいいとおもいました、
投資金額もおもったよりも高くなく、法人設立に関しては、ある程度の資本金支払い条件さえみたせば、できるなという感触がありました。

今後、海外ビジネス展開についてもいろいろ検討してく必要があるかとおもいました。

中国に進出する時代終わり、中国に売却する時代へ

中国ビジネスで外資が儲ける時代は、完全に終わっています。簡単にいえば、外資の技術、企業を丸ごと買収して、中国企業が自分たちの味付けで育てようと考えているからです。外資が去ろうとお構いなしだというのは、出て行っても、外資の最先端技術を金で買えばいいという考え方です。
簡単に言えば、中国でまともに商売しようとおもったら、外資は、中国マネーに飲み込まれてしまいます。

中国国内の中国企業の資金があまりに住宅にあることで外国からお金を持ってきてビジネスをしても、中国企業に飲み込まれるだけです。

中国製造で海外に向けて輸出するような仕事はいいかもしれませんが、今の時代、中国国内で事業展開して大きくするなど考えることは、時間の無駄といえるでしょう。

では、中国でどんなビジネスをすればいいのでしょうか?

投資したいと狙っている大型ファンドのもつ中国企業に技術、企業の一部などを売却することがビジネスとして手っ取り早い仕事になります。
もし、その感覚がなければ、中国でビジネスしないほうがいいと思います。
いい時に、高く売る。企業も技術も相場の世界になっています。

日本で活用しきれていない素晴らしい特許技術や、技術があるが、資金繰りの厳しい企業などは、中国ファンドに売って、金融商品をつくったほうが、利益を得れるのが、今の中国ビジネス。

中国に何かを売り込む時代は終わり、企業のビジネスモデルが金融商品として中国市場に売却するのが、中国ビジネスで利益を得る方法だと思っています。

日本企業にとって、中国ビジネスは、進出よりも中国市場に売却の時代になっています。

中国企業のマネーゲーム

中国ビジネスを行っていると中國企業から日本企業のM&Aや技術特許を売ってほしいなどの相談がある。日本の技術流出だといわれますが、日本ではさほど儲からない技術を大事に持っていても企業は助からないと思って、外国企業の売却を決める場合が増えています。
弊社も、不動産売却を行っているのですが、同時に、不動産以外にも企業のM&A案件の仲介なども頼まれることが増えてきました。

ある意味、私は企業売却する貿易だなと思っています。
技術系企業を中国企業が買いたがる理由としては、日本の最先端技術を導入することで、話題性を作り株価の高騰を狙いたい。また、新しい技術導入で企業を上場させるという技術とマネーゲームが流行っています。

実際の売り上げも重要ですが、投資マネーから得る利益のほうがおおきく、事業の成功よりも、投資の成功を求める傾向が強く、株価が高騰して、事業としては、数年できればそれでokという考えかたが投資家の中では一般化しています。

ある意味、企業も技術特許も金融商品にすぎないというのが、今の中国ビジネスの現状です。

多くの投資ファンドは、投資先を探しています。
ビジネスを考えるならば、高く売れる時に、企業でも技術でも高く売ってしまうので、いいのがいまのビジネスの世界です。
まさに、金融商品のチャートのようなものです。

日本の景気

バブル経済は、1986年から1991年まで続いた好景気のことですが、その後、20年以上不景気の日本、昨年度の新築マンションの平均価格は、バブル景気以後、最高値を示したということです。しかし、実質経済で本当に好景気かといえば、疑問に思うことがおおいのですが、実際には、金融業界だけは、株価の高値など、金融緩和により、好調だといわれている。

日本の経済を見ているときに、不動産業を行っていると景気の動向を感じやすい。不動産の高額物件の動きがいいのは、一部の外国人投資家や日本人でも金融関連の投資家、いわゆる投資家といわれる人々の資産が増えていることに気付く。

しかし、労働者の所得は、非常に下がってきており、増える要素は、なかなかない。

ある意味、社会システムがバブル経済時期と全く変わっていることがわかる。バブル経済は、実質経済のバブル、現在のバブルは、バーチャル経済のバブルになっている。

しかし、周期的に言えば、景気は底をついた感じもするので、今年、来年から実質経済に影響も与えてくるものかと思われる。しかし、オリンピック前には、一度は不景気に一瞬になる傾向があるので、今年の中盤は、落ち込み、そして、Vターンするのではないだろうかと予想している。

バブル景気(バブルけいき、英: bubble boom)は、景気動向指数(CI)上は、1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月[1]までの51か月間に、日本で起こった資産価格の上昇と好景気、およびそれに付随して起こった社会現…..
JA.WIKIPEDIA.ORG