小谷 まなぶ のすべての投稿

小谷 まなぶ について

【自己紹介】 ・氏名 小谷 まなぶ ・出身 日本 和歌山県 ・上海暦 15年目  【出身校】  ・高校 近畿大学附属和歌山高校 ・大学 国立 東京商船大学(東京海洋大学) ・留学 上海師範大学 【職暦】 ・東証一部 IT企業 トランスコスモス株式会社 ・東証一部 日系塗料メーカー 上海勤務 ・上海外高橋保税区 日系物流倉庫会社 総経理 ・30歳の時独立 SFE貿易を起業 【運営法人】 中国法人 上海泉能貿易有限公司 香港法人 香港泉能貿易有限公司 日本法人 ジェイアジア合同会社 ■ セミナー実績『講師実績』 ・鳥取県青年会議所 「中国貿易セミナー」 ・名古屋地区青年会議所 「中国ビジネスセミナー」 ・名古屋異業種交流会「旬の会」「中国貿易セミナー」 ・西日本シティ銀行 義烏視察ビジネスセミナー ・新建新聞社主催、中国建材セミナー ・宮崎県ジェトロ主催「中国ビジネスセミナー」 ・上海・東京・福岡にて、自社で主催の「中国ビジネスセミナー」を多数開催 セミナー受講人数 2000名以上 ・その他、上海企業研修時に講師を行なう。 【教育関連】 ・北京大学 EMBAコース講師(中国) ・中京大学 非常勤講師 (日本) ・上海立信会計学院 特別講座講師(中国上海) 【中国関連 人民政府顧問等】 ・江蘇省大豊市 日本企業誘致顧問 ・江蘇省海安県 企業誘致高級顧問 ・上海市 旗忠経済城 誘致顧問 【役職】 ・上海和歌山県人会 幹事 【連載記事】 ・中国の日本語雑誌「SUPERCITY」のWEB版にて『小谷学の手相鑑定』のコーナーを毎月連載 【趣味】 ・ドライブ・旅行(パワースポット巡り)・お寺参り・占い・ スピリチュアルな世界の探求・商売 【好きなもの】 ・自動車・パソコン・アキバ系のもの、多少オタク! ■香港法人 香港泉能貿易有限公司 TEL+852-8170-2900 ■上海法人 【上海泉能貿易有限公司】  2001年11月設立 資本金100万元(1500万円) 社員数 12名 《業務》 貿易代理店 中国建材・家具の日本向け輸出商社 上海進出サポート(会社登記代理) 代理会計サポート 中国企業の紹介 OEM生産のサポート業務 商材調達代理 上海・香港会社登記代理

ガチでやりたいことを実現したい。

ライフスタイルというものを考えることがあります。自分が一番好きなことをして生きる。それはなんだろうか?と思うことがあります。確かにビジネスの話をするのは面白いですが、自分の一番好きな趣味は、ちょっと古い中古車を買ってきて、ガチガチいじる事言うことです。高級車を新車で買うという選択もいいかとおもいますが、個人的には、ちょっとボロい中古車を買ってきて、ガチガチ、自分の好みにリベアーして乗るのが面白いと思います。ですから、ちょっと郊外、ちょっと大きい倉庫?ガレージをもって、そこでガチガチ車をいじれる環境があれば、楽しいだろうと思うのです。
 
また、自分の車を仕入れるために中古車オークションの資格も登録しようと思っています。
 
なんどか、中古車屋の商売をしようかとおもったことがありますが、今は儲かる商売とはあまり思えないので、どちらかといえば、自分のための面白さを追求した趣味で何かをするのが楽しくていいかと思っています。
 
アフターコロナでやりたい構想を心のなかで描いています。
今後のやりたいことを描くことができれば、未来は明るいとおもっています。
確かに、コロナで影響でライフスタイル、ビジネスでは良くも悪くも影響が出ています。
 
多角的にビジネスを捉えて、この時代を乗り切りましょう。

思い出の中国のカーライフ!

10数年前に僕ことをブログで紹介してくれていたのですね。懐かしい。 上海で確か2002年に新車で買った吉利という車、確か、新車で5万元で買いましたが、かなり壊れましたが、この車運転して、一番遠くは、上海から深セン(香港との境界線の近くまで)行って、駐車場に車停めて、香港に行ったことが懐かしいです。ボロボロでしたが、最後は、下取り5000元で売れたので、すごいとおもいました。新車から約18万キロ乗りました。上海で一番はじめに買った車、その後、ヒュンダイのミニバン、アメ車のダッチキャラバンというミニバン、その後は、ローバーを買って、一時期日本に戻ってから、もう一度上海行ってから、GMのミニバンGL8を乗り、フォルクスワーゲーンのサンタナ、フォルクスワーゲンのポロ、そして、中国車の中華というメーカーの乗用車をのりました。結構、中国のでもいろいろ車を買いました。日本でも何十台も買い替えたので、かなり車好きです。

http://326.blog34.fc2.com/blog-entry-222.html

旅に出たい思いがあるが・・・

コロナウイルスの流行後、全く海外に出かけていません。というか、東京からもほとんど出れない状況。時々、近所を車で移動して買い物に行く程度の生活が続いています。そろそろ、遠くに行きたいという願望がでているのですが、今の状況ですから、しょうがないですよね。ほとんどが、自宅と事務所でテレワーク中というスタイルで生きています。ある意味、無駄が減って、効率化しているのですが、まあ、人生は無駄があることが楽しいのかもしれません。実は、テレワークを積極的に取り入れれば、仕事の連絡業務の効率は上がっています。
人と人が直接会わないので、イノベーションが起こりにくいかもしれませんが、連絡業務だけですと、このスタイルで十分かと思います。
 
しかし、遠くに旅に出たい!という願望が増しています。最近は、グーグル・マップを見て、ユーチューブを見て旅にでかけた気分になっています。ストリートビューで町並みは、世界の主要都市は、ほとんど確認できるので、実は行かなくても状況は詳しく知れるようになっています。
 
ほとんどバーチャルな世界で体験できる時代ですね。
でも、移動してそこまで行ったという達成感はありませんが、あと何ヶ月、何年後にこの状況が変わるのかわかりませんが、それまでその思いを我慢して、次のステップにいろいろ備えたいとおもいます。

来月中旬から動き出すか、日本の現場?

自宅待機と言われいますが、いつまでこの状況が続くのでしょう。長期化すれば、商売になりませんが、最近は、5月中旬、6月から再開しようという動きが見えます。いずれにしろ2月から5月まで仕事が止まったとして、4ヶ月仕事がとまっているので、これは、企業にとっては大打撃です。とりあえず、テレワークでできる仕事をメインに行っています。

念力の世界

最近、日本に帰ってきてから忘れていましたが、引き寄せの法則や、念力の世界、守護神の世界などを以前は随分追求したものでした。その理由は、中国で長年生きていくために常に運試しの日々だったから、最後は念力、超能力の世界を極めたいというものになります。

6年ほど前に日本に戻ってきてからは、日本人として日本で生きるには、それほど超能力の世界を極めようと思わなくても環境が、日本語で、周囲が日本人であるのでそこまで、感じることがなかったのですが、さすがに、コロナの影響で人間的努力でなにか解決できないとなれば、ここは念力、超能力の世界にまた興味がでてくるわけです。

ある意味、生きるためのセンサーを最大限にゲージを上げ、そして、何かを行う必要が出てきます。

コロナ流行のおかけで、中国でいたときのように、念力や気功などの世界に興味がわいてきました。

これ一人でできる世界ですから、あまり外出もできないので、その世界を極めようと思っています。

あとは、思ったことはできる限り、メッセージを残すことにします。

情報ビジネス

新型コロナウイルスの問題は、いつ解決するか、まったくわかりません。今後、いい薬ができるかとおもいますが、薬ができても、ここまで広がると新型コロナウイルスが世界から消えることはないでしょう。

封じ込みをするといっても正直、無理な話だと感じています。

そうなれば、生き方、働き方、また、収入の得る方法を今まで通りの展開ではできなくなってきます。

まったく新しいやり方に転換していく必要があります。
人が人にサービスをして、仕事をすることで、価値を見出すビジネスモデルは、人と人との接触を禁じる世界になると、成立しなくなります。そうなれば、映像コンテンツが重要になります。
もしくは、文字情報が重要になります。

すなわち、人と会わないでできるビジネスは、情報ビジネスです。最低限の食料と、必要なエネルギー、衣食住があれば、あとは、人の欲する情報を提供することがビジネスになります。

いずれにしろ、テレワークでもできる情報ビジネスが重要になるということを考えて、ビジネスの展開を考えて行きます。

人と人は、会わずに、チャットでつながればいいのです。
情報ネットワークによる仕事、

10年ほど前に会社がなくなるということを話していたコンサルタントがいましたが、テレワークを中心に仕事を行う時代になれば、会社という箱が重要ではなくなってきます。

みんな個人事業主として、何かの情報、ターゲットに向けてビジネスする環境を継続することになります。

そういう時代になるのでしょう、

この状況はいつまで続くか・・・飽きないで商いする

今日も朝からテレワークをして、日本国内、海外の取引先と連絡を取りながら仕事をしています。もともと、遠くにいる人との連絡業務がほとんどのうちの会社のビジネスモデルの場合、事務所で連絡しようが、モバイル端末をもって、どこから連絡しようが、作業は何も変わりません。お互いに伝えたい情報が伝わればOKですので、いまのところテレワークで作業の影響はでていません。
 
しかし、春節後は、うちの中国貿易のビジネスは影響出ています。発注した分の商品は、製造は3月半ばからスタートしていますが、新規の話がなかなかないですね。
 
うちは、特に建築資材関連の貿易を行っているので、日本中で商用施設を閉鎖しているなかで、新規に店舗内装などを行う案件がほとんどないのでしょうね。
 
そりゃ、今の時代が悪いと思って、あきらめましょう。
 
いろんな角度で商売を考えていますので、できる仕事からやっていくことにします。
 
商売は山あり谷あり、あきないで、商い(あきない)を続けることですね。

2,020/4/1 動画ブログ

こんにちは、最近は、コロナウイルスの影響がいろいろでていますが、最近の状況についてブログで話をしています。

中国貿易業務は、やっと動きはじめました。通常どおりの仕事似ができるようになっています。

不動産業務については、現在の状況は、投資者は様子見という感じです。不動産投資家からの売却依頼の方が増える傾向かと思います。