月別アーカイブ: 2018年1月

中国に進出する時代終わり、中国に売却する時代へ

中国ビジネスで外資が儲ける時代は、完全に終わっています。簡単にいえば、外資の技術、企業を丸ごと買収して、中国企業が自分たちの味付けで育てようと考えているからです。外資が去ろうとお構いなしだというのは、出て行っても、外資の最先端技術を金で買えばいいという考え方です。
簡単に言えば、中国でまともに商売しようとおもったら、外資は、中国マネーに飲み込まれてしまいます。

中国国内の中国企業の資金があまりに住宅にあることで外国からお金を持ってきてビジネスをしても、中国企業に飲み込まれるだけです。

中国製造で海外に向けて輸出するような仕事はいいかもしれませんが、今の時代、中国国内で事業展開して大きくするなど考えることは、時間の無駄といえるでしょう。

では、中国でどんなビジネスをすればいいのでしょうか?

投資したいと狙っている大型ファンドのもつ中国企業に技術、企業の一部などを売却することがビジネスとして手っ取り早い仕事になります。
もし、その感覚がなければ、中国でビジネスしないほうがいいと思います。
いい時に、高く売る。企業も技術も相場の世界になっています。

日本で活用しきれていない素晴らしい特許技術や、技術があるが、資金繰りの厳しい企業などは、中国ファンドに売って、金融商品をつくったほうが、利益を得れるのが、今の中国ビジネス。

中国に何かを売り込む時代は終わり、企業のビジネスモデルが金融商品として中国市場に売却するのが、中国ビジネスで利益を得る方法だと思っています。

日本企業にとって、中国ビジネスは、進出よりも中国市場に売却の時代になっています。

中国企業のマネーゲーム

中国ビジネスを行っていると中國企業から日本企業のM&Aや技術特許を売ってほしいなどの相談がある。日本の技術流出だといわれますが、日本ではさほど儲からない技術を大事に持っていても企業は助からないと思って、外国企業の売却を決める場合が増えています。
弊社も、不動産売却を行っているのですが、同時に、不動産以外にも企業のM&A案件の仲介なども頼まれることが増えてきました。

ある意味、私は企業売却する貿易だなと思っています。
技術系企業を中国企業が買いたがる理由としては、日本の最先端技術を導入することで、話題性を作り株価の高騰を狙いたい。また、新しい技術導入で企業を上場させるという技術とマネーゲームが流行っています。

実際の売り上げも重要ですが、投資マネーから得る利益のほうがおおきく、事業の成功よりも、投資の成功を求める傾向が強く、株価が高騰して、事業としては、数年できればそれでokという考えかたが投資家の中では一般化しています。

ある意味、企業も技術特許も金融商品にすぎないというのが、今の中国ビジネスの現状です。

多くの投資ファンドは、投資先を探しています。
ビジネスを考えるならば、高く売れる時に、企業でも技術でも高く売ってしまうので、いいのがいまのビジネスの世界です。
まさに、金融商品のチャートのようなものです。

日本の景気

バブル経済は、1986年から1991年まで続いた好景気のことですが、その後、20年以上不景気の日本、昨年度の新築マンションの平均価格は、バブル景気以後、最高値を示したということです。しかし、実質経済で本当に好景気かといえば、疑問に思うことがおおいのですが、実際には、金融業界だけは、株価の高値など、金融緩和により、好調だといわれている。

日本の経済を見ているときに、不動産業を行っていると景気の動向を感じやすい。不動産の高額物件の動きがいいのは、一部の外国人投資家や日本人でも金融関連の投資家、いわゆる投資家といわれる人々の資産が増えていることに気付く。

しかし、労働者の所得は、非常に下がってきており、増える要素は、なかなかない。

ある意味、社会システムがバブル経済時期と全く変わっていることがわかる。バブル経済は、実質経済のバブル、現在のバブルは、バーチャル経済のバブルになっている。

しかし、周期的に言えば、景気は底をついた感じもするので、今年、来年から実質経済に影響も与えてくるものかと思われる。しかし、オリンピック前には、一度は不景気に一瞬になる傾向があるので、今年の中盤は、落ち込み、そして、Vターンするのではないだろうかと予想している。

バブル景気(バブルけいき、英: bubble boom)は、景気動向指数(CI)上は、1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月[1]までの51か月間に、日本で起こった資産価格の上昇と好景気、およびそれに付随して起こった社会現…..
JA.WIKIPEDIA.ORG

中国のインターネット規制は、東京に有利に働くだろう

中国ビジネスのあり方を考えるとき、中国ビジネスと中国ビジネス以外 というジャンル分けが必要になってきた。日本のサーバーと繋いで仕事しているのに、VPNを通しても、切ってくる。もはや、中国は、中国国内でクローズした世界でビジネスする。中国以外の国のビジネスは、中国を抜いて考えて行う。という場合分けが必要だと思う。

中国の豊かさや IT技術の進歩が話題になって驚かされたが、それも慣れてくると、だから何と言いたくなる。言い換えれば、中国は、ちょっと前まで死ぬほど不便だったが、いきなり、対応良くなったことが突然の変化に感動しているだけだろう。2012年から2015年の間の中国の携帯電話決済のシステムの進化はすごかった。しかし、そのインフラもできれば、次の大きな飛躍がどこにあるのかわからないというのも事実だろう。できなかったことができるようになるとその瞬間は感動がある。しかし、2年以上それになれると、次のカードがあまり見えないことに気づく。

日本は不便かといえば、都心部で生活していたら間違いなく日本のほうが便利である。だから、便利さだけをもとめるなら、東京の中心部に住む価値が高い。

中国も田舎が存在するので、中国の田舎は不便さがある。中国は、国がでかいので、移動を考えるなら、スマートシティーを目指したほうが、無難である。

それを考えたら、アジアの便利とし東京の価値は、高い・

東京の山手圏内の不動産価値は落ちないだろう。
東京の都心部の不動産を中国の本当の金持ちは結構買っている。とくに、港区の3Aと言われる・「赤坂、青山、麻布」は、人気が高い。もともと3A地域は、大使館が多いので欧米人が多く住んでいたが。最近は、中華圏の本当の富裕者層が増えている。

日本で生活してで外でオフショアビジネスをするならば、日本はいいだろう。日本国内で商売を考えたらあまり、良さが見えてこないが、、、

すなわち、山手圏内で世界をして、海外との連絡をしながら収益は、海外法人が作り上げるビジネスモデルは、グローバルビオジネスマンにとって価値がある。

中国がインターネット規制を強化したことはアジアのビジネス拠点の発信基地、ヘッドオフィスとしてコントロールする場所として逆に東京の価値が出てくる。

中国企業の日本進出の裏には、中国の対外ビジネス規制など、不便なことが増えてきていることが、回避エリアとしての日本が考えられいるのではないかとも思える。

東京の自由金融都市化が進めば、山手圏内は付加価値が飛躍するだろう。

中国ビジネス、あまりにネット規制が厳しくて中国から日本の仕事ができない

中国ビジネスもさすがに、厳しさを感じるようになってきた。

なぜなら、あまりに中國から日本の仕事をするには、ネットの規制が多すぎることである。ある意味、中国国内は中国国内だけの仕事するために行く。中国以外の仕事は中国から行えないというまさに、ネット鎖国的な動きを感じる。昨年度、VPNを通して海外のサイトにつなぐことを規制するということを言っていたが、今年になってからその規制は、まさに、中国から日本の仕事ができないくらいのレベルになってきた。

アジアから世界へ 一路一帯と話しているが、インフラは整備しても、中国のネットの鎖国度は、ひどいと感じた。

中国と日本との仕事を同時に、中国側からコントロールしたおもって仕事しているビジネスマンにとっては、正直、話にならないというが答えだろう。

おもったことを話してます。

 

 

18日から上海へ

日本の正月が終わってから、日本でばたばた打ち合わせ等があり、上海に行くことができてきませんでしたが、18日の飛行機で上海に行くことにしています。

来週は、数件、中国ビジネス関連の人とあって打ち合わせして、中国の現地法人の仕事をすることにします。

たしかに、インターネットがあれば、仕事の多くはインターネット経由、また、スマートフォンのアプリで行うことができるのですが、現地にいかなければ感覚がずれてきます。

仕事も長年続けているとパターン化していくのですが、パターン化してマンネリ化しないようにするのも大切ですね。さて、本年も頑張っていきましょう。

 

中国の経済開発区は日本の特許技術に投資したがっている。

中国の経済開発区からよく「日本のまだ花開いていない特許技術に投資したいという相談をされる」

日本には、面白い発明をする人がたくさんいるが、多くは、特許権者による考え方の問題やまた、周囲の取り巻きによって技術がうまく拡散できず、そのまま時間が過ぎ、完全にお蔵入りするケースをたくさん見てきました。

しかし、そんなお蔵入りする前に、光を与えたいと考えている中国経済開発区の投資ファンドがあります。

本日はそんな話をしています。

 

 

日本の技術と中国へのマッチング

今日は、環境問題に取り組む友人が弊社に来てくれた。

日本の土壌改良技術はなかなかすごいものがあります。動画などをみせてもらいましたが、汚物が、一気に沈殿して下にたまり、上部の水はすごくきれいになるというまた不思議な触媒的なものをみました。

中国は環境問題で政府がかなり力を入れて浄化をしようと動いています。

日本の技術も中国の投資会社などにも紹介していこうかと考えています。

現在、中国法人のある南通市の経済開発区では、優秀な技術を持った外国企業の進出を支援していますので、政府関係者に紹介してもいいかと思っています。

どうかわかりませんが、情報と人をつなぐことが私の仕事ですから、積極的に話をすすめて行ければと思っています。

フェイスブックのアカウント廃止します。

長年使っていたフェイスブックですが、アカウントを廃止することにしました。

フェイスブックは便利でいいのですが、便利すぎて個人情報をあまりにも取得されていることに

きになっていましたので、やめます。

以後。ブログか、ツイッターでつぶやくことにします。

よろしくお願いいたします。