月別アーカイブ: 2016年9月

スケジュール

(スケジュール)

9月22日に東京に戻ってきてから、中国関連事業と建築関連の仕事で多数打合せをしました。本日は、足立区の創業支援担当のインキュベーションマネージャと打ち合わせになります。午後からは、日本と中国と間で行う不動産事業についての打合せ、中国、建築、不動産と毎日忙しく動いています。週末は、新規案件の建築現場の視察と打ち合わせ、来週月曜日は、中国ビジネスセミナー、10月4日の午後便で上海に向かいます・・・大体2週間ほど上海で現地メーカーと打ち合わせをして、10月20日前後に日本に帰国予定です。

コンテナハウスの世界

(コンテナハウスの世界)

先日から毎日、収益物件とコンテナハウスということで、不動産関連の打合せを都内各所で行っています。

2つの道を選択できるように考えています。
1、中国製コンテナハウス をJIS規格で製造販売する。

2、日本製のコンテナハウスで、3階建てまで可能にする。

先日、友人のやっている日本国内の鉄工所と話をしてきました。
基本的には、建築基準法的に言えば、中国製コンテナハウスでは、3階建てにするのは難しい面がありますので、中国製ではなく、日本国内の製造も視野にいて検討しています。

友人の会社が類似商品をつくっていたことで、話をした結果、かなり国産コンテナハウスの製造も道が開けてきました。

海外から輸入する物は、コスト重視、国産のものは、3階建てを可能にして、あらゆる土地の形状にも対応できるように建物を建設する形を計画しています。

建物も、モジュラー化して、世界の物流企画に合わせたものになっていくと考えています。

ローコストであり、そして、モジュラー住宅の魅力に取りつかれました。これは、どうしても実現させなくてはいけません。

日本全国 格安コンテナハウス建設対応可能です!

(日本全国 格安コンテナハウス建設対応可能です!)

コンテハウスの話が盛り上がっていますが、日本全国、建設可能です。建築確認、設計など専属の設計士が対応します。施工管理も対応できます。コンテハウスのキットのみの販売もしますので、日本全国に格安コンテナハウスを普及して、収益につながる仕事を提案していきます。基本的なコンセプトは、コンテハウスのキット販売、また、建築を委託したい人は、建築確認、工事まで対応します。水回り、電気、ガス工事も対応します。

ゲストハウス 民泊物件の100㎡の壁

ゲストハウス 民泊物件の100㎡の壁)

基本的にゲストハウスは、33㎡以上、100㎡以下で行うと手続き上簡単であることが言えます。簡易宿所にすると宿泊日数は関係ありませんので、簡易宿所の場合、宿泊人数に対してトイレの数が関係してきます。1.5㎡に1人を泊めることができるといことです。共用部分などがいりますが、90㎡のコンテハウスにマックス30人くらい宿泊できる施設を作ることができますが、ちょっと狭苦しいかな・・・

建物用途と床面積 ゲストハウスの運営を計画する中でかなりの確立で直面する問題が床面積100㎡です。…
guesthouse.officeken.jp

100㎡以下の建物で民泊物件、簡易宿所をコンテナハウスで作る

(100㎡以下の建物で民泊物件、簡易宿所をコンテナハウスで作る)

宿泊施設は、消防施設の導入が結構大変です。しかし、100㎡以下の物件は、消防設備に対してあまり厳しくないのがいいのです。

100㎡以下の面積で簡易宿所、民泊物件をオリジナルで設計っするメリット、またコンテハウスを活用する方法が考えられます。格安のコンテハウスキットの活用方法として、100㎡以下の簡易宿所、民泊物件が実は結構価値があるかもしれません。

中国製コンテナハウスの空間設計

(中国製コンテナハウスの空間設計)

坪単価10万円台のコンテナハウスを中国から輸入して、如何に内装をするかということがポイントになります。

内装設計は、さすがにすべて中国で行うということは、しなう方がいいかもしれません。ただ単に、私が思うに、コンテナハウスのキットを中国から輸入して、あとは自分の土地に、あった形でのコンテナ接続をして空間設計を行ういます。

内装に関しては、日本で内装業者と一緒に設計することで、日本式、洋式などの自由設計が可能です。

基本的には、空間があれば、スケルトンで内装仕上げをする感覚は、テナントの店舗設計と同じ感覚で出来上がります。

そんな空間の提案をして、楽しい住空間を管がるのが、コンテナハウスの活用して最高ですね。

201303271241201 u28658963181461731352fm21gp0 u311539545340525399fm21gp0 u39891219702596497107fm21gp0

 

コンテナハウスの可能性

(コンテナハウスの可能性)

中国仕入れの価格の坪単価が10万円台のコンテナハウス、日本に持ってきて施工しても結構、格安で制作可能です。壁にどんなサイディングを貼るか、また、 屋根の活用、外観をどうするか、また、コンテナハウスをどう接続するかなどで、いろいろ面白いアイデアのコンテナハウスを作ることできます。

2F建て以上の場合は、日本での建築許可は難しい面も持っていますが、平屋建てのコンテナハウスですとJIS鋼材で作っている場合には、建築許可はおります。

私は、提案したいのが、中国製コンテナハウスをいかに活用して格安で自分の好きな空間を作るかということです。

建築系をやっている人なら、この空間設計ビジネスって値段を考えてもかなり興味深い仕事になると思います。

1417 c6623580-bae5-41fb-bc8b-6ed740bf3979 index jj1

10月3日 中国ビジネスセミナーの案内!!

残り10名です。

無料セミナーですが、現地の生情報を発信します。

中国ビジネスに興味がある方。是非ご参加ください!!

 

kaigi tokyo %e5%9c%b0%e5%9b%b3

お世話になっております。

平素は、蘇州佳喜喜貿易有限公司(董事長 小谷まなぶ)をご贔屓にいただき、ありがとうございます!

しばらくぶりのメールマガジンです。皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしたでしょうか。私は一時、体調を崩しておりましたが、現在、回復し、中国上海・九亭を中心に中国ビジネスを以前同様、再開いたしております。

さて、つきましては、少々日程が急ではありますが、現在、目まぐるしく変わる中国ビジネス市場の動向を、どうビジネスに役立てるのか?

中国ビジネスセミナーを開始させていただくはこびとなりました。お時間許す方は、ご参加いただければ幸いです。

今回の内容は、急な割に、結構濃厚な内容になると思います。

1、 「外資法人」の登記(日本人でも簡単に登記できる方法があります。)

2、 上海に事務所を開設方法

3、 上海以外の地域での進出の利点及び方法

4、 中国ビザについて

5、 中国の運転免許証

6、 中国と日本の越境ビジネス

7、 中国の仮想通貨をビジネスにどう生かすのか?

等、いつものとおり、お客様のご要望をお聞きしてからどの部分の内容を重点的にお話していくか、決めさせていただきたいと思います。

≪ 小谷 学の中国ビジネスセミナー IN 東京 ≫

■開催日時 2016年10月3日(月) 午後2時~午後4時半
■場所 東京都足立区千住1-4-1
東京芸術センター 9階 会議室4

蘇州佳喜喜貿易有限公司 董事長 兼 総経理

株式会社ジャシボマーケティング 代表取締役

その他、肩書多数

■テーマ 『中国進出・中国貿易セミナー』
内容
『中国進出に関する基礎知識
法人登記の方法  上海外資法人、
中国貿易の基本

その他
スピーディーな中国ビジネスをどう活用していくか必要な知識全般』
■参加費用 無料
■定員 15名

お申込は、下記メールへご連絡下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Email :   13127552285@163.com

高嶺の花だったニュータウンは、もうすぐお化けタウンになるかも? それを活用するには・・・

(高嶺の花だったニュータウンは、もうすぐお化けタウンになるかも? それを活用するには・・・)

高度成長期と言われる時代、すなわち、団塊世代、第一次ベビーブームの時代の方々購入した住居が今や、高齢化と空き家問題が日々大きな問題になるなっています。
しかも、築年数40年程度の物件も増えており、木造建築の場合、建物に価値はなく、そのような物件を購入に対しても金融機関は、なかなか耐久年数の問題から融資に至らないケースがあります。

空き家がある状態よりも更地にする方が価値があるのですが、解体費用をだれが捻出するのかという問題と、高齢化して、また、空き家に成った物件を本人がわ ざわざ大金をはたいて更地にして販売することもなく、初期投資がかかる土地に関しては、一般の人が買い手が付かないというのも現実です。

坪単価がやすくなっても、購買者からいえば、ほしくないという物件ということになります。

今、通勤圏と言われる地域のニュータウンでは、そのような現実が起こっています。

普通に考えて空き家対策ということを言っていますが、木造建築で40年が過ぎた物件の場合は、耐震性の問題、また、不動産の耐久年数からの資産価値の問題からも、実は、空き家を大金かけてリフォームしてもあまり、価値の出ない物件になります。

一番簡単な方法は、新築に立て直すのが、一番いい方法ですが、新築ならコスト面で高いということが言えます。

そこで、考えられるのが、土地を活かした平屋建てコンテナハウスの活用かと思っています。
高齢化すると結論、2階建てを建てても2階にあがって生活することもなく、結局平屋建てが一番ということになります。
また、地震などで倒壊のリスクは、2階建てよりも、平屋建ては少なく、究極言えば、鉄骨で四方をかこっているコンテナハウスは、建物がずれても屋根からつぶれる可能性は、ほぼ皆無です。

折り畳み式のコンテナハウスは、破損しても、部品の入れ替えで、また、元通りに修復可能ですので、こんなニュータウンにも、平屋建てコンテハウスでローコスト安全住宅の提案ができると思っています。

日本は、都心部を外せば土地の価格が下落しているので、土地を買いやすい状態になっています。やはり、平屋、バリアフリーにした住宅を高齢化してからも使えるように先に作っておくことが重要かと思っています。

40年で4000万人程度の人口減少が起こる日本

(40年で4000万人程度の人口減少が起こる日本)

しかも、高齢化がますます進み、人口の35%以上が65歳の高齢者になるという事実があります。高齢化社会と人口減少というのが、ものすごい勢いでおこっています。簡単に言えば、労働者人口の減少が大きな問題になります。
これを見てもわかることは、年間100万人程度の移民受け入れをするという計算でなければ、経済基盤の維持を続けるのは難しいのではないでしょうか?特に、若い人の受け入れ。

考えられるのは、日本に留学生の受け入れを緩和して、日本に理解のある外国人を増やすこと。また、海外で日本語教育を受けている人への日本への移住など、

現状維持をするためには、年間100万人の移住者を受け入れて、ビザの発給をすることでしょう。

すごい数字ですね。

高齢化と外国人というのが、ビジネスキーワードになります。

移民国家、日本を目指す?

(移民国家、日本を目指す?)

先ほど、ニュースを見ていた首相の外遊中の挨拶で、「永住権を最も早く取れる国にする」という講演をしていた。

人口減少が始まっている日本、ついに、移民国家が始まるということでしょうか?
移民すなわち、国籍を取るということですが、永住権というのは、国籍はそのままで居住権がもらえるということです。
すなわち、日本国民は増やさないが、ビザは発給するということでしょう。
そう考えると、結局、アジアからの人の流入が考えられます。特に、中国から多くの人が来ることになるでしょう。
オーストラリアや、カナダのようになるのかはわかりませんが、移民が増えれば、不動産価格の上昇が起こります。
仕事がら中国の住宅メーカーをよく訪問していますが、そこで聞く事実は、中国の住宅メーカーは、結構、海外に出向いて住宅やビル、倉庫の建設を行っているということです。
部材を中国で製造して、中国から職人、施工管理者を派遣して海外でも建設をするということです。そのオーダーの多くは、予想するに海外在住の中国人の家を建設しているのでしょう。
中国の建築ビジネスは、中国人の移民、そして、中国のハウスメーカーが海外で建設する。そして、中国系のスーパー、ショッピングセンターができ、結論、す べて中国系で街の社会システムが完成して、ある意味、もともと地元にいる人にとってメリットがあるのかないのかわからないという結果になるのでしょう。

中国人は、世界どこでもチャイナタウンを作る能力を持っています。次に、日本もそうなるのでしょうか?

上海出張から戻ってきました。中国製コンテナハウスの活用方法について

先ほど、上海から帰ってきました。今回の出張は、長かったですね。9月26日から10月22日 約4週間の出張でした。いや、ちょっと疲れましたが、いろいろ成果があったので良かったです。さっそく、明日から日本での打ち合わせが始まります。
中国資材を用いた、ローコスト建築案件の話しもいくつか出てきましたので、来週は、現場に行って打ち合わせしてきます。
 
ローコストコンテナハウスを活用する不動産活用は今後いろいろ期待できそうですね。
構造は、中国製のコンテナハウスを用いて、内装は、日本仕様にするために、内装仕上げは、日本の設計士と職人による仕上げをすることで、日本式コンテナハウスを作ることにしています。
 
やはり、100%、中国で製造して日本に持ってきて設置するというと日本的仕上げにならないので、日本のクライアント様に納得してもらえないと考えられますので、構造としては、中国製のコンテナハウスを用いて、使える建材は、中国製も使いますが、基本仕上げは日本の材質、職人を使った仕上げをすることで、違和感のないコンテナハウスを提案できると思います。
 
事務所、店舗ならば、スケルトンのままのコンテナハウスとして使えるのですが、住居用となるとそれでは無理がありますので、中国製コンテナハウスの活用方法はこの方法を選択することになりました。

■小谷学の中国ビジネスセミナー IN 東京芸術センターの案内」

kaigi tokyo %e5%9c%b0%e5%9b%b3

お世話になっております。

平素は、蘇州佳喜喜貿易有限公司(董事長 小谷まなぶ)をご贔屓にいただき、ありがとうございます!

しばらくぶりのメールマガジンです。皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしたでしょうか。私は一時、体調を崩しておりましたが、現在、回復し、中国上海・九亭を中心に中国ビジネスを以前同様、再開いたしております。

さて、つきましては、少々日程が急ではありますが、現在、目まぐるしく変わる中国ビジネス市場の動向を、どうビジネスに役立てるのか?

中国ビジネスセミナーを開始させていただくはこびとなりました。お時間許す方は、ご参加いただければ幸いです。

今回の内容は、急な割に、結構濃厚な内容になると思います。

1、 「外資法人」の登記(日本人でも簡単に登記できる方法があります。)

2、 上海に事務所を開設方法

3、 上海以外の地域での進出の利点及び方法

4、 中国ビザについて

5、 中国の運転免許証

6、 中国と日本の越境ビジネス

7、 中国の仮想通貨をビジネスにどう生かすのか?

等、いつものとおり、お客様のご要望をお聞きしてからどの部分の内容を重点的にお話していくか、決めさせていただきたいと思います。

≪ 小谷 学の中国ビジネスセミナー IN 東京 ≫

■開催日時 2016年10月3日(月) 午後2時~午後4時半
■場所 東京都足立区千住1-4-1
東京芸術センター 9階 会議室4

蘇州佳喜喜貿易有限公司 董事長 兼 総経理

株式会社ジャシボマーケティング 代表取締役

その他、肩書多数

■テーマ 『中国進出・中国貿易セミナー』
内容
『中国進出に関する基礎知識
法人登記の方法  上海外資法人、
中国貿易の基本

その他
スピーディーな中国ビジネスをどう活用していくか必要な知識全般』
■参加費用 無料
■定員 15名

お申込は、下記メールへご連絡下さい。

Email :   13127552285@163.com

地震を考えたらコンテハウスとソーラー発電をセット販売

(地震を考えたらコンテハウスとソーラー発電をセット販売)

ここ数年、日本は非常に地震が多いです。東南海地震もいつくるかわからないと言われていますので、津波のリスクも考えられます。災害に強い家で設置が簡 単、強度が出せる家といえば、コンテナハウスが良いです。組み立て式のコンテナハウスを建設し、その屋根にソーラー発電を設置します。
前のブログでも書きましたが、40FEETコンテナに90平米のコンテナハウスを入れることができます。
太陽光発電のパネルの大きさは、1m×1.65mですので、10Kwの発電に必要なパネルである40枚は計算上屋根に積載することが可能です。
結構ギリギリに積んでいくので、少し厳しいかもしれませんが計算上詰めます。
通常、一般住宅の場合は30Aあれば足りるので、使用電力は、3Kw程度です。その三倍の能力の太陽光発電とまた、大型の電池を設置すれば、防災対策ハウスになります。

昨日、太陽光発電メーカーの正泰電気に行って、防災対策ができる住宅という提案をしてきました。
電池に関してもまだ発売されていませんが、次世代の蓄電池工場が建設されているそうです。今までの電池の何倍もの容量が出せると話していました。
小型化、大容量化ができるということです。
大容量電池と太陽光発電、そして、強度の出る平屋コンテナハウスを地盤の強い高台に作ることで防災対策ハウスが完成ですね。

20年以内に70%の確率で巨大地震が来るとも言われています。今の時代、家と電気があれば、なんとか生きていく基盤が確保できますね。

中国のフロアデッキメーカーから直販

中国のフロアデッキメーカーから直販

中国の安徽省にあるフロアデッキメーカーからフロアデッキを直販できます。樹脂と木粉を素材に作ったタイプですので、水による腐食もありません。強度もありますので、簡単に壊れることもありませんので、安心です。ご興味のある方ご連絡ください。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA