月別アーカイブ: 2014年9月

海外に出る意味

不思議なもので、海外に出てくるとやる気が出てくる。とくに、不慣れな国に来れば、本当に、やる気が出る。それは、生きていくために、困ることが多いからである。まずは、経験してみよう。いろいろ生きていくために必要な事柄を試してみようということで、頑張るのである。中国にはじめていったときも、何も分からないときは、一生懸命街を歩いて、いろいろ見て、聞いて回った。今回、韓国に来て思ったことは、言葉も、環境も、生活に必要なことも、何も分からないでここに着たので、とりあえず、自由に動くためにどうしたらいいのか?食事をするにはどうしたらいいのか、ほしいものがあったら、どうやって買うのかを研究している。
まさに、生きている気がする。なんとなく思うのであるが、これからは、時間を見つけて、いろいろ海外に出向いて、知らない場所を研究することにしよう。その場所に行けば、本で読む100倍以上のスピードで、その国が理解できるようになるのが、面白い。

海外にでるかどうするか・・・

今、本当にこれからの人生の方向性どうするか悩んでいます。悩んだところで仕方がないのですが、日本国内のみで、事業展開を考えるのか、やはり、以前のように、海外に毎月出向いて、いろいろ事業を行っていくのか?
日中関係の悪化、そして、円安、人民元高、中国の人件費の高騰、また、日本企業の現地での受け入れ方の変化などで、私が、17年前に中国に始めていった当時、描いていたビジネスは時代の変化とともに、出来なくなってきました。
当時、思っていたことは、中国から安い人件費、安いものづくりを行うビジネスをサポートしようということで、行ってきました。
北京オリンピック、上海万博などの大きなイベントにも支えられ、日本から来客も増え、本当に、中国ビジネスの黄金期という時期を中国で過ごせたことは、自分にとってよかったことです。しかし、そんな時代も流れが変わり、今は、そうは、簡単に話がいかなくなりました。
じゃあ。今のまま、中国でいいのか?それとも、違う国、自分の夢は、3つの国でキャッシュフローを作ること。
現実、中国、日本で収入を得れるようになっています。やはり、もう一箇所、探したほうがいいのではと思っています。
どの国がいいのだろう。あまり遠い外国は移動が大変なのでいきたくないので、必然、アジアになると思っています。
これから、いろいろ自分に会いそうな国を探して、ビジネス展開していきたいと思います。
日本がどんどん円安に向かっている中、これからの日本経済、世界情勢を考えながら、ベターな選択になるように、いろいろビジネスを組んで活きたいと思っています。

飲食店の業態改革について

中国から店舗用什器、建材を購入していたたお客様から、今、いろいろ相談を受けています。

「小谷さん、神奈川にいるなら、ちょっと、相談に乗ってよ」ということで、飲食店の業態改革について、相談を受けています。

何がベストな先覚かを、飲食店オーナーと相談しながら、いろいろイメージしています。

ビジネスは、ほんとエンターテイメントです。

お客様が、その空間に来て、どんなことを感じるのか、視覚、聴覚、味覚、嗅覚などの五感にどんなことを訴えることがbできるのか、重要な要素になるでしょう。

ビジネスは、エンターテイメントだ。

私は、日本に帰ってきてからは、基本的に、投資や社員を雇って行う事業をしないことに決めています。上海では普通の貿易会社を行ってきましたが、日本に戻ってからは、基本的に、企業の経営コンサルティング業と占い業を中心に生きて行こうかと思っています。

後は、不動産投資なども考えていますが、自分自身が大勢人を抱えた事業は、去年、入院したこともあって、行き方についていろいろ考えた結果、そうすることにしました。

本日は、藤沢OPAにて、手相鑑定を行っています。知らない土地で、新しい展開を行っています。

中学校のころから研究してきた占いも、ここで役立つとは思ってもいませんでした。小さい収益ですが、ここからスタートです。がんばろう!!

今日は、朝から三浦に出向き、飲食関連の企業と打合せ、昼からは、別件で打合せをするために厚木の事務所に戻ってきています。

日中関係に雪解けが始まったのか、中国でビジネスをしてみたいという相談がちらほら、増えてきています。

いい傾向ですね。

インターネットの活用について、

ビジネスとインターネットの活用という事がいろいろ言われていますが、最近は、ブログ、フェイスブック、ツイッターなどが、どれほど役に立っているのだろうかと疑問におもうようになりました。世の中で、いろいろ発信していることが多すぎて何がよくて、何が悪いのか、分からなくなってきています。そんな感じがしますね。