月別アーカイブ: 2014年7月

2014年07月21日 成功の鍵 弁才天

ここ最近、三浦半島に行く機会が増えています。その原因は、学生時代からの友人と、三浦のとある神社に行ってから話は始まりました。私自身は、霊感があ るので、三浦にある諸磯神明社という神社行って、霊視をした時に、三浦一族の復興をして欲しいという霊的声が聞こえたのです。それから、なぜか、引っ張ら れます。諸磯神明社という神社は、霊界通信という霊的な世界では有名な日本の出版物があり、その中で話題なった小桜姫物語の主人公である三浦一族最後の 姫、小桜姫が祭られている神社です。
三浦一族、すなわち、鎌倉幕府から消滅させられた豪族です。基本的に神ごとが好きですから、聞こえる声にしたがって見ようと思い、それから感じるがままに動く事にしました。
20年くらい前、三浦に行った時には、さすが、関東のリゾート地という感じがあったのですが、リゾートブームが去り、現在は、衰退しているなぁと言う感じ がします。地元観光関連の人に話を聞いても、観光客が減り、観光以外産業の少ないこの地域は、元気がなくなっている。三崎のマグロというのも、かつては有 名でしたが、燃料費の高騰や、跡継ぎ問題などで、後継者が居なく漁業も衰退してきているというななしを聞いて、かつての、三浦のオーラがなくなっていま す。その地域に住んでいる人々の気持ちが、その地域の街の雰囲気をかもし出しているように感じます。最近、キーワードでインバウンドビジネス、海外からの 観光客を日本に引き込むという事が話題になっています。
実は、インバウンドビジネスの成功の鍵は、日本の女神のパワーを使う事で実現できます。
天照大神を代表する女神によって、日本は守られています。特に、相模湾は、江ノ島神社などに居る弁才天 すなわち、弁天さんによって、財運の神によって守られています。
弁才天は、日本全国に居ますが、特に、日本の国難で、景気が低迷している時期には、弁才天信仰が、いい財運をもたらすと思います。
さて、直感と、聞こえる後ろの声に動かされて行動していると昨日、面白いアイデアに出会うことができました。
その話は、まだ、出来ませんが、インバウンドビジネス、日本に世界の財を集めるには、「今こそ、弁天さん」です。
弁才天は、福岡の宗像大社、広島の厳島神社、神奈川の江ノ島神社などが有名ですので、特にその地域は、インバウンドの観光客誘致が、ビジネスモデル的には成功しやすいのではないかと思っています。

2014年07月16日 海から岡から、走り回る。

日本国内の案件が、動き始めました。インバウンドビジネスということを、ぶつぶつつぶやいていると、神奈川県の某観光地の方から、観光地を活性化させたい という相談を受けました。海あり、山あり、温泉あり、そして、東京から近い神奈川の自然は、かなり売りになるとおもうのですが・・・、

言える範囲と、言えない範囲があるので、すべてをお伝えすることができませんが、すごい技術が日本にはあるものです。本日は、相模湾の某漁港にて、船舶の 実験の段取りを行ってきました。実用化が待ち焦がれます。大学は、船の関係にいったので、始めて、船関係でコンサルティングの仕事が入りました。やはり、 商船大ですからねぇ・・・
それと、占いの話、日中は、コンサルティングの案件で、数箇所飛び回り、夜は、クライアント様の家族の占いに・・・。帰宅は夜の1時になりました。
日本でも面白いビジネスになってきました。インバウンドビジネスは、どうやったら、大陸からお客を引っ張れるか、そんな話になっています。やはり、VIPサービスですかねぇ・・・

ドンドン行きましょう。

2014年07月15日 神ごと

不幸と思えることを経験すれば、神を信じられるよいうになる・・・。去年、眼底出血という病気を経験して、約半年ほとんど目が見えない状態を経験しまし た。今は、よくなったといえ、後遺症があるのですが、細かい文字を老眼鏡をつけて見れば見えますし、太陽光がまぶしい時は、サングラスをつければ、問題な いので、随分よくなりました。
さすがに、神ごとは、昔から好きでしたが、目が見えなくなると、ただ事ではないので、「神ごと」も気合が入ります。
神ごとも気合が入ってくると、神に接点が近くなるのか、神が本当に居るんだなぁと、心のそこから、感じられるようになります。
神様と一緒に、人生を歩むと思えれば、実は、人生が楽に感じてきます。一人で切り開かなければ、と思っていると、その人の運がたのりで、人生が左右します が、神様と一緒に大勢と歩むと思っていると、自分だけでは、見つけられない道も、多くの仲間が居ると乗り越えられるという感覚と同じで、自分で努力する以 上の結果を、早く実現化できるようになると思います。
感覚の話ですが、感覚、心のささやきが、神との交信では、重要になります。
もっというなら、自分が、どこの神様とご縁があって、その神様は、どんな目標があるのかを知る事も大切だと思います。
夢の実現の方法、一番簡単な方法は、自分にご縁のある神様が、やって見たい事を応援するという意思になることで、それで、直感的に感じる事を行動するということではないでしょうか?
自分のやりたいことも大切ですが、神が求めている事を、肉体をもった人間が現実化する応援をするほうが、もっと大切な事だと思います。
それは、神とは、地球も、宇宙も、すべての存在に宿っているからだと思います。

2014年07月15日 弁才天とインバウンドビジネス

つい最近、元気になってきたのか、仕事のやる気がドンドンまして来ました。不思議なもので、自分の周りの状況というものは、意識の変化によって、どんどん、変わってきます。
去年から約1年間、体調不良などで、休眠状態が続いていましたが、やっと、気力と体力がついてくるようになりました。
どうにかして、日本で出来る仕事がないかと探していましたが、日本にいながらできる仕事、中国と関係なく、日本だけで利益を上げることができる仕事の話も 動き始めたので、中国ビジネスは、中国ビジネスとして行い。日本国内のビジネスは、日本国内のビジネスとしてのキャッシュフローを作ることができるように なりました。
海外ビジネスだけに依存していると、外国との関係が悪化すれば、仕事に影響でます。
日本国内でも利益が上げられるビジネスも同時に持つ事で、相乗効果が出てきます。
今年の目標は、日本の法人を軌道に乗せて、ビジネスを発展させることです。日本でのビジネスが安定すれば、海外との取引も、伸びると思います。
前回のブログで、インバウンドビジネスについて書きましたが、自分の意識の中で、インバウンドをつくりあげることが、大切かと思っています。
話は、変わりますが、財運の神に弁才天という神様がいますが、その神様をみていると、アウトバウンドするよりも、インバウンドするほうが、応援してくれてくれるように思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E6%89%8D%E5%A4%A9

2014年07月13日 インバウンドビジネス

インバウンドビジネスがこれから面白いということが、日本では言われています。インバウンドというと、海外から日本にお客を呼び込む、外から中に呼び込 むということが、ビジネスになる。確かに、円安になって、物価が安くなってきた日本は、以前より過ごしやすくなってきています。なんといっても、住宅の値 段が相当下落したことも、住みやすくなってきた理由でしょう。
新築で家を購入すれば、それなりの値段がしますが、中古でリフォームして住もうと考えてみれば、築20年くらいのマンションなら相当安く買えます。
僕は、別に新築にこだわらないので、中古物件を買って、それで、自分が好きなようにリフォームしてすめばいいという主義ですから、日本の環境は、相当いいです。
上海では、中古のぼろぼろマンションでも、恐ろしいくらいの高い値段がついています。そうかんがえれば、日本は、インバウンドできる環境が整ってきたなぁと思います。
日本の地方では、人口減少も原因して家があまってきているので、100万円で家が買えたりするそうです。都内では無理ですが、東京の近郊都市も、1000 万円以下の物件が出てきています。車も、新車じゃなければ、中古車は、世界で一番、良質なたまがあり、価格がやすいということで、世界のバイヤーが日本に 仕入れに来ています。
そう考えても、今の日本は、家も、車も、中古をうまく使えば、ものすごく安く買うことができて、住みやすい国になりました。
上海から帰ってきてから、中国感覚で物事考えて、日本を見ていましたが、実は、中国で高い物価、高いマンションを買い、そして、高い車を買うことを思えば、日本は、すべてにおいて安く買うことができ、気持ちよく暮らせる国だということを痛感しています。
この文化レベルをもって、この物価、特に、中古を利用したビジネスを考えれば、世界最高水準の環境を手に入れることが出来る国ではないかと思えるようになりました。日本のインバウンドビジネス期待ができます。

2014年07月09日 日本にいながら・・・

 最近、神奈川県での生活にも随分なじんできました。ここに住み始めて1年半が過ぎました。
中国ビジネスに関しては、上海の事務所とは、「WECHAT」とメール、スカイプなどを使いながら、モバイル端末で持ち歩きながら、常に連絡を取り合い仕事をしています。
こんな形でビジネスが出来るかなぁと思って、1年半近く続けていますが、ネットをうまく使えば、海外とのビジネスは、問題なく出来ると自分なりに確信が持 てました。車の運転でも、練習しなければ、うまく乗れません。ビジネスでも、いろいろやってみなければ、ビジネスもうまく操作できるか理解できません。
これは、出来るという確信が持てるようになりました。日本側で行っている仕事も、少し軌道に乗り始めました。一般社団法人ジャシボを立ち上げていますが、その企業で何をするか、相当悩みましたが、いくつかの事業形態が生まれてきました。
商売の一番難しいのは、始めの一歩、契約、売り上げを立てること・・・一度決まれば、どんどん前に進んできます。確かに、海外で過去10年以上商売を続けてきたノウハウがありますが、それは、海外から日本を見つめて行ったビジネスです。
今度は、日本に住んでいて、日本できる仕事にこだわって考えて動いています。海外との往来を激しくして、以前と同じビジネスモデルを続けるかを悩みました が、結局、感じた事は、交通費をむちゃくちゃかけて、動き回っても、仕事の多くは、情報戦であるので、情報戦では、人間が、物理的に移動を重ねる事は、時 間とコストをかけるだけで、本人が忙しいだけで、それほど、高い効果を得ないのではないと結論を出しました。
すべてのお客様と常に合って仕事する必要もなくなった今の時代。情報の発信、着信はどこでもいい。作業は、現地化して、現地の方に任す。それで、ビジネスを展開する・・・

それでいいという判断になりました。自信が出てきたので、神奈川にいながら、ここで生活しながらできるビジネスモデルを作っていきます。
また、日本法人を動かし、日本でも普通に商売して、納税できる企業を目指しています。
これも、会社経営にとって、大切な事だと思い、前に進めています。昨年は、多額の医療を負担して、入院しました。保険で相当補われました。
日本の保険制度のために、うん百万円以上かかった医療費も、結構抑えることができました。
そう考えても、お国に世話になったので、日本側で活動します。

2014年07月08日 中国ビジネス個別相談の案内

 中国ビジネスに関する個別相談についてのご案内

中国ビジネス個別相談を随時行っております。相談場所は、弊社(一般社団法人 ジャシ ボ)の本厚木事務所で行っております。以前は、無料相談会、また、無料勉強会をサービスで開催しておりましたが、有料で顧問契約を頂いているクライアント 様もございますので、無料相談は、以後行わない事にします。無料でのメール相談等の依頼もございますが、基本的には、初回相談は、1時間程度の相談時間で 面談にて行います。費用は、5000円(消費税込み)とさせていただきます。どうしても面談等にこれない場合には、電話相談、メール相談に対応いたします が、初回相談に関しては、1回 5000円を弊社の指定の口座にご入金いただいた後に、入金確認後、中国ビジネスの個別相談に対応いたしますので、宜しく お願い致します。
相談実施会社は、日本法人 一般社団法人 ジャシボ になります。
ご相談の対応は、小谷 学先生が行いますので、宜しくお願い致します。

初回相談のみ5000円で対応いたします。2回目以降の相談に関しては、弊社の顧問会員として契約を頂いたお客様のみの対応になります。宜しくお願い致します。

※ 顧問会員企業の募集は、80社限定で行っております。宜しくお願い致します。

ご質問は、メールにて御連絡ください。
Email info@jcbo.org

2014年07月07日 ビジネスのやり方もいろいろである。

人の心理を動かす方法に、あえて嘘をついて、人を動かす方法があります。
諺に、『嘘も方便』という言葉がありますが、 この意味は、本当のことを言うと、人が動いてくれないので、あえて、美味しいことがないのに、嘘をついて、美味しい話をして、人を動かす話をして、目的を遂行する話です。
嘘も方便ということは、中国ビジネスをしていれば、よく経験します。大体、大投資家などといって、紹介されて、周りから、「あの人はお金持ち」といって話 されます。次に、「あの人は、人脈、金があるから付きあったらいいことがあるよ」といわれる。その気になって、その投資家に付き合う。投資家から、「いい 投資案件があるから、一緒に投資しないか」といわれる。その結果は、投資家から「投資が失敗した」と告げられる。投資家だけが、なぜか金持ちなっていく。
まさに、嘘が方便のビジネスモデル。
結果を出す為に、嘘をつく事もビジネスの手法であえるが、後は、嘘をどこまでつくかは、その人の道徳心にかかっているかもしれない。
僕は、他社への投資案件は、好きになれないのは、過去に、そんな実例をたくさん見てきたからである。海外に出て、大きな話に出会えば、一度、この話は、「嘘は方便ビジネスモデルではないか」と疑ってみる事が大切だと思います。

2014年07月07日 運命を変える出来事があれば・・・

人は、苦難の時を経験すると、開眼できるようである。昨年9月19日眼底出血で両目が見えなくなった。約半年間 入院と手術5回繰り返し、やっと、見え るようになってきた。先日、主治医に、「私も、手術する前、あなたの目の状態を見て、無理かとおもっていました。ここまで回復して本当によかったです。」 と本音を話された。
目が見えないという経験を何ヶ月も経験すれば、人生観が変わります。
今は、完璧とは行かないでも、眼鏡をいろいろ使い分ければ、よほど細かいものを見ない限りは、大丈夫になりました。
そこで思ったこと、細かい事が見えているからって、別にいいことがない。見えなくても、感覚さえよければ、何とか人生が歩めるという結論に達しました。昔 から、『もし、目が見えなくなったら、拝みやさんでもするかなぁ』と思っていたら、そうなりました。ある意味、自分で引き寄せてしまったのかもしれませ ん。
もしかしたら、一番やりたかったことが、「拝みやさん』だったのかもしれないと思えるようになりました。
人生、半分が過ぎ、後の 人生どう過ごすか、視力で勝負することをしても勝てる事がない人生。だったら、心眼を使えば、自分の人生で納得できる仕事ができるのではないかと確信して きました。すなわち、見えない世界の仕事です。自分には、目が見えなくなる可能性は、常にリスクとしてあるのですから、それを考えれば、見えなくても心眼 があればできる仕事に今切り替える事が大切だと思っています。
20代前半に、和歌山で居る時に、おばあさんでよく当たる霊能力者の方に鑑定して もらったことがありました。その人が言いました。西の方向に行くのは良いよ。中国に行けば、あなたは、日本の人からいろいろ支援をもらえる。と、言われま した。だから、中国に行って約17年過ごしました。たしかに、人脈に恵まれました。そのおばあさんを見て、当時おもったことがありました。目が見えなくて 不自由にみえましたが、毎日、たくさんの方がそのおばあさんの家に来て、鑑定依頼に来ているのを見て、不自由だからといっても、占い、霊視などをすること によって、人に幸せを与えることができるんだ・・・と思ったことがありました。そして、私が、そのおばあさんに、「私はこれからどうしたら良いですか?」 と聞いたら、「あなたは、自分で見えるはずだから、私がとやかく言わなくても分かるはずよ」といわれました。その時、「なんて簡単な占いの結果だ」と思い ましたが、「自分が、占いにのめりこみ、占いの力がドンドンついていくとは、20代前半の自分では理解できていませんでした。今では、朝から晩まで、運命 について研究しています・・・不思議なものです。

2014年07月07日 肩書き

自分の肩書きをどうするか悩んでいましたが、『中国ビジネスの分かる運命鑑定士』 これが良いなぁと思いました。ブログのタイトルも変えたほうがよさそうですね。『小谷まなぶ・中国ビジネスの分かる運命鑑定士』
考えてみれば、ずっとこのスタンスでビジネスしていました。相談者の方にアドバイスをする時には、基本的には、占いの手法をいろいろ使っていました。中国 ビジネスの知識と占術の技術をつかって、総合的に判断してビジネストークをしていたので、やっていることは変わりませんが、なんとなく、占い師というとビ ジネスと距離が離れていくなぁと思って、全面的に前に出していませんでしたが、肩書きが、『中国ビジネスのわかる運命鑑定士』ということになれば、とて も、やりやすくなります。
結局、ビジネスの先の展望を予想するなんて、分からない世界に対して、いろいろ情報を集めて、それに対して、予想する仕事をしているのですから、経営予測は、占術の世界と同じです。
私は、これからビジネスと占術と組み合わせたコンサルテーションする専門家として、行動していくことにします。
ずっと、この手法で生きてきたのですが、自分がやってきたことを全面的に前に出して事業展開していくことにしました。
普通のビジネスセミナーをするのも、毎回同じパターンで面白くなくなってきたので、今後、不思議な世界とビジネスとの関係、そして、関わり方について、セミナーをしていきたいと思います。有料セミナーになります。

2014年07月06日 スピリチュアルイベント

今日は、人生ではじめて都内で開催していたスピリチュアル系のイベントに参加してきました。いろんな占い師の方がブースを出して鑑定していました。同業 者の方がどんな事をやっているのだろうと偵察に・・・、私自身、長年占いを行っていますが、すべて、個人的な活動で、業界というものをまったく知りませ ん。占いですから、個人の技術力と経験、直観力で占いはできるので、周囲の人は関係ないといえば関係ないのですが、日本の事情というものが、気になるの で、いろいろ見学することにしました。
イベントではセミナーも開催していたので、参加して話を聞いていると、少しですが、占い業界の常識的なものが分かってきました。
中国ビジネスを始めた時に、いろいろ回って、中国人の専門家や、役所と付き合い、知りえたことがたくさんありましたが、やるなら、極めて見たい思いもあり ますので、これから日々勉強していきたいと思います。中国ビジネスが分かる占い師というジャンルで、広めて行きましょう。
私、こう見えても、中国人から占いして欲しいと頼まれて、上海に居る時は、いろいろ中国人の自宅に、招かれて鑑定したことがあります。
しかも、鑑定は、中国語で行っていました。そんな日本人は、少ないかもしれません。

2014年07月06日 現在の取り組み

ここ最近、真剣に占い師として生きていこうと思い、いろいろチャレンジしています。具体的には、経営相談、人事相談などを占術を用いて、広範囲でアドバ イスする事ができます。人事の面では、適正検査をよく行いますが、占術を使っても、性格、思考の傾向、また、仕事の分野別の向き不向き、また、人間関係の 相性など、いろいろ調べる事ができます。企業の人材配置をどうするか検討する際には、参考になると思います。
経営に関しては、占術を用いること で、攻める時期、守りの時期、また、事業運など運気について、細かく見ていく事ができます。これも、経営者にとっても、参考になる事だと思います。新規事 業を立ち上げる際に、占術を用いて、どのようなビジネス戦略で、どんな人材の配置をすればいいのか?など、具体的な見えない先のことにプランニングする必 要がある場合には、占術が役に立ちます。
いずれにしろ、占術をもちいたコンサルテーションを現在実施しています。
是非、新しい視点でビジネスを構築を考えている企業様で、占術に興味がございましたら、ご相談ください。何かよいヒントを提案できると思います。

2014年07月05日 センチュリーに乗ってみた・・・

1

2
今日は、お台場のMEGA WEBに行ってきました。トヨタの車が300円で何でも試乗できるということで、トヨタの最高級車、センチュリーと、人気のス ポーツカー 86とを運転してきました。基本的にでかい車がすきですから、一時期、本気でセンチュリーを買おうか迷った時期がありましたが、運転したこと がなかったので、この機会に、行かなければと思い、試乗してみました。5L V12気筒エンジン、まさに、トヨタの匠のエンジン、運転していても、ハイ ヤー って、感じでした。分からない説明ですが・・・要は、あまり自分で運転する車じゃないという意味ですが、アメ車のようなふわふわサスです。  86 は、GTというタイプに乗ったのですが、足は、ガチガチ、段差があれば、ものすごい突き上げ感 これは、とても長距離は、乗れないと思いました。帰りは、 隣にあるショッピングセンターで、中華料理を食べて帰りました。

3

4

※ 中国で売っているトヨタのSUVも展示していました。

2014年07月03日 意識をかえれば、その生き方になる。

面白いもので、『占い師としての生き方』ということを毎日考えだすと、気分が占い師になってくる。そこで、気付きがありました。中国ビジネスの専門家 としてビジネスをしていると知り合う人が限定してきます。中国と商売を考えていない人は、私の仕事に関係ないのです。しかし、占い師ですと、すべての人に 関係した仕事が出来ます。先日も、占いの依頼があり、鑑定していると、「次は、友達連れてきますね。」とか、「次は、家族を連れてきます」など、身近な人 にどんどん広がる可能性を秘めています。
長年、占いを研究してきて良かったなぁと思う一面がありました。こんなに、人から喜ばれて、人の縁が広がるならいい仕事だと思えるようになりました。
すべての人に、いろんな運命があります。それを読み、お伝えする仕事、いい仕事です。
これからも、いろんな人と出会い、何か役立つアドバイスが出来ればと思っております。

2014年07月02日 占いをもちいた経営相談

私の経営相談の手法について、お話したいと思います。私は、占いの手法を活用しています。占いというと、なんだか、信じられないとおもうかもしれませんが、占いも長年研究していくと、統計論であることに気付きます。
クライアント様が、相談に来ます。その時、聞くのが、生年月日と年齢です。その次に行うのが、手相を両手を拝見して、10代、20代、30代、40 代・・・と何歳のときに、どんなことがあったかを具体的に手相からリーディングして解説していきます。その時点で、クライアント様は、自身が人生のうちで 経験したことですから、具体的によく知っています。私が、「○○才の時、こんなことを始めましたね。」「○○才とき、○○ないいことがありましたね」 「○○才の時、○○な悪いことがありましたね。」と人生の奇跡をひとつひとつ語っていきます。その時、手相リーディングは、どれくらいの確率であたってい るか経験できるでしょう。次に、現時点の年齢まで、説明した時点で、完全に、クライアント様の波動の中に、私自身、入る事ができます。そうなると、その人 の周囲の人間関係、また、それを超越したご先祖様、守護神様までも、リーディングできます。
守護神の話は、なかなか理解できないかもしれませんが、ご先祖様の話は、過去に、ご先祖様が生前おこなっていたことですから、ご本人様が知らなくても、ご両親やまた、周囲の親戚などをたどって聞いていけば分かる事です。
実は、人生がうまく進むか進まないかは、見えない親族との関係というものも、大いに関係しています。
具体的にどうなのかといえば、いろんなパターンがありますが、お墓の問題は、意外と霊界では重要なようです。その辺も、実は、リーディング可能です。
私は、目で見える世界、見えない世界まで、追求して、ソリューションするアドバイスを行っています。これは、私が提案する、占いをもちいた個人コンサル ティングの手法です。過去に相当数おこなっているので、長く上海に居る人なら、誰かに聞けば、経験者は日本人なら居るはずだと思います。現在、プロの占い コンサルタントとして、活動しておりますので、ご要望がございましたら、神奈川県の本厚木の事務所でコンサルテーションを行っております。

目で見えない世界のことがわかれば、世の中の仕組みをもっと面白く理解できるようになります。

2014年06月30日 龍脈・霊線が集まる場所

突然、インスピレーションが沸いてきた。それは、圏央道が開通することで、厚木周辺、相模川流域、すなわち、昔の相模の国周辺に、パワースポットが出来るのではないかと予想する。
国造りにとって、道をどう配置するかは、非常に重要なことである。首都建設においても、首都にエネルギーが集中するように、首都に向かって、主要な道路は、建設し、地方からの霊線を繋ぎ、パワーを得ている。
江戸時代、日光と富士の霊線を繋ぎ、江戸の発展を構想した。しかし、都市建設も、風水などよりも効率を考えておこなうようになり、江戸の霊線が壊れつつあ るという人も居る。圏央道は、江戸にエネルギー入れていた霊線をカットするのではないかとおもったのである。ある意味、江戸を通らず、地方都市、特に太平 洋ベルト地帯と繋ぐことができれば、霊線が弱まるのではないだろうか?
人が動くことにより、霊線も強化されると思う。

今、厚木地域で事業をしているので、特にそうおもうのであるが、相模の国の夜明けかもしれない。すなわち、鎌倉時代の歴史の流れが動くかもしれないと勝手に予想する。