月別アーカイブ: 2014年5月

2014年05月28日 お金の価値

 生きるためには、お金を稼がなければならない。お金が世の中を支配しているので、お金を得るために、人は苦しむ。また、人は、だましあう。また、人はお 金で憎しみ会う。なかには、お金で犯罪になる。お金で幸せを手に入れた人、夢を手に入れた人。また、理想の自宅、車などを購入した人、お金は、いい意味で も、悪い意味でも、人の行動を支配していている。今の世の中、景気が悪化しているというが、景気対策といいながら、庶民の生活は向上しない。それで、人は お金が入らないことで、人は苦しんでいる。お金の量、お金の価値が誰が支配しているだろうか?お金は、本来、金本位制度といい、金を銀行に預けた際の、預 かり券だった。すなわち紙幣のことである。紙幣を銀行に持っていけば、本来、預けた金と交換してもらうことが出来た。しかし、金を預けているより多く、銀 行が預かり券=紙幣を発行した結果、途中で、金本位制度の廃止を行った。紙幣は、政府が保証するという形になった。
今、私たちが稼いでいる紙幣の原価は、一万円が約22.2円、五千円は約20.7円で2千円札は16.2円千円札は約14.5円です。
ということです。
政府が保証するから価値があるのであって、もし、政府がデフォルトを起こし、経済破綻すると紙幣の価値は、ただの紙切れ、原価が20円ほどの物質になります。
極度のインフレになり、通貨価値をなくした国も世界には、いくつかあります。そのとき、感じるのは、破綻した国では、通貨(紙幣)お金は、人を動かすこと ができるでしょうか?価値がないと知った国民は、その国の通貨をいくら出しても動きません。通貨は、正常に経済が機能している国以外価値がないのです。
日本の将来を考えて、絶対日本は大丈夫といえるでしょうか?大丈夫な国であると祈っていても、Xデーがきたら、そのときは最後です。

参考資料

http://www.recruit-ms.co.jp/research/2030/opinion/detail7.html

2014年05月28日 脳と宇宙の構造が似ている?

脳と宇宙の構造が似ている!?脳と宇宙

 

瞑想をしていると、ひとつひらめいた事があった。「脳は、宇宙である」という声?(そらみみ)が聞こえたので、ネットで検索してみた。脳の神経構造と宇宙 の構造が非常に似ている。また、脳の細胞の数が約1千数百億個であり、宇宙にある星の数が、1千億前後といわれているという点でも、私たちの脳は、宇宙を 小さくしたものではないかという説がある。宇宙の縮小版が人間の脳であって、人間は、宇宙を建設のために作業する存在かも知れないということを思った。確 かに、人間は、人種がいろいろあり、人それぞれの考えは、いろいろあるが、しかし、微妙にすべての人が違う。これも、宇宙の神秘かもしれないが、すべての 人が、宇宙から生まれた宇宙の化身だとすれば、宇宙の発展の発展の為に行動しなければならないことになるのではないだろうか?
今、国境というものを分けて、民族同士、国民同士争い、自分たちの権力を主張しようとしているが、人間が、宇宙(神)の化身とするならば、それは、方向違いであるのではないだろうか?
以前、宇宙人がいるかどうかを探索する実験が、アメリカを中心に行われたということだが、公式には、宇宙人の存在が見つかっていない。宇宙に人間と同じよ うな生物が存在できる確率(地球環境をつくれる確率)は、100兆分の1ということであり、宇宙にある星の数が、1000億個前後であるので、人間と同じ ような生物が存在できる確率のほうがはるかに少ない。


それでは、宇宙の中に地球をつくり、そこに人類 を造った意味は、宇宙は、通常の重力や化学変化のみで、造りきれないものを、人間という肉体をつかって、文明社会、文明的な建設を行うことをするために、 人間を宇宙の化身として、生み出したのかもしれないと考えれば、ロマンがある。
なんとなく、聖書に書いているような内容であるが、宇宙の意思を 引き継いで、地球をはじめ、宇宙全体の開発をすすめなければならないと考えれば、まだまだ、先が広いので、小さい国土、国境線での争い、まだまだ、宇宙全 体の建設が可能であるというなら、まだまだ、やることが残っている。人類が宇宙全体でいったことのある場所、一番遠くて、地球の惑星、月、地球の地底に関 しては、約4Km程度、炭鉱で地下を掘り進んだ事があるという程度で、地球の表面ぐらいしか、宇宙全体の中では知らない。まだまだ、やることがあるのでは ないだろうか?

参考資料 ↓

http://www.brain-book.com/report/cell-brain.html

2014年05月28日 プラーナ管について

プラーナ

 

人間には、見えないエネルギーの管があるそうである。それは、プラーナ管というものが存在するという事である。プラーナ管は、肉眼では確認することができないが、エネルギーの存在として長い人で、下は地球の中心から上は、宇宙までつながっているということである。
プラーナ管を通して、高次元のエネルギーを吸収することが、健康法として非常に大切であるということを、「ハトホルの書」という本で読んだ事がある。初め て読んだ時には、この本の書いている内容がどうも理解することができなかったが、瞑想をしているうちに、結局、人間は、空気を吸うには、自分の周囲の空気 以外吸うことができないが、人間の生きる為に必要な気力、活力の原動力になる「気:エネルギー」に関して言えば、自分から相当遠くにある地球の中心や、宇 宙までエネルギーの管を伸ばして、気を吸収できるという意味ではないかということが理解できてきた。地球上にある身近な「気:エネルギー」は、今は、相当 ネガティブなエネルギーが充満していて、自分の身近なところからエネルギーを吸収しても、気のパワーが満ちてこない。多くの人間から発しられたネガティブ なエゴ意識によって、地球上に存在する気が相当、汚れているという事だと思う。精神的にやんでいる人が増えていること。また、犯罪、戦争などに意識が向い ている人が増えていることなど、まさに、地球上に存在している人々が発したネガティブなエネルギーが、地球の表面に多く存在していることを意味しているの ではないだろうかと思った。それでは、地球上で過ごしている私たちは、このネガティブなエネルギー(気)を毎日吸収して、生きているので、考え方も、とて も、ネガティブになってしまうのは、仕方ないと思う。どうやって、ネガティブなエネルギーを吸収しないで、元気に、精神的に健全に生きていくか?それは、 プラーナ管を自分からものすごい遠い場所まで伸ばして、エネルギーを集めてくることが大切になるのではないだろうか?プラーナ管というエネルギーを通す管 は、自分の意識、すなわち、イメージによって伸ばすことができるということである。瞑想により、宇宙のつながりをもつと、よく説明されるが、まさにその意 味と一致している。


人間本来、宇宙とつながるための管、(プラーナ管)が存在しているということを、人は、知る事が大切なのかもしれない。
多くの人が、精神的に病んで苦しんでいるという現状からの解放は、まさに、プラーナ管を意識的に宇宙まで伸ばし、そして、宇宙から高次元のエネルギーを吸 収することで、魂、肉体に活力を与え、人としての本来の未知のパワーを引き出す事ができるのではないだろうかと考えた。

2014年05月27日 健康が一番

目

 

なぜ、瞑想に凝り始めたか?理由は、昨年、眼底出血が、左右両目であり、医者からは、失明するかもしれないといわれ、目黒にある国立東京医療センター で、5回も目の手術をしたことが原因しています。去年の9月19日の夜、眼底出血し、その後、病院にかかっていましたが、約3ヶ月、ほとんど目が見えない 状態、なんとか、自宅内でトイレに行くことが出来るくらいで、外も出れず、パソコンをやりたくても、携帯電話をかけたくても、キーボード、ボタンが見え ず、仕事のメールは、継続的にいろんなお客様からくるので、返信したくても、返信できず、必要なメールは、病院にパソコンを持ち込んで、妻に、音読しても らい、音読で、私が答えて代理でキーボードで入力してもらうということで、なんとか、上海で行っている貿易業務などの仕事をこなしてきました。今年の2月 に、5回目の最後の目の手術を終えて、3月の後半に、上海に戻り、上海にあった自分の私物の荷物を取りに帰り、上海のスタッフには、現状を報告し、日本に 帰国、長距離を動くのが大変なので、4月に本厚木に事務所を出して、長時間、海外に行くことも今の段階では難しいので、日本から上海に指示を出す形の仕事 にして、上海では、私が行かなくても現地スタッフだけで出来る仕事にして、業務を行っています。半年近くほとんど目が見えず、医者にも、視力が出ないかも しれないと言われていましたが、半年が過ぎ、目の見え方は、少しよくなりましたが、さすがに、眼球を開けて、硝子体 の中にたまった出血を取り除き、眼底 にある網膜という光を感じる部分も破損したので、網膜をレーザーで張り合わせ、一般的に目の手術でこれ以上難しい手術がないといわれている手術を、合計で 8時間程度受けました。今は、なんと見えてきたので、話ができるようになりましたが、去年の年末は、これじゃあ、一生、重度の身体障害者だなぁと気分が落 ち込んでいました。

目が見えなくても、おしゃべりができれば、芸能人で成功している人もいるので、なんとか、 しゃべれば、仕事ができるかなぁと思い、1月くらいから、動画ブログをはじめました。元気じゃないですが、何もしないわけにもいかないですし、なんでも、 思いつくことをやろうということで、ブログを再開、今でも、小さい文字が見えないので、家や事務所のパソコンは、32インチの巨大なディスプレイで大きい 文字で文字入力しています。幸い、ブラインドタッチができるので、キーボードを見ないでも入力できるので、ブログを書くことができますが、まあ、去年の9 月から修羅場でした。うちの妻とも話をしましたが、これだけインパクトのある厄年だったら、かなり厄払いできたよ。という話でした。

し かし、これからが問題、外に出ると、眼球に何度も穴を開けて手術しているので、まぶしくて、日中は、外で作業が厳しい状況になりました。ですから、以前の ようにお客様をアテンドして、案内することができなくなったので、建材市場の案内ツアーを中止しました。仕方ないですよね。本当は、オファーは、いろいろ あるのですが、体壊せば仕事できません。



後は、事務所で行う事務作業、これは、なん とか出来るので継続していますが、細かい文字の契約書は、虫眼鏡やかなり度の強い老眼鏡をつけなければ、文字が読めません。短文ならいいのですが、長文の 朗読は無理なので、細かい契約のある話は、中止、法人登記などの仕事は、継続している内容があるので、弊社のスタッフが行っているいるので、報告がくれ ば、返答するという形で、仕事を進めています。
正直、健康が一番ですよ。仕事いくらがんばっても、健康が損なえば、すべてやる気も、仕事をする喜びもなくなります。
お金、稼ぎたい。だから、必死に海外で起業してやってきました。ある程度、結果がでました。結果、健康を損なって、半年間、病院送り、人生って、ほんと、山あり谷ありです。
何が、幸せかって、健康で、動きたいときに、やりたいときに、いつでも出来るという自由度です。
しかし、現在の医療は、すごいです。目が見えなかったのが、目の中を何度も繰りあけて、8時間以上、ガチャガチャいじった結果、近くは見えずらいですが、 医者に、「車だけは、運転できるようにしてください。」と要望した結果、自動車が何とか運転できる視力まで、遠くは、めがねを掛けた強制視力ですが、出る ようになりました。

だから、気楽に行きましょ。死んだら終わり。健康なくしたら終わりということがよく、理解できました。40歳、厄年の出来事。

2014年05月22日 瞑想の一日

 今日は、ほとんど何もしないで、一日、瞑想をしていた。今までの人生を振り返り、これからの人生についてどうなのかを、考えていた。自分なりの結論が出 た。目の前におこっている出来事のすべてが、過去に思ったいた事柄が、現実化している。ただ、現実化しているといっても、自分の理想としての形で現実化し ているとは限らない。自分がイメージしていたものとは、少し形をかえて現実化しているものもある。しかし、将来、こうなりたいとおもったことが、形になっ ている。それは、10年以上も前に思ったこと。数年前に思ったこと。数ヶ月前に思っていたこと。など、思っていた時期がばらばらで、現実化するまでの時間 もばらばらであるが、今、目の前に起こっていることは、必ず、過去に思ったことがある事柄であることに気付いた。思考は、現実化するという話は、自分なり に証明されているなぁと、納得した。ただ、現れ方が、綺麗ではない形で、目の前に登場したりするので、一瞬、困ったなぁということがあるが、『わざわい転 じて福となす』ということわざがあるが、一瞬、不運だと思うことがあっても、結果が、よかったということが、多々ある。
長年、引き寄せの法則などを研究していて、どうも、分からなかった部分が、自分なりに理解できるようになった。
究極は、「自分の人生の幸福」をイメージすることが、自分を幸せにして、回りを幸せにしていくということが理由なく、理解できるようになった。
不幸なことをイメージしていると、自分も不幸になり、周りも不幸になる。
大切な事は、幸福になるための条件を考えるよりも、まずは、「自分が幸福である!」と思い込むことである。そうすることで、自然と周囲の状況が幸福であるように変わっていく・・・・その変化を楽しみ、状況が変化していくのを待つだけである。

2014年05月21日 5月28日 中国ビジネス 勉強会開催

日中関係は、難しい局面がありますが、しかし、世界最大の人口がいる市場であることは間違いありません。中国ビジネスについての方法と、どんなリスクが考 えられるか?また、うまく生きぬくための知恵など、『小谷まなぶ』的な視点から中国ビジネスについて、説明し、勉強会を開催したいと思います。
場所は、小田急の本厚木駅から徒歩4分にある弊社の事務所内で行います。
参加希望者は、名刺、筆記用具をご持参ください。
また、どんなことを中国でやってみたいのか?ビジネスに対する考え、プラン等あれば、考えておいてください。勉強会の際に、簡単に発表してもらい、そのビジネスモデルについて、論議します。

☆ 定員になりましたので、中国ビジネス勉強会を締め切ります。
次回募集の際は、メーリングリスト等で御連絡いたします。

中国ビジネス勉強会を開催します。

中国で起業、ビジネスについて、興味がある方、プチ中国ビジネス勉強会にご参加ください。
日時は、5月28日(水曜日) 午後2時~午後4時 参加費 1000円
対象は、中国ビジネスに興味ある方を対象に、簡単な勉強会を開催します。
参加人数は、最大で6名です。定員になり次第、締め切ります。
講師 小谷 まなぶ

参加希望者は、メールをください。
① 参加者氏名
② 連絡先 参加者 メールアドレス 電話番号
③ 参加人数
④ 5月28日(水曜日) 午後2時~午後4時

☆募集は締め切りました。有難うございます。

勉強会の会場は、弊社の事務所の会議室で行います。

日本法人 一般社団法人 ジャシボ
【本厚木事務所】
〒243-0018
神奈川県厚木市中町4-10-3 中町三紫ビル501

TEL 03-4590-3020 (代表)
http://www.jcbo.org/

2014年05月21日 商売は チャンスがあればどこでも行く。

 昨日から、法人登記関連の問い合わせが、何件もありました。昨日、香港法人の登記について、少し触れましたが、なんとなく、消費税も増税し、日本国内の 消費意識も低迷しているので、ここは中国市場でビジネスしてみようかという企業が増えてきているのでしょうか?ちょっと、今ままでと流れが変わってきた気 がします。中国国内で販売したいとか、中国の企業とビジネス提携して、いろいろ企画しているとか、そんな相談が最近、増えてきています。中国の企業から も、日本市場でビジネスしてみたいので、協力者を探しているというような話もあります。最近、日本にいる時間が長いので、対中ビジネスについて、いろいろ 思う部分があるのですが、ある意味、「ピンチがチャンス」になっているのかもしれないと、ふと思いました。
商売人は、チャンスがあれば、どこでも行くということでしょうね。

2014年05月20日 上海で活用する香港オフショア法人口座

今日は、香港法人についての話を問い合わせがあったので、話をしたいと思います。香港法人は、便利なところは、登記に関して難しい制限がないということで す。日本人であっても、パスポートの写真のあるページのコピーがあれば、必要な登記費用の払い込みと社名を決定していただければ、法人を登記することが出 来ます。書類に8箇所ほどサインすれば、大体、20日前後で登記が完了します。
上海で香港法人を活用する方法を、以前から弊社では、提案しています。香港法人を用いて、上海の浦東新区の金融センターにある銀行でオフショア法人口座を開設することが出来ます。
上海で香港の法人口座というと不思議な感じがしますが、オフショア法人口座というものは、基本的には、中国国内の法人名義では、口座を開設することが出来 ません。しかし、上海の金融センターにある銀行では、外国法人に対してオフショアの法人口座の開設を認めています。上海で貿易業務を中心に事業を行ってい る会社は、上海で香港法人を活用するということを一度考える価値はあります。

2014年05月16日 本当に思うことを述べると・・・

 戦争できる国になることのメリットがどこにあるのでしょうか?「戦争放棄が、日本人を腰抜けにした」という評論家の話を聞いて、本当に日本人は、戦争放 棄をしている国家だから、腰抜けだと世界から思われているのでしょうか?その答えは、17年海外に住んでいて感じる感覚から言えば、「ノー」です。
戦争放棄をしている国でも、「経済力」「商品力」「生産力」があれば、外国でも日本人の力を尊敬されます。
日本の経済活動が、世界的に見て、「ガラパゴス化」が進んだ結果、ワールドスタンダードになるものが、どんどん少なくなったことが、世界の市場から日本の商品が見放されたことだと思います。
世界は、世界基準で標準化を目指していましたが、日本は独自路線で勝負した結果が、世界の市場から、作っている商品がかけ離れてしまい、その結果、日本製 の商品が、世界の市場では普及しなくなったのではないだろうかと思います。外国人が普段使う商品で、日本のメーカーのものが少なくなれば、日本を意識する 機会が減り、外国人の意識の中でも、かつては、日本の家電、日本の携帯電話を使ったけど、今は、日本商品を買う機会が少なくなったよな。自分の友達を見て も、日本製の家電や携帯電話を使っていないし・・・という風に、世界から、日本の看板をつけた商品を目にする機会がすくないなったことが、日本に対する外 国からの評価の変化につながっているのではないかと思います。たとえ、集団的自衛権を行使できる国として日本が世界に物申したところで、尊敬される対象に なるかといえば、日本は、もともと世界の警察でもないわけですし、また、基軸通貨を持った国でもありません。
もし、日本が、日本円が世界の基軸 通貨であって、そして、国連の常任理事国であるならば、拒否権ももっているので、世界から非難されることもなく、集中的に攻められることもないでしょう。 しかし、基軸通貨を持っておらず、国連の常任理事国としての拒否権を持たない国が、集団的自衛権をもって、世界に日本の存在をアピールしたところで、逆に 世界から攻撃されるリスクが増すだけだと考えます。日本は、敗戦後目指した考え方、武力で勝負するより、経済力、生産力で世界をリードして、世界から尊敬 される国になるんだ。と、先人の方々が積み重ねてきた日本人の民度、日本製品のブランドの再構築を考えた方が、日本の将来にとって幸福があるでしょう。

2014年05月16日 対中貿易について思うこと

 今、本厚木の事務所に来ています。日本でいるとどうも、日本の感覚で仕事を考えてしまうので、海外ビジネスや、対中ビジネスについて、これからも続けて いっても大丈夫だろうかと考えてしまいます。昨日、集団的自衛権に対する総理によるプレゼンが放送されているのを見ていると、ますます、対中ビジネスを続 ける環境が厳しくなるのではと危惧してしまいます。

対中関連の仕事がないわけではなく、実際には、中国に依存しないと出来ない仕事というものが、存在します。
私が長年、専門的に行っている建築資材の貿易については、いろいろ相談されたりします。私自身、今は、現地で作業していないので、上海にいる現地のスタッ フに現場を任せて、日本のクライアント様と連絡を取りながら貿易をするという形式で仕事をしています。しかし、日中関係が悪くなれば、取引先との関係など でいろいろ問題がでるのではないか?仕事上でリスクが増えるのではないかなど、考えているといろいろ困るなぁと思うことがあります。貿易は平和であって実 現できることであって、国際関係の悪化などは、顕著に通関などで影響が出ます。コンテナの出荷前に、税関による立ち入り検査のリスクが増えるのではないか と危惧しています。貿易をやっている人なら、分かると思いますが、税関の検査を受けた後に、コンテナ内の荷物がぐちゃぐちゃになったりすることがありま す。それに対してクレームを言いたいことがありますが、クレームを申し立てても、聴いてもらえることがないので、結局、商売人が泣きを見ます。政府決定の 結果次第で、泣くのは、政治家ではなく、商売人です。

2014年05月16日 地球の氷河期?

太陽の黒点運動

 世界の状況が不安定になった原因として、歴史的に言われていることは、「太陽の黒点の数」と季候の関係、また、太陽の黒点の数が多い時期は、何か変革が起こる時期とも言われています。
さて、太陽の黒点が多い時期は、太陽が活発に活動している証拠ですが、昨年2013年は、太陽が最も活動期に入る時期でした。しかし、世界的に冬に大寒波 が来た事もあり、太陽が活性化しているはずであるが、寒波が来る。11年周期で、黒点の数が増減を繰り返す周期ですので、2019年は、黒点の数が最も少 なくなり、太陽のエネルギーが弱まる事になります。2013年の活発期で、寒波に見舞われるということは、約6年後の
2019年は、非常に厳しい世界的寒 波が訪れる可能性があります。一説によると、世界的に小氷河期時代に突入しているのではないかといわれています。地球は、11500年周期で氷河期時代に 見舞われるといわれています。今その時期になっているのではないかという学者もいるようです。氷河期に突入すると、地球の海流が止まるという説がありま す。グリーンランドのを流れる海流が、凍結によりとまり、世界の海流がストップする。その事によって、北半球は、非常に厳しい氷河期を迎えるという説があ ります。(海流が地球の赤道から北半球、南半球の極寒地帯に流れることで、地球全体の温度調整を行っている。)日本は、四方が海に囲まれており、急激な氷 河期というものを経験することがないかもしれませんが、今年の初めの本州を襲った大雪なども関係しているかもしれません。ヨーロッパ、ユーラシア大陸、北 米などを襲った大寒波は、相当多くの凍死者を出したということでした。
ある研究者の話では、2017年くらいには、平均気温が7度以上下がるとも言われており、この問題は、北欧を中心に街が完全に凍りつくという危険性がはらんでいるということで、死活問題だといわれています。
地球の温暖化?と世間では言われていましたが、今は、逆に、氷河期時代の到来により、緯度が高い国や地域は、すべてが凍りつく可能性があり、生活を続けるには、厳しい時代が突入するかもしれません。
世界的な天候異常が、世界秩序の不安定要素になりかねません。
地球が氷河期になるかもしれないという観点から、世界の動向を見ていると何か感じるものがあるかもしれません。
凍らない海を求めて、動き出す人々 

関連のVTR

https://www.youtube.com/watch?v=QEa_8CqrgOU

2014年05月14日 信じるかどうかは貴方次第、都市伝説

 さて、富士山と泰山との関係を動画ブログではなしたところ反響がありました。
読者の方からメールを頂きました。

_________________________________

 
5/12の泰山と富士山のVTRを観ましたよ。

小谷さんの述べていた通りだと思います。

もう少し踏み込むと、

第一陣と第二陣の二度に渡り、宝来島と言われる、

極東日本に秦の始皇帝の命により派遣されています。

第一陣は屈強な始皇帝の兵隊を引き連れ宝来島に渡りましたが、

様々な困難に合い結果的に不老長寿の薬草を発見しながらも入手できず、一度秦に帰国し、

二陣目に徐福は、有能な3000人の「若者の技能者」(男女)を伴い日本に渡航しています。

そして徐福たち一行は、結果的に中国に帰国しませんでした。

ただ単に不老長寿の薬草を獲る為だけで有れば、二度目も経験豊かな成人や兵隊のみを派遣すれば

それで済む話なのですが・・・、

何故、屈強な兵隊の後に、有能な3000人の「若者の技能者」(男女)を伴い、

日本に渡ったのでしょうか?

また口伝によると後に、徐福一行はその極東の島で、自ら王となり国を築いたとも言われています。

いくら不老長寿の薬草が欲しいとはいえ、中国を統一した聡明で有能な秦の始皇帝が、

薬草を求める為だけに、徐福に共にさせ有能な3000人の「若者の技能者」(男女)を同伴させる事を不思議に思い

疑わないはずが有りませんよね?

という事は、始皇帝も徐福も始めから極東の宝来島に新しい国を造る事を目指していたと考えた方が自然なのです・・・。

まずは屈強な軍隊を持って現地人を調服し占領地を築き、

そこに国民となり国を築く為の、有能な若手技能集団を植民させる。

という流れです。もちろん不老長寿の薬草も欲しかったのでしょうが(笑)

余談ですが、古代の富士山は「不死山」不死の山と記されていたようです。

結果を話すと、

徐福が、後の「物部氏」=古神道を築いた有力豪族(王)の祖であるという事です。

徐福自体が道教の方士であった訳ですが、

だから、物部氏により築かれた古神道は、宗教体系的に道教に近い流れであり、関係が有ると言われる由縁です。

そして物部氏や天皇の起源と、歴史的な年代的にもほぼ一致をするのです。

そして第一陣が始めて日本に到着したのが、

京都日本海側の丹波の籠神社(天橋立)だと言われています。(元伊勢と呼ばれ、日本で一番古い神社)

そこからさらに船で海伝いに至西して、山陰地方へと渡って行き宝来島(日本)を視察したのでしょう

そして二度目に第二陣が本格的に国造りを行ったのが、出雲の国(物部氏の本拠地国生み神話発祥の地)となるのです。

秦の始皇帝はその後、滅びますが、

同じ「秦」を名乗り、自ら秦の始皇帝の末裔と名乗る「秦一族」が、

中国を離れ、韓国経由で日本に渡来して来ます。

そして、先発隊「物部氏」から国譲りを受けたのが同じ由来の先祖を持つ「秦一族」であるのです。

その時から、古神道の神社は「秦氏神道」の神社へと産み換えられ、

合せて様々な「秦氏系」の神社が日本中に広がるのです。

長くなりますが、実は「秦の始皇帝」は、

史記を編纂した、司馬遷によると、漢民族である事が疑わしいと記されています。

何故なら、始皇帝の父親は「呂夫緯」といい、中東系の騎馬民族であったと言われています。

容姿や体格も漢民族である中国人離れしていたのも事実です。

また日本語の「かな読み」だと「ろふい」=ヘブライ語の「癒し手」という意味になります。

「徐福」は「ジョセフ」に発音が近くイスラエルに多い名前です。

また始皇帝の具体的な中国統一の管理手法が「ローマ式やトルコ等」の支配法に大変共通点が多いのも事実です。

同じ様に「秦氏の祖=秦の川勝」は鼻が異様に高く、この様な顔だったというお面が残っています。

 

そして当時の中国で秦というのは「ローマ人や国」を表す漢字だったのです。

途中を端折りますが、

すなわち「秦の始皇帝」と「徐福」は、中国に産れましたが、同じ中東の血統を持つ「騎馬系イスラエル人」であり、

東方憧憬すなわち、東の果てに神の用意した島国が有りそここそが、楽園=宝来島であり、

そこに国を造るのが神との約束の地であると信じた、失われたイスラエル人十部族の一族だということです。

道教の方士/徐福=イスラエルの宗教支族「レビ族」の族長

が大王である始皇帝の命を受け、日本に第二のイスラエルを築いた。

それが、第一陣の「物部氏」から国譲りを受けた、同じ民族である第二陣の「秦氏」

そして秦氏が天皇家を支えた日本の成り立ちとなるのです。

おもしろいですね!!

____________________________________

 この話は、イスラエルの失われた10支族 という話につながるものがあります。

 

YOUTUBE で興味深いVTRを見つけました。

https://www.youtube.com/watch?v=ce_9BfStjp8

https://www.youtube.com/watch?v=Y4tDiidkSys

信じるか、信じないかは、あなた次第!!

2014年05月11日 イベントの案内「スピリチュアル系」

イベントの案内します。
ビジネスではありません。
スピリチュアル系です。
来週5月17日 午後7時から 神奈川県の三浦市 三浦海岸駅近く
養老乃滝で、行います。
午後7時から

小桜姫、三浦一族、諸磯神明社についての(飲み会です)
歴史、スピリチュアル系に興味がある方、ご参加ください。

参加費は、飲食費、割り勘でお願いします。

僕も参加します。

ホームページにて紹介しています。
http://www.geocities.co.jp/moroisoshinmeisha/

■お知らせ■
第一回 小桜姫 諸磯神明社 掃除ボランティアの会 寄り合い開催の案内
場所 三浦海岸駅 居酒屋 養老乃滝
神奈川県三浦市南下浦町上宮田3262-2

日時 2014年5月17日(土曜日) 午後7時から 2時間程度
参加費 割り勘です。
参加資格 初めての方、小桜姫 諸磯神明社が好きな方、興味がある方なら
小桜姫物語という本が出版されています。
だれでも歓迎します。お一人様、お友達と一緒という方、是非、ご参加ください。スピリチュアルな世界、三浦一族、小桜姫など、いろんな話題が飛び交う会にしていきたいです。
申し込み、お問い合せは、石毛までお願いします。
石毛達志の連絡先
TEL 090-3347-6324
tasshi32@gmail.com

2014年05月11日 富士山の友好山は?

 今週末は、世界遺産に登録された富士山に行ってきました。富士山の五合目まで車で登ったのですが、いやぁ、外国人の多さに驚きました。ここ中国じゃないのと思うくらい、中国語が飛び交っていました。中国人観光客に人気があるのですね。
 富士山の五合目の売店に、日中友好の山ということで、「富士山」と中国の山東省にある「泰山」とが友好山になっているということでした。
 それは、知りませんでした。泰山には、以前行った事がありますが、僕はロープウェイで登りましたが、下から7000段以上ある石の階段を登っている人をたくさんいたことを思い出しました。

2010年8月15日 泰山に登った際のブログ

2014年05月09日 社名変更

 日本の法人の社名変更と定款の変更が完了しました。新しい社名は、『一般社団法人 ジャシボ』になりました。社名の字画がいいということもあり、この社 名になりましたが、中国ビジネス以外にも、日本国内のビジネス、政治経済に関するビジネスも行えるように定款の変更を行いました。業務範囲がかなり広がり ましたので、出来ることが増えました。
2020年の東京オリンピックまでは、日本におけるビジネスをいろいろ形成しようかと思って努力しようかとおもっています。

2014年05月08日 海外ビジネスの交渉

 今日は、本厚木の事務所で仕事しています。赤坂にあるレンタルオフィスにも時々、いかなければ、と思うのですが、家の近所に事務所を構えたので、動いていません。
 今朝から、弊社のクライアント様の香港法人の会計監査などの書類作成の打ち合わせ、上海からの貿易業務の打ち合わせを、上海や北京などに連絡して、手配していました。
  ある方からメールをいただいて、海外ビジネスの仲介は、いろいろ疲れますねぇという内容でした。確かに、疲れますよね。なかなか、思うように事が進まない ので、頭がいたいことがありますが、そこが面白いといえば、面白いのですが、しかし、あまりに、周囲の言っていることをまじめに聞きすぎたら、間に立って いる人が倒れてしまいます。話半分、もしくは、話三分の一 くらいで、相手の話を聞いて、海外とのビジネスを交渉すると、ちょうどいい、温度差になるので はないでしょうか?

2014年05月08日 車の修理

  ゴールデンウィークも終わりました。ここ数日、ブログの更新をしていませんでした。
ゴールデンウィーク中は、遠出しないで、ほとんど神奈川にいました。三浦半島に行ったり、箱根の温泉に行ったりと、特に、これといって変わったことがないですが。
話は、趣味の車の話ですが、愛車のベンツCL500は、見た目がかっこいいのですが、細かい部分が、ちょこちょこ壊れますね。やはり、外車ということで しょうか。いかに安く車を修理するかにこだわっているので、YAHOOショップなどで格安の部品を探して、直しています。外車の部品といえば、むちゃく ちゃ高いイメージがありますが、インターネットで直輸入しているメーカーから購入すると結構格安で部品を入手することができます。たぶん、中国とかアジア で作っているOEM商品かと思います。中国でもベンツ BMWたくさん走っているので、OEMの修理部品は、格安で出回っています。純正部品では、とて も、修理してられない金額ですが、輸入の格安部品なら、修理して乗り続けることができます。うちの近所のオートバックスは、部品持込でも修理してくれるの で、結構、助かります。

2014年05月03日 日本の将来を決めることを真剣に考えよう。

 日本の将来形成について、非常に重要なことを今、論議されている「憲法9条改正」そして、「集団的自衛権」についての話である。集団的自衛権というのは、基本的に同盟国が攻撃された場合に、日本も同盟国と一緒に、攻撃した国に対して、戦いをいぞむという話である。
  しかし、ここに来てこの論議、集団的自衛権というものが、一体どういうものなのか?という論議が良く分からなくなってきた。「限定的」という言葉を前につ けて「限定的集団的自衛権」という新しい造語を作り、この場合だと、他国の戦争に日本は参加することはない。と話している。一体、「限定的集団的自衛権」 というものは、どういうものなのか、言葉遊びをしているように感じてしょうがない。

 「限定的集団的自衛権」に関して言えば、いわゆる自国の自衛権だけに留まるという説明を現与党は、言い始めている。正直、国民には、独自解釈を説明しすぎて、良く分からなくなってきている。非難されるのを逃れるための言葉にしか感じられない。

  自衛権というものは、本来日本にはある。「個別的自衛権」として、万一、日本の領土、領海、領空を越えて侵犯してくるものがあれば、警告、砲撃を行う自衛 権利がある。しかし、ここに来て、なぜ、集団的 という言葉にこだわり始めたのか? 私の予想でしかないが、近隣諸国の脅威に対抗して、日本の権威を主張 する為の法案であって、対抗処置を強めているだけに見える。実際に、対抗意識を強めていけばどうなるか?日本は、近隣諸国とこれ以上、にらみ合いがひどく なり、日本企業が海外で商売できる環境ではなくなる。武力があるから平和が維持できるという考え方は、20世紀の考え方であって、21世紀は、インター ネットなどで情報網が発達している中で、対話優先型になり、世界の人類が意識が近づいていく社会構造になっていくのに時代に逆行しているしか見えないので ある。
 21世紀は、ネットを通じて、世界の人が同時通話が可能な時代に、まともに連絡、対話ができない世界がおかしく、武力統制による世界平和を考えることが、世界から非難される対象になるだろう。
 私は、今まで続けてきた個別的自衛権の行使は、賛成する。