月別アーカイブ: 2013年2月

2013年02月22日 富士信仰

本日の富士山

神奈川県の海老名に住み始めてよかったこと。毎日、富士山を見れることです。

やはり、富士山という山は、なにか違うオーラを感じます。

きれいな富士山が目の前に現れると、「おー富士山、今日もきれいねぇ!」と喜びの声を上げてしまいます。
ほかの山だったら、そんなことは、ありえないのですが・・・

富士信仰というものがありますが、最近は、僕も、ちょっと、富士信仰の気持ちがわかるようになりました。
今日は、伊勢神宮から海老名に戻る途中、新東名の静岡県清水市周辺で見えた富士山は、きれいでした。

2013年02月21日 伊勢神宮と豊川稲荷へ

 今日は、これから三重の伊勢神宮と愛知県の豊川稲荷に参拝しにいきます。

日本のパワースポットとして、有名な中央構造線上にある聖地、さて、これから車を運転して出発です。

人生を、いかに謳歌できるかは、その人の運勢で決まると思います。運がよくなる努力は、大切だと常日頃おもっているので、これも、人生を作り上げる仕事だという理由をつけて旅に出ます。

2013年02月20日 倉庫の庭木の剪定

 厚木の倉庫の庭木の剪定を行った。3日間の作業で、最終日ということだったので、現場を見てきました。
倉庫の敷地が、6000㎡ほどあるので、剪定するのも大変である。庭師の方に差し入れを持って行ったが、きれいにしてくれて心から感謝である。
夏場は、雑草の処理も大変だろうなと思った。

今日は、厚木・海老名周辺の神社にも参拝に行ってきた。土地に絡んだ仕事だから、基本は、地元の地鎮神社に拝みにいかなければならないとおもって、行ってきた。なんとなく、少し土地になじんだ気がした。

小谷まなぶのビジネス奮闘記!

小谷まなぶのビジネス奮闘記!

小谷まなぶのビジネス奮闘記!

2013年02月20日 技術を売るビジネス

 弊社と長い間、取引している企業の社長から連絡があった。日本の特許製品を中国企業が買いたいといっているのだが、その件について、手伝っていただけないか・というオファーだった。

中国の企業も、日本の最新特許技術には、非常に興味があるようで、展示会等で、次世代技術などで、使えそうな技術があれば、買いたいという話がくるようである。

私は、貿易業務をメインにしているので、技術輸出についての案件については、あまり経験がないが、是非、という話があるので、話を聞いてみようと思う

過去に、行った技術関連の案件といえば、中国のプラントで利用する設備を一部は、中国のメーカーで作り、重要なブラックボックスになる技術の部分は、日本に設備ごと輸出して、日本で組み立てて、再度、中国の某自動車工場に搬入したという案件を過去に行ったことがある。

その時も、結構、中国のGB規格がどうだ、商検局の書類がどうだ、と大変だったことを記憶している。

今回の話も、素直に行くことは、なかなかないと思うが、なんでも経験である。

2013年02月19日 雪の中で考える

 本日も、海老名にいます。雪ですね。上海も雪ということですが、寒いのは、いやですね。
今日は、海老名の事務所で、中国の事務所とやり取りしながら、後は、郵便局に行って、新しい口座開設をおこなったくらいで、特に、変化がある一日とはいえませんでした。

日中関係の悪化が、気になりますが、こんな時でも、ビジネスチャンスを狙って、中国で商売のチャンスを考える人がいるのですね。環境問題が悪化しているので、そのこともビジネスチャンスだという風に考えている人がいます。

環境が良ければ、チャンスが生まれないのですが、状況が悪ければ、それに対応した ソリューションビジネスが生まれます。

問題があるから、問題解決がビジネスにつながる。

今、日中間でいろいろ言われている悪い話も、ビジネスから考えてみると、そう悪い話ではないのかもしれません。

ピンチがチャンスです。

私も、商売を軌道に乗せたのは、2005年の反日デモが、原因で、貿易業のアウトソーシングの商売が業績を伸ばし、今まで続いたといっても、過言ではありません。

今の環境は、当時と違えども、何かチャンスが到来するかもと、思っています。

北国では、雪がふれば、雪かきの外注業務が、結構仕事になるそうです。何もおこらなければ、何もチャンスが来ない。雪の中を歩きながら、そんなことを考えていました。

2013年02月18日 今日から、通常営業

今日から、上海の会社は通常営業を始めました。上海のスタッフから、次の輸出案件の打ち合わせ、また、春節明けから、3月にかけて、香港法人の年検を迎える企業が多いので、その打ち合わせなどを行いました。

仕事は、相変わらず、メール、スカイプ、携帯電話を使って、日本の顧客と、上海の事務所の間に入り、連絡業務をメインに行っています。

今日は、海老名のマンションの掲示板にあった貼り紙を見ていると、「近くに新幹線の新駅を誘致しよう」という内容で、会合の誘いがありました。
これから10数年後になりますが、リニアが東京と名古屋を結び、そして、大阪へ延長する計画があるそうです。リニアの駅と新幹線の新駅を誘致したいということで、街としても、力を入れているとのこと。

近くに、倉庫物件と土地があるので、これが誘致が、将来的にできれば、恩恵があるのでは・・と思いました。

中国の商売人を見ていても、最終的に、どんな仕事をしている人が、金持ちになっているか、それは、不動産と金融です。普通の商売は、波があるので、小金はもてても、大金持ちになる人は、やはり、資産で金を生み出す人が中心です。

日本もかつて、好景気に支えられ、土地バブルで、大金持ちになった人がたくさんいました。
アベノミクスでは、インフレ傾向にすることを、推し進めていますが、そうなれば、土地などの固定資産は、プラスに働くのでは・・・と思っています。

そうなれば、うちの不動産投資、賃貸の商売も、将来に展望がもてるのかなぁと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(厚木市:各300坪 2棟貸倉庫)と(平塚市:600坪 貸土地)
所在地:神奈川県厚木市戸田2067,戸田2024-1

現在、こちらの物件に空きがでました。
お問い合わせは、こちらへお願いします。⇒sfeyuki@gmail.com

ホームページ⇒ http://www.hoshizawa.jp/

 

2013年02月17日 川崎大師

今朝は、4時に目覚めました。今年は数え年で、前厄ということもあり、川崎大師に行って、厄払いをしていただきました。

朝6時半からの護摩業を始めるのですが、日曜日ということもあって、数十人の人が集まっていました。
朝から、「南無大師遍照金剛」と唱え、弘法大師を思い、お祈りすると気持ちがいいですね。

その後、厚木の倉庫に出向き、業者の方が、倉庫の庭木に剪定をしていたので、見に行き、その後、自宅に戻ってきました。
護摩業の効果があったかどうかわかりませんが、帰ってきてから死んだように眠ってしまいました。
気づいいたら、もう午後3時過ぎ・・・

しかし、目覚めたら、なんとなく、すっきりしたような爽快感がありました。厄除けの重要性を感じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(厚木市:各300坪 2棟貸倉庫)と(平塚市:600坪 貸土地)
所在地:神奈川県厚木市戸田2067,戸田2024-1

現在、こちらの物件に空きがでました。
お問い合わせは、こちらへお願いします。⇒sfeyuki@gmail.com

ホームページ⇒ http://www.hoshizawa.jp/

 

2013年02月17日 新東名から見る富士山

昨日は、和歌山の実家から神奈川の海老名の家まで、車で帰ってきました。
富士山は、きれいでしたね。冬の富士山は、魅力的です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(厚木市:各300坪 2棟貸倉庫)と(平塚市:600坪 貸土地)
所在地:神奈川県厚木市戸田2067,戸田2024-1

現在、こちらの物件に空きがでました。
お問い合わせは、こちらへお願いします。⇒sfeyuki@gmail.com

ホームページ⇒ http://www.hoshizawa.jp/

 

2013年02月13日 時代の流れにどこまでついていけるか。

 昨日は、上海でビジネスを行っている友人と会って、いろいろ話をした。中国が、春節の休みということで、日本に一時帰国している人が多い。

中国でアパレルの製造工場を経営している友人は、中国で製造できても、あと数年かもしれない。やはり、人の問題が大変である。
という話をしていた。
人件費の高騰、そして、職人がなかなか定着しないという問題。また、日本からのオーダーに頼っているだけだと、経営が成り立たないくなってきているという話も耳にした。

日本の発注先が、中国から、第三国へと移っているということであろう。

私も含め、中国で事業を行っている者にとって、今後の中国ビジネスの考え方、スタンスを変えていかなければ、ならない。

中国に来て、16年が過ぎ、そして、自分で事業を行って10年である。

時代の変化はしているのは、頭では理解しているが、どうしても、10年前に始めたビジネスであるので、ビジネススタイルは、大きく変えていないので、その部分でも、感覚を変えていくことが大切であろう。

また、気になるのが、日本が今、円安傾向になっていること、それと、日中関係の政治的な部分での悪化である。

ビジネスに関しては、とくに、厳しい制限をかけるということは、今のところない。しかし、この状況が長引くということは、良くない

日本でいる時間が長くなっているので、日本の対中報道は、かなり厳しい見方をしているのも事実である。

 商売人は、臨機応変に、時代の流れに対応しなければならないのだが、会社組織をもっていると、人がかかわる部分も多いので、そんなに簡単に変身できないというのは、経営者の悩みかもしれない。

2013年02月12日 グローバル化するビジネス

昨日は、中国ビジネスセミナーを開催しました。最近の中国ビジネスの現状を話させていただきました。
その中で、企業は、日本と中国だけの2国間のビジネスにとらわれない考え方になってきているという話をしました。
2008年、リーマンショック以後から、企業の多国籍化というものが、中国に進出してきている日系企業でも進んできたように思います。

私のお付き合いのある企業も、中国だけにこだわらない中国のいい部分は、中国で行い、中国でメリットの出せない部分は、第三国で行うという企業が増えています、
特に、製造業では、材料の部品などは、中国で調達して、組み立て、加工などは、もっと人件費が安いミャンマー、ラオスなどで、行う・・という企業、

物流コストと、輸送時間がかかっても、中国の工場で働く労働者不足、また、人件費の高騰などを考えれば、世界には、コストメリットがもっと出せる国がある・・・

そんな視点に、移行しています。

企業は、メリットの出せる場所で、メリットが出せる活動を行う。

だから、なんでも、中国で完了という時代は、終わりつつあります。

これからの中国ビジネスは、中国とかかわり、どの部分が優位なのかを研究して、進出しなければ、場所違いであるという結果に終わる可能性がたかまってきました。

海外ビジネスも、グローバルな視点で物事を考え、そして、どんなビジネスモデルを組み上げるのかを考えて、考慮する必要性が重要です。

そんな話を中心にセミナーをさせていただきました。

2013年02月11日 本日、中国ビジネスセミナーを開催

本日、午後2時から東京 神田のセミナー会場で、中国ビジネスセミナーを開催しました。
3連休の真っ最中でのセミナーでしたが、お越しいただき、ありがとうございました。

セミナーの内容は、率直に、中国ビジネスをやってみてどうなんだ・・という、私の主観もかなり入れての話でしたが、最後まで参加者の皆さんが、真剣に話を聞いていただき、非常にいいセミナーができたとおもっております。

また、時期を見てセミナーを開催したいとおもいますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

2013年02月11日 心境

 本日は、東京の神田で「中国ビジネスセミナー」を開催します。約半年ぶりに行うので、面白いセミナーができるように、頑張ります。

去年の年末に、あまりにも、忙しすぎたのがたたって、体調が悪くなり、今まであまり無理をしないようにして、体調の調整を行ってきました。ほぼ、毎日のように温泉に入り、休息しています。仕事は、ネットと電話をメインにして、極力無理をしないようにしています。

久しぶりに、大学時代の同級生とあって、話をしました。話題は、「同級生のだれだれが、体調悪いんだって・・・、小谷は、どうだ」
という具合、みんな40歳という年になると、どこか悪くなってくるのでしょうね。やっと、私も復活してきたので、活動を開始しようかと思っています。
しかし、心境の変化がありました。「仕事を成功させたい・・・」という思いだけに、必死にやってきた結果が、「体調の悪化」

それって、あまり意味がないなぁと思ったのです。

自分で商売しているので、ほんと、頑張ろうと思えば、極限までできるわけで、やめようと思えば、極限まで、やらないでおくことも可能である。

必死にやれば→体調に悪影響、 必死にやらなければ、→ 仕事の結果が出ない

と思う・・・その思考に問題があることに気づきました。

正直、経営者を長くやっていると、会社の固定費を稼ぐこと、従業員の給料を毎月払う仕事をつくることに必死になっていて、自分のことを忘れがちです。

それで、何とかしなければ・・自分がいなければ、会社が回らないとおもって、体調に悪影響

 人生にとって、ストレスをかけることは、成長につながるので、ある程度は、必要ですが、自分の命まで、削って、やる意味がどこにあるのだろうと思うようになったのです。

必死に、前向きに努力する・・その精神は、大切です。
しかし、無茶をするというのと、違う。


私は、今後の生き方を変えていきたいと思うようになりました。

仕事もして、そして、自分の趣味の世界に生きる。それで楽しみを覚える。

過去のブログにも書きましたが、私には、3つの夢がある。

若いときは、商売人になる。人生の中間は、政治家、そして、最後は、山のなかで寺小屋をする。

最後の夢をかなえる準備をすることにしました。
日本には、いろいろパワースポットといわれるいい氣のある場所があります。

今、神奈川県の海老名にいるので、ここから近い、一番のパワースポットは、富士山だと思います。
富士のふもとにでも、山荘をつくって、精神世界の追求をしてみたいですね。そんな思いがふつふつとわいてきました。
現実世界の仕事をしながら、精神世界の探求をする。

今は、ちょっと、温泉に行く機会が多いので、そんなイメージがわいてきているのかもしれません。

2013年02月08日 現実化する

今日から、上海の会社は、春節の休みに入った。上海の会社は、今は、ほとんど、うちのスタッフと、大学時代からの同級生の パートナーに任せて、事業をおこなっている。もっぱら、私の仕事は、日本のお客様との打ち合わせと、中国のスタッフに連絡して、業務の調整をおこなうこと である。

2月中は、春節の休みもあり、日本でやるべき仕事も増えてきたので、上海にはいかず、日本で仕事をすることになる。3月初旬から上海に行って、いろいろ業務を進める予定にしている。

去年の秋口から日本で過ごす時間が極端に長くなっているが、今後も、日本での滞在時間が長くなる傾向は続くであろう。

中国ビジネスも、なんだかんだいって、学生時代からはじめた個人輸入代行業のビジネスのときからかんがえれば、20年になる。
そろそろ、日本での仕事の本格的に行っていきたい。

心境の変化もいろいろあるのだが、なんとなく、40歳になるまでにやりたいなぁと、思っていたことは、ほとんど実現化した。

30歳までに会社を興し、社長として、仕事をしてみたい それで、10年商売をつづけた。小さい時から、国政選挙に出てみたいとおもっていたが、去年は、政党の公認候補として、出馬することができた。

どんな結果であっても、やりたいと思ったことは、実現化した。
自分なりには、満足している。

なんとなく、やりきった・・・という感覚があり、次の目標を探さなければという思いである。

春節の休みの期間中は、中国ビジネスは、動きがないので、2月中は、今後の自分について、目標設定をどうするか、明確にイメージしてみたい。

引き寄せの法則というものが、本当に作用するのか、ここ数年、実験している。

それは、どうしているか、ノートに、自分の目標を明確に記載し、それを考えた日、イメージを始めた日をきちんと、記載しておく、それから数か月、数年たって。ノートを読み返してみる。大体、どれくらい前に、思い始めたことが、実現化しているのか、分かる。

僕の場合、6か月から、3年くらいの時間差で、実現している。

大きなことは、割合時間がかかるが、3年もあれば、大体、実現化する。

夢とは、できると継続的に、信じ続けることができる人には、現実化するものだと思っている。

2013年02月05日 日本語欲

ここ最近、ブログを更新する回数が減っています。日本にいるので、日本語に対する話したい、書きたいという欲求が減少しています。海外でいるとブログを書きたくなる理由に、日本を使いたいという欲求から、それを発散するためもあるのですね。

でも、結構な人が、読んでくれているので、ブログを読んでくれているので、更新しなければ・・と思って、更新しています。

今日は、海老名から都内に行って、2件、中国ビジネス関連の打ち合わせを行いました。

メールマガの配信なども行っているので、何人かのお客様から、セミナーについて、連絡をいただきました。

「小谷さん、祭日にセミナーするのですか?」という問い合わせ、

すいません。何も考えず、セミナー会場を予約したら、祭日でした。

よかったら、参加してくださいね。三連休であるのに、遊びに行かず、私のセミナーに参加いただき、恐縮です。

特に、変わったことも、ないのですが、

そういえば、昨日、中国の携帯電話を、電車の中だとおもうのですが、落としてして、なくなってしまいました。御用の方は、東京の電話にお電話ください。

TEL 03-4590-3020

メールは、一日、何度も見ていますので、メールくださってもOKです。

よろしくお願いいたします。

2013年01月31日 岩盤浴

最近、マイブームは、温泉と岩盤浴に行くことです。岩盤浴は、結構前にブームになりましたが、つい最近、初めて行ったのですが、これが、予想以上に気持ちがいいのではまりました。
冬場は、体が冷え気味なので、体の芯から温めるのにいいですね。

1月、2月は、温泉と岩盤浴で、ゆっくり体を休めて、春節明けからの仕事に備えたいですね。