2013年09月13日 探し求めることの楽しさ


今日は、事務所で、貿易実務の仕事を中心に行っている。来月、出荷する商品の段取りを色々行っている。貿易の仕事は、話が来てから実際に、商品を出荷するまで、早くて2ヶ月、長いもので半年近く、ひとつの案件を終えるまで時間がかかるものがある。結構気長な仕事である。

法人登記の仕事も、香港法人は、割合早く、1ヶ月以内で終わるが、上海の現地法人となると、4ヶ月から半年仕事である。
事前の打合せや、相談のときから入れれば、1年近い時間をかけて、1案件が終了する。実に、この仕事も時間がかかる。

時々、自分でもなんで、こんな時間がかかる仕事を行っているのだろうとおもうことがあるが、選んだ仕事が、そうだったので、しかたないと思っている。

だから、実際には、半年後、1年先に仕事になるであろう案件を探して、いろんな人に会って、そして、あちらこちらと旅をしている。

今月から、もう一度、福岡に通ってみようと思って、通い始める。

中国ビジネスというニッチな産業でビジネスチャンスを見つけるには、なにか、おもしろそうな話があれば、日本全国、どこでも行ってみようと思う好奇心がなければ、案件を継続して行うことは難しいのではないかと思う。
確かに、上海だけで待ち構えていても、仕事は来るのは来るが、やはり、日本国内を回っていると、上海では、出会えない案件にも、出会える可能性がある。
しかし、それが、ぜったい、仕事になるのか?といえば、無駄足だと思えるときもあるが、回っていることで、何かをつかめる。
それが楽しくて、何があるのかわからないが、みえないから楽しさを見いだせるのだということで、日夜新しい何かを求めて歩んでいる。

明後日から、福岡に3日間、出張である。予定は、ほとんど入れたので、また、何か新しい変化が生まれるのではないかと楽しみにしている。16日~18日は、福岡に入り、18日の夜の便で東京に戻る。