高嶺の花だったニュータウンは、もうすぐお化けタウンになるかも? それを活用するには・・・


(高嶺の花だったニュータウンは、もうすぐお化けタウンになるかも? それを活用するには・・・)

高度成長期と言われる時代、すなわち、団塊世代、第一次ベビーブームの時代の方々購入した住居が今や、高齢化と空き家問題が日々大きな問題になるなっています。
しかも、築年数40年程度の物件も増えており、木造建築の場合、建物に価値はなく、そのような物件を購入に対しても金融機関は、なかなか耐久年数の問題から融資に至らないケースがあります。

空き家がある状態よりも更地にする方が価値があるのですが、解体費用をだれが捻出するのかという問題と、高齢化して、また、空き家に成った物件を本人がわ ざわざ大金をはたいて更地にして販売することもなく、初期投資がかかる土地に関しては、一般の人が買い手が付かないというのも現実です。

坪単価がやすくなっても、購買者からいえば、ほしくないという物件ということになります。

今、通勤圏と言われる地域のニュータウンでは、そのような現実が起こっています。

普通に考えて空き家対策ということを言っていますが、木造建築で40年が過ぎた物件の場合は、耐震性の問題、また、不動産の耐久年数からの資産価値の問題からも、実は、空き家を大金かけてリフォームしてもあまり、価値の出ない物件になります。

一番簡単な方法は、新築に立て直すのが、一番いい方法ですが、新築ならコスト面で高いということが言えます。

そこで、考えられるのが、土地を活かした平屋建てコンテナハウスの活用かと思っています。
高齢化すると結論、2階建てを建てても2階にあがって生活することもなく、結局平屋建てが一番ということになります。
また、地震などで倒壊のリスクは、2階建てよりも、平屋建ては少なく、究極言えば、鉄骨で四方をかこっているコンテナハウスは、建物がずれても屋根からつぶれる可能性は、ほぼ皆無です。

折り畳み式のコンテナハウスは、破損しても、部品の入れ替えで、また、元通りに修復可能ですので、こんなニュータウンにも、平屋建てコンテハウスでローコスト安全住宅の提案ができると思っています。

日本は、都心部を外せば土地の価格が下落しているので、土地を買いやすい状態になっています。やはり、平屋、バリアフリーにした住宅を高齢化してからも使えるように先に作っておくことが重要かと思っています。