観光産業


先進国になり製造業を自国で行わなくなってくると、金融と観光以外、外貨収入を得る方法がなくなってくる。

日本は、まさにその道を歩もうとしている。
都内や、行楽地を移動していて思うことは、ここ数年、毎年のように外国人が増えてきているのが、目に見えて感じる。

昨日、銀座の居酒屋で食事したが、居酒屋にいる客の半数が、外国人という感じがした。なんだか、不思議な感じがした。

不動産の状況を見ているとかつてのリゾートブームに乗って地方のリゾート観光ホテルが多数開発されたが、その当時の経営者が高齢化してきており、引き続てがないことで廃業が増えている。

仕事がらホテルや一棟収益物件の不動産を取り扱っているとそんな経営者の人の話を聞くことが多い。

外国人観光客の観光ブームがいま到来してきているのに、それに対応したビジネスをする日本人が多くない。逆に、中華圏の人のほうが、日本の観光産業に積極的に投資している感じをうけるのは、不思議な感じがする。

確かに、ホテルや不動産施設をもって事業することは、リスクが大きい仕事だ。大きな初期投資も必要になる。

このままでは、日本の観光産業は、外資にどんどん押されていく気がしてならない。