結果を出すには、同じことを反復し考える。(思考した回数)×時間=結果


自分の実現したいことに対して、脳に向かって話しかけるということを行っていますが、一般的な引き寄せの法則よりも簡単でいいかと思っています。「おい、脳よ。」と思って自分の脳に考えていること、願いを話します。 脳も機械と同じで信号を与えれば、作動します。思考の現実化というものは、その物事を思考した回数と時間に比例するのでしょう。長時間、繰り返し同じことを呪文のように脳に話しかけていると、繰り返し脳がそのことを考えるように習慣性がうまれます。習慣性がうまれれば、脳は自動的に信号を出し続け、結果、継続的に物事を成就出来るということになるのではないかと考えました。

夢の実現とは、思考した時間と回数であり、継続的な実現をしたければ、脳のなかに、習慣性をつけて常に同じことを考えるように刷り込む、自己洗脳が必要になるかと思っています。習慣的に同じことを当たり前のように思考できるようになれば、継続的な自己実現が可能になるのではないでしょうか?脳の思考した回数と時間の積算が物事の結果を生むとおもいました。  物理的に言えば、【回数】×【思考した時間】=夢の実現  一般的に人間の思考は、1日6万回以上おこなっているということですから、常に意識をして、思考の方向性をまとめることが大切でしょう。ばらばらのことを考えていれば、思考した回数と時間が、その実現したい物事に対して積み上がりません。しかし、専門バカなどということばありますが、専門的にひとつのことをいつまでもやってられる人は、いつかその分野で大成して、権威者になったります。

回数と時間の積算が、その分野で周囲に比べて、多くなったことが結果になったのでしょう。

結果を出したければ、その物事に対して、繰り返し同じことを反復的に考える回数を増やし、そのことに集中して時間を費やすことが結果になるということでしょうね。