移民国家、日本を目指す?


(移民国家、日本を目指す?)

先ほど、ニュースを見ていた首相の外遊中の挨拶で、「永住権を最も早く取れる国にする」という講演をしていた。

人口減少が始まっている日本、ついに、移民国家が始まるということでしょうか?
移民すなわち、国籍を取るということですが、永住権というのは、国籍はそのままで居住権がもらえるということです。
すなわち、日本国民は増やさないが、ビザは発給するということでしょう。
そう考えると、結局、アジアからの人の流入が考えられます。特に、中国から多くの人が来ることになるでしょう。
オーストラリアや、カナダのようになるのかはわかりませんが、移民が増えれば、不動産価格の上昇が起こります。
仕事がら中国の住宅メーカーをよく訪問していますが、そこで聞く事実は、中国の住宅メーカーは、結構、海外に出向いて住宅やビル、倉庫の建設を行っているということです。
部材を中国で製造して、中国から職人、施工管理者を派遣して海外でも建設をするということです。そのオーダーの多くは、予想するに海外在住の中国人の家を建設しているのでしょう。
中国の建築ビジネスは、中国人の移民、そして、中国のハウスメーカーが海外で建設する。そして、中国系のスーパー、ショッピングセンターができ、結論、す べて中国系で街の社会システムが完成して、ある意味、もともと地元にいる人にとってメリットがあるのかないのかわからないという結果になるのでしょう。

中国人は、世界どこでもチャイナタウンを作る能力を持っています。次に、日本もそうなるのでしょうか?