海外に出る意味


不思議なもので、海外に出てくるとやる気が出てくる。とくに、不慣れな国に来れば、本当に、やる気が出る。それは、生きていくために、困ることが多いからである。まずは、経験してみよう。いろいろ生きていくために必要な事柄を試してみようということで、頑張るのである。中国にはじめていったときも、何も分からないときは、一生懸命街を歩いて、いろいろ見て、聞いて回った。今回、韓国に来て思ったことは、言葉も、環境も、生活に必要なことも、何も分からないでここに着たので、とりあえず、自由に動くためにどうしたらいいのか?食事をするにはどうしたらいいのか、ほしいものがあったら、どうやって買うのかを研究している。
まさに、生きている気がする。なんとなく思うのであるが、これからは、時間を見つけて、いろいろ海外に出向いて、知らない場所を研究することにしよう。その場所に行けば、本で読む100倍以上のスピードで、その国が理解できるようになるのが、面白い。