日本の不動産について話す


【日本の不動産について】

不動産の土地建物は、価格の問題があるが、ほしいと思う人が世界の何処か絶対いるという商品だということです。欲しい人がどこにいるかを探すのは、日本国内だけでなく、海外まで目を向けることが大切な時代になってきました。日本の重要な施設の隣地などは、防衛上の問題から考えて取得されれば困るということがいえるのですが、それ以外の使われてない空間、場所に関しては、誰かが使うことで、国家としても固都税を得ることができ、また、売買が成立すれば、不動産取得税などが入り、税収が見込めます。
そういう意味でも、買い手を見つけて活用することが社会貢献度が高いことになります。
また、日本の法律で不動産は、所有権があっても、国が必要だとなれば、行政代執行の権限がある限り、国家に土地を借りていることとほぼ同じです。使用料として、固都税もし払っていますから、とはいえ、日本の不動産は、外国人でもどこでも買うことができる事になっています。ある意味、外国では土地は買えないような国が多いのですが、日本は、それだけ広く受け皿を用意していますね。