携帯アプリを利用して、複雑な貿易を実行する。


WECHATでどこまで中国貿易の仕事ができるかをチャレンジしている。一般的に中国貿易をする場合には、一つのメーカーから輸出する場合だと割合簡単に、工場とのやり取りで対応できますが、中国の工場、市場など、複数の場所から仕入れて、コンテナに入れて日本に輸出する案件は、結構頭を使います。江蘇省や浙江省、上海のメーカーからいろいろ建築次第を仕入れます。その後、上海の郊外(宝山地区)にある物流倉庫に持っていき、そこで、木枠梱包などをおこない、コンテナに積載して、日本向けの船に載せます。
物流倉庫と案件ベースで弊社は契約をしています。その際には、現地スタッフが荷受けを行い、そこで、倉庫作業員に指示して、納品チェックとパッキングを開始します。
いずれにしろ、すべて、設計事務所から上がってきた図面を見て、特注でメーカーで商品を作り、その後、輸送に関しても、何か所から荷物を集めて出荷します。
通関書類を作成して、中国側の通関をして、無事、FOB の仕事は完了です。その後、日本についてからは、通関作業、物流手配がありますが、基本は日本の業者に委託しておこなうだけですので、日本側はさほど難しくありません
 
これだけのコントロールをすべて現地に行かず行っていますので、結構、工程を考えるので頭を使います。
今日は、発注対応で頭の中は中国モードです。