思っていることは、文字にする威力


ビジネスを展開するときに、どうやったら売り上げが上がるか、結果が出るかと悩むことがあるかと思います。

人勢にとって、思ったことが結果につながるかどうか、常に悩むものです。いい結果になってほしいと思うのは人の願いでしょう。

しかし、なかなか結果が出なく苦しい時期を迎えることがあります。そうなったとき、どうしたらいいのでしょうか?私の場合は、自分の思っていることについて、ひたすら書き続けるということを行っています。

自分のやりたいこと、実現したいことについて、一生懸命書くことにします。書くという努力は、結構大変ですが、その努力を続けることで、気付かないうちに、自分が考える世界が出来上がっていきます。

これも、脳の習慣性なのかもしれませんが、毎日同じことを書いていると、脳に習慣性ができ、そして、物事が現実化していくという脳内科学の法則ですが、たしかに、そうだと思っています。

 

わたしも長年、いろいろ考えて行動していますが、必死に書き続けた内容については、現実化しているように思います。口で話すことも重要ですが、文字としてのこすことは、もっと効果があるのだと思っています。

ある意味引き寄せの法則かもしれませんが、願いはまず書いてみる。そうしたら、どのように変化するかは、わかりませんが、気付てないときに、望んでいたことがやってくるということです。

ひたすら書き続けることで、心の中の叫びを外に出すことができるので、それによって、現実化するためのボタンをおすことになるのでしょうね。

まずは、外に言わないとわからないというのは、宇宙の法則でもそうなんでしょうね。