今後の不動産価格について


012年頃から値上がりを続けた不動産価格もそろそろ終局を迎えるのか?大体、売り時というのは、まだ大丈夫というときに売り抜けることが大切で、マックスに来たときには、売れない。そして、下落してきたら、値下げ競争で倒れるというのは、相場のパターンである。
オリンピック前の下落、そして、その後の下落が続けば、2022年ごろには、2012年頃の価格に戻るだろう、
不動産に対しては、2022年問題ということがよく話されるが、土地利用の制限が変わる。そうなれば、一気に、宅地が市場に出回る可能性が高く、都心部を除く、山の手より外にある住宅地が今より随分増える可能性を秘めているので、その結果、市場に多くの土地がでることで、不動産価格は下落の傾向があるだろう。
いずれにしろ、2023年~2025年位の間で、不動産が一気に底値になるのではないかとおもっている。

HEADLINES.YAHOO.CO.JP
首都圏のマンション市場がいよいよ踊り場にかかっている可能性が出てきた。 2018年の -…