中華圏向けの不動産売却はジャシボ不動産へ


【中華圏向けの不動産売却はジャシボ不動産へ】
 
外国人を対象にした不動産売却を専門にしているジャシボ不動産・中国・香港、台湾などの中華圏の方々が今日本の不動産を購入したいと潜在的に思っている人が増えています。理由は、日本不動産価格は、中華圏の大都市にくらべて安いと感じられています。今、よく話を聞くのは東京の都心物件というより、日本の交通の便がいい地方都市の物件、数百万円から数千万円で一戸建てなどが買える立地が人気だとか?日本は、地方都市でもインフラ、買い物ができる場所が整備されているので、不動産価格とインフラ、買い物などを考慮すれば、費用対効果が高いと感じられています。
利便性が高く安いのが、日本の地方都市の不動産ということになります。外国人の超富裕層は、都心の一等地だと思いますが、それ以外の人にとっては、地方都市の利便性の高い不動産物件は、魅力的でしょう。
 
日本は、中古物件も、中古車もなかなかいいものがたくさんあるのに値段が安いという非常にいい国だと思います。
外国籍の人が日本で過ごすにはどうしたらいいのか?など今後課題はありますが、お互い助け合いの気持ちがあれば、日本の社会に溶け込むことができます。
 
日本は、移民政策を進めている現状がありますので、そうなったとくに、人々のかかわりをどうしていくかの課題も今後、日本にとっての課題として取り組むことが必要になるでしょうね。私は、外国人向けに不動産を販売していますが、その際にも、外国の方に、日本のことを具体的に説明して、金を出したら買えるというだけでなく、日本の常識についても説明しています。
 
私も海外生活が長いので、知らないと困ることについては、理解しています。人間大体、悩むところは同じですから・・
 
あまり得策だと思えないのですが、日本の常識を理解しようしない方は、売買の話をしないようにしています。何かにはいます、「私たちの国では、こういうのが常識だ」という外国の話を押し通そうとする人、 これじゃうまくいかないですよね。
郷に入れば郷に従え というのが大切だと思います。