中国ビジネスについて思うこと


近いうちに手続きのために香港に行かなければ・・・と思うのですが、タイミングが取れない。海外に法人があるのはいいですが、手続するために毎回飛行機に乗って移動するのは、ちょっと疲れますね。気になるのが、中国に作った外資法人・・・貿易業務は香港法人でおこなっているので、中国国内の外資で作った法人の活用ができていないことが気になっている。

中国国内で商売して、国内商売をしてあまり儲かる感じが今しないですね。時々、上海に行きますが、虹橋地区も日本人をちらほらしかみないようになりました。

一応、中国の法人は、代理店ができる営業許可証がはいっているので、仲介業がいろいろできるので、いろいろビジネスが考えられますが、これも今後の課題ですね。

長年、上海をベースに商売をしていましたが、今は、上海は商売する場所じゃないと思っています。

うちの貿易も、上海というより、仕入れはどちらかといえば、広東省から仕入れるケースも増えています。
広東省をベースに商売するのなら、香港法人を中心にやればいいので、今の形の貿易のやり方で問題ないです。
いずれにしろ、ビジネスの海外ビジネスのやり方を考え直す時期に来ているかと思っています。

どちらかといえば、中国は東北三省との商売をちょっと考える時期に来ているのではないかと思っています。
朝鮮半島は、いろいろ動きがありますが、今後、何か変化があると思っています。昔の満州といわれたエリアに関係してい来るのではないかと思っています。

直感ですが・・・