ビジネスの支点をずらしてビジネスモデルを形成する


リアルな商売であっても、お金のやり取りをして、サービスや物を受け渡しやれば、商売は成立するので、それをマネージメントする立場で商売している私の場合は、どこでいても基本商売が成り立ちます。長年、中国で生活していたので、中国のことが、地元の人みたいに、理解できるので、話ができるという経験がものをいうということがありますが、感覚さえまちがわなかったら、どこでもスマートフォン一つで商売できる時代。私も、東京でいたらぼちぼち日本の商売をやろうとおもっていましたが、考え方ですが、日本でいる時、海外でいる時の感覚がほとんど同じでいられるというメリットを生かすなら、大阪と東京と商売するように、東京と香港、中国大陸と商売やればいいのだという感覚で物事を組み立てれば、十分、ビジネスになります。きちんと、しかし、現地法人をつくり、相手の国の法律に従って商売しなければ、いけないですけど、過去に投資したものが、東京にいても活用できてよかったです。去年の年末は、中国も瞠目も行き怪しいし、日本にもどってぼちぼち商売するかと思っていましたが、別に、ネットワーク環境が整っていればできるビジネスモデルを考えれば、海外法人があれば、連絡業務と物流さえきちんとできれば、まったく問題なく商売できます。それを考えれば、現地法人を使いながら、日本からマネージメントしてできる海外ビジネスのビジネスモデルをいろいろ模索します。
このやり方が自分に向いていることに気づきました。