ビジネスの傾向


最近は、年をとったのでしょう。できる限り、出かけず、仕事を完了させようという考え方でビジネスを展開しています。
貿易コンサルティングや不動産仲介コンサルティングのビジネスの基本としています。あとは、シンクタンクの事業もおこなっていますが、すべてが、人と情報をつなぐビジネスです。確かに、ものを介在することがありますが、これは、商品であって、弊社は、コンサルティングをメインに仕事をしているので、製造業を現場ですることもなければ、輸送も運送会社に依頼ををするので、自社ですることがありません。
すなわち、人と人をつなぎ、情報をもって商材化するというビジネスに特化しているわけです。

国内だけでは、情報格差を得られないということで、情報格差、また、参入障壁という部分では、外国という世界との接点を作っています。

すなわち、仕事の半分以上が、外国相手に商売をしています。別に狙っているわけではないのですが、東京に住んでいますが、基本的には、商売の相手は、外国人、外国企業と日本の企業、個人をつないでいます。

このビジネススタイルは、情報発信を行うことと、また、外国語をいかに活用して、相手と商談するかということだけに特化してビジネスをしています。

長年、海外に住んでいて、日本に戻ってきて、日本でも商売をしていますが、どうしても、商売の独自性を出そうと思えば、外国との商売になります。

しかし、昔、海外で商売をしていたときは、日本企業の海外進出をさせようと、海外進出セミナーなどをたくさんしましたが、現実問題として、なかなか海外でやりきれる人が少ない現実も見てきました。

そう思えば、外国にいって、日本企業が一か八かで勝負するビジネスをするよりも、日本にいて必要に応じて、海外とつなぐビジネスを支援したほうが、無難という結論になりました。

今後、そんなビジネスの展開で、色々商売をしていきたいと思います。