トータルで空間利用の提案ができる企業になる。


最近、毎日、呪文を唱えるように「建築、建材、不動産」と頭の中で考えています。まさに、空間をどうするかという問題と、空間に対する収益性をあげるにはどうしたらいいのかなど、いろいろ提案できるように準備しています。ローコスト住宅や、空き地利用のコンテナハウス、トレーラーハウスによる商用利用、また、中国建材を用いたインテリア、内装、外装など、中国とからませて「建築、建材、不動産活用」という点を考えればいろいろできます。中国最大級の電設メーカーの正泰電器はで、太陽光発電の設備、パネル、また、大型蓄電池の開発を行っています。エコ住宅、エコ商用施設をローコストでつくる提案も今後の課題になります。不動産物件のなかで、デザイン性や機能性を高めることは収益物件の客付けがよくなりますが、維持費が安い、エコであるということも重要なテーマになります。弊社では、トータルで不動産物件、空間利用を提案できるような企業になるために努力しています。日中を通じた建築、建材、不動産、設備関連に関するビジネスソリューションを今後強化して行っていきます。