アメリカからの便り


 今日は、メールを見るとアメリカから連絡がありました。先日のブログで、中国以外にも広い世界でビジネスしてみたいという内容のことを記載したのですが、さっそく声をかけてもらいました。なんだか、うれしいですね。アメリカは

高校時代、大学時代にはいきましたが、それ以降、中国にどっぷりつかって、アメリカに目が向いていませんでした。しかし、考えてみたら、うちのおばあちゃんの兄弟が、アメリカに移民しているのですね。子供のころは、アメリカにいる親戚が、アメリカからのお土産をもって、よく和歌山の実家にきてくれたのを思い出しました。日系アメリカ人、3世、4世となっている今、血はつながった親戚ですが言葉は、英語しか話せません。高校時代に、アメリカの親戚の家を訪れて、片言の英語で会話したことを思い出しました。アメリカのステーキはでっかかった思い出があります。アメリカに移住した日本人は、第二次世界大戦の時に、捕虜となり、アメリカ人としてヨーロッパ戦線などで戦った話などを昔聞いたことがあります。中国だけじゃなくて、世界に目を向けなくちゃって思いました。